2017年3月30日更新

【minne作家インタビュー】ぷにぷに感がたまらない♪肉球キーホルダーの作家さんにインタビュー!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ハンドメイドマーケット「minne」で販売中の『肉球ぷにぷに☆ねこキーホルダー くろねこstyle』の作家、enne craft☆さんにインタビューしました!!

 

作品作りを始めたきっかけは?


レザークラフトを始めるきっかけになったのは、4年半程前に主人から頼まれ、壊れたバッグを修理したのがきっかけです。部品を買いにクラフト店に入り、道具を見ている時に何気なく手にした一枚の革。バッグを修理するために購入した部品(ハトメ)を取り付けたことから始まりました。

以前からハンドメイドが大好きで時間があれば書店やクラフト店、ホームセンター、ハンドメイド市などに通っていました。革小物を作っていく過程で、少しずつ道具などを揃え、手縫いの革小物から始まりミシンでバッグを作れるようになりました。

最初は主人や子供たちにあげ、次第にお友達から作ってほしいと依頼が増えていきました。『自分の作った革小物を手にとって喜んでくれる人がいる!』この喜びが今後ハンドメイドマーケット「minne」への出展のきっかけになりました。

Q.作品に込めた想いや、こだわり。作品に対する愛情は?

『肉球ぷにぷに☆ねこキーホルダー くろねこstyle』の良いところは、もちろん『肉球のぷにぷに感』です♪

毎日持ち歩くキーホルダー、鍵を使う時に肉球のぷっくりを見て和み使っていくうちに自然と手に馴染んでいき、何気なく『ぷにぷに』を触って癒されて頂きたいという気持ちでお作りしました(^ ^)


家には、くろねこちゃんが2匹居ます☆
肉球のモデルになった『MOMO』です☆

制作秘話を教えてください!

ennecraft☆(エンネクラフト)の名前の由来が、フィンランド語で『ご縁』という意味で付けたのですが、実はもう一つ意味がありまして、昔から『ねこちゃん』にご縁があるのでen.nekoの略で『enne craft☆』と名付けました。

20年いっしょに過ごしたねこちゃんが天国にいってしまって悲しみに暮れている時、我家の玄関先に1匹のねこちゃんが丸くなって横たわっていました。なぜかたくさん家が並んでいるのに、我家の家の前にずっと。飼い猫だったようで逃げる気配もなく、何日も玄関先に居ました。飼い主を探しましたが見つからず、家族で相談した後ねこちゃん(さくら)を飼うことにしました。その時さくらのお腹にいた子供たちが今現在いっしょに暮らしてるねこちゃんたちです♪


『肉球ぷにぷに☆ねこキーホルダー くろねこstyle』はねこちゃんの肉球を触りながら、肉球のキーホルダーを作りたいと商品化に至りました。

最初は、肉球の部分は色んな布を使って試しました。ある時、柔らかくシワの多いレザーを手にしている時に肉球を連想させる質感とぴったり!ぷっくりさせるためにウォッシュ加工し何度も型押ししてから最後に特殊なわたを入れてます。

ねこ好きの方ならきっと共感して頂けるような肉球のぷにぷに感を出すために、硬め、柔らかめの革を使いました。肉球の形を抜く型も本物に近いものを使用し、3回に分けて接着していきます。実はとても手間がかかりますし、ひとつひとつ手作業ですので同じものはありません。

私もねこちゃんの肉球を触ると癒されたような気持ちになるのですが、作り手としてはいつも『肉球ぷにぷに☆ねこキーホルダー』を触って癒されますようにと思いながら丁寧にお作りしております。

 

その他おすすめやお気に入りの作品はありますか?

enne craft☆(エンネクラフト)では他にも色違いのキーホルダーや、犬ちゃん猫ちゃんアイテムの革小物がありますので、お時間がありましたら是非一度ギャラリーをのぞいて頂けると幸いです♪

飼っているペットについて教えてください!


現在は、ねこちゃん6匹を飼っています♪


毎日私のしゃべっていることに相槌で『ニャー』『ニャー』と返してくれます(^ ^)6匹それぞれ性格も、毛並みの模様も食べるものの好みも違いますが、仲良しで、みんなとてもとてもかわいい家族です♪

作家プロフィール

大阪市立工芸高校 写真工芸科卒業後、印刷会社で電算写植オペレーターとして社内報やカタログ、取説などを制作。
Apple認定のDTPオペレーター資格を取得してからは派遣社員としてイラストレーター、フォトショップ、クォークなどを使い広告やチラシを作る仕事、式場でアルバム制作の仕事をしていました。

やはり昔からモノ作りが大好きでメルヘン画、布小物全般、編み物刺繍、パッチワーク、木彫刻、シルクスクリーン、UVレジンなどにハマりました。
何かを作りたいと思う時は、ねこちゃんを意識した作品が多いですね。

現在、結婚10年目で子育てしながら制作に励んでおります。
家族の支えもあって大好きなことを仕事にさせて頂いてます。

お客様に喜んで頂けることがとても嬉しくて励みになっております。

これからも経験を積んで皆様に喜んで頂けるような作品を、こんなのがあったらいいのになぁとノートに綴ったアイデアを発表していけたらと思っております(^ ^)

★今回ご紹介した作品の詳細はこちら【肉球ぷにぷに☆ねこキーホルダー くろねこstyle

まだまだ猫作品が見たい方へ

取材協力いただいたハンドメイドマーケット「minne」には、今回ご紹介した作品以外にもたくさんの猫作品が販売されているので、気になった方はのぞいてみてください♪

 
 

関連カテゴリ