2017年2月21日更新

猫をイメージした眼鏡フレーム「CAT VISION」、2月22日からスタート

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

画像出典:@Press
このところの眼鏡ブームのひとつが、フレームの両端がちょっと上にあがったキャットアイタイプ。掛けるとコケティッシュな印象になり、眼鏡でおしゃれを演出したいという女性たちに人気を呼んでいます。が、今回ご紹介するのは、キャットアイタイプよりも、もっと猫のイメージを前面に打ち出した「猫眼鏡」。猫人気もここまで来ました!

 

ディテールに猫、猫、猫。猫を愛する人のための眼鏡です

猫を愛する人のための眼鏡「CAT VISION」を始めたのは有限会社あんだーらいん。空前の猫ブームを背景に猫のモチーフを至るところに盛りこんだフレームを誕生させました。猫モチーフと言ってもおもちゃではありません。猫の可愛らしさと気高さをイメージさせるフレームのライン、猫の肉球をあしらったモダン(眼鏡のつるの先端)などは手作業によるもの。鼻パットにはエアクッションを採用して猫の肉球のような肌当たりにし、ここにも肉球デザインを施しました。掛けていれば猫になったような気分になれますし、机の上に置いておいても猫モチーフを見て楽しめる・・・そんな眼鏡です。
画像出典:@Press
画像出典:@Press
フレームは「Cats eye」「Neko ni Pierce」「Kimaghre Koneko」「Hinata bozko」の4タイプ。細長いキャットアイタイプから丸眼鏡をアレンジしたタイプ、老眼鏡用の横長タイプまで、デザインバリエーションが豊富です。カラーは各タイプ4色展開で、猫の柄をイメージさせる「黒猫」「銀虎猫」「三毛猫(ハバナ)」「白猫」「トラ猫」の中からフレームにあった色が選ばれています。猫っぽさを思い切りアピールしたい人にも、さりげない猫感が好きな人にも選んでいただけます。

近眼、老眼、伊達眼鏡・・・どんなシーンでも活躍してくれます

猫を愛するすべての人に向けた「CAT VISION」。どんな人、どんなシーンにも対応してくれる点も特筆です。近眼ならどのフレームも使用できますし、遠近両方のレンズを使う人にもぴったりの天地幅のあるフレームも揃っています。また、老眼鏡用には横長のタイプを選ぶことができます。もちろん、ファッションを意識して伊達眼鏡にしても可愛いですね。最近は安い眼鏡もたくさん売られていますが、大人の女性なら質の高いものを身に着けたいですね。
画像出典:@Press

 
 

関連カテゴリ