散歩できない日は室内遊びで脳を活性化!愛犬が喜ぶ宝探しゲームって?

天候の良くない日は、つい愛犬のお散歩もおっくうになってしまいがち…。そんな時には室内でできる遊びで、愛犬と一緒にリフレッシュしてはいかがでしょうか?今回は室内でできる遊びの一つ「宝探し」の楽しみ方や、得られる効果についてもご紹介します。

 

体を動かすだけが遊びじゃない!宝探しで「頭」を使って遊ぼう


散歩に行けないと愛犬がストレスを発散できず、夜なかなか寝付いてくれないということがあるようです。かといって家の中で外と同じように走り回らせるのも限界がありますね。
そんな時におすすめなのが頭を使って遊ぶゲーム!犬はとても賢い動物なので、頭を使う遊びを楽しむことができます。特に「宝探し」は、犬が得意分野とする嗅覚の能力を十分に発揮できる遊びなので、犬も張り切って参加してくれます。
また犬も人間と同様に、適度に頭を使うことは心地よい疲れと睡眠を誘うのに役立つようです。宝探しで楽しく遊んで、愛犬を満足させてあげましょう!

 

早速宝探しゲームで遊んでみよう!


それでは早速宝探しで遊んでみましょう。用意するのは「宝物」になるおもちゃと「ごほうび」のおやつの2つ。おやつは普段のものよりスペシャルなおやつを用意すると、犬も張り切りますよ。

①まず、愛犬に座れや待てといったコマンドを与えてから、宝物のにおいをかがせます。そして愛犬に宝物を見せながら、少し離れた場所に置きましょう。そして宝物に注意を向けさせて「探せ!」と声をかけて、愛犬が宝物を取りに行くという一連の動作を覚えさせます。

②最初のステップがマスターできたら、今度は愛犬に見せながら宝物を隠しましょう。そして最初と同様に「探せ!」と声をかけて、愛犬に宝物を探してもらいます。同じ場所に宝を隠して探させる動作を何度か繰り返し、宝物を探す一連の流れを覚えてもらいましょう。

③犬が遊びを理解できてきたら、今度は愛犬に見せないように宝物を隠します。ここで重要なのは②と同じ場所に隠すと言うこと。「探せ!」の声かけと共に、宝物を探すことを数回繰り返しましょう。犬は②のトレーニングで、宝物が隠されている場所を記憶しているので、隠す瞬間を見ていなくてもすぐに見つけることができるでしょう。

④ここから少しづつハードルを上げていきます。今度は今まで隠していた場所から、少しずらして宝物を隠してみましょう。犬は記憶していた場所に宝物が無いので最初戸惑いますが、次第に嗅覚をたよりに宝物を探すことを覚えます。犬が鼻を使って宝物を探すことを理解できたら、犬のレベルに合わせて宝物を少しづつ遠くに隠して遊んでみましょう。

初めのうちは、犬もゲームが理解できませんので、少しずつ犬のペースに合わせて遊ぶことが大切です。愛犬がモチベーションと集中力を保てるよう、上手にできたらよく褒めてご褒美のおやつを与えましょう。

 

宝探しゲームで愛犬の秘められた能力を引き出そう


嗅覚を使うことが、犬の脳活性化にも効果的だといわれている宝探しゲーム。探すこと自体が、犬の本能的な欲求を満たす行為でもあるので、愛犬にとって高い満足度と達成感が得られる遊びです。愛犬の潜在能力を引き出せる宝探しゲーム、ぜひ室内遊びのレパートリーに取り入れてみてくださいね。

関連記事