2月22日は猫の日!1300万枚の事例写真から猫と暮らすオススメの事例を公開!

画像出典:PR TIMES

世界で展開する家づくりのプラットフォームHouzz Japan株式会社ハウズ・ジャパンは、日本の「猫の日」として制定されている2月22日に因んで、猫と暮らす住まいのオススメ事例や独自に実施した「ペットとの暮らし」調査からみるトレンドを発表します。

Houzzでは「猫の日」に向け、全世界の住まいづくりの専門家によって投稿された1300万枚の事例写真の中から猫と暮らすオススメの事例写真などを公開しております。

 

「ペットとの暮らし」 調査からみるトレンド

「家族を支配する」 のは猫に軍配!

飼い主がペットに家庭の指揮権があると感じるのは猫が14%で、犬は29%でした。しかしながら、少しずつ家庭がペットによって支配され始めていると感じるのは猫の場合が51%で、犬は29%という結果に。家庭内での権力は、犬よりも猫が力を持っているようです。

家の家具を自由に使えるのも猫の特権!

猫は犬と比べると、飼い主から家具を自由に使えるように許されている割合が高いことがわかりました。70%の猫が家具を自由に使えることを許されている一方、犬は33%しか許されていません。また、犬の25%が家具の上に乗ることを禁止されている一方、猫はたったの3%しか、禁止されていないなど、家具の使用権は猫にかなりの自由度が与えられていることがわかりました。

飼い主のベッドで眠れるのは猫が優位!


画像出典:PR TIMES
半数以上におよぶ52%の猫が、飼い主とベッドを共有しています。一方、犬は38%。
ペット専用ベッドを持っているのは、猫が13%、犬が25%と犬の方が多く専用のスペースを与えられていることが分かりました。

ペットのためのリフォームを実施するオーナーも


画像出典:PR TIMES
過去2年間で、ペットオーナーのうち35%が、自宅でペットに関係するリフォームを実施していることがわかりました。具体的には、39%が部屋のレイアウトを変更、22%がフローリングを変更、19%がペット専用造り付けスペースを設置したと回答しています。

猫と幸せに暮らすための家づくりにも注目

猫と住むための家をつくる建築家や、猫のためのインテリアグッズを扱う専門家がHouzzに登録をしています。このような中、猫の日に先駆けて、Houzz内のウェブマガジン「特集記事」にて猫のために自宅をリフォーム・リノベーションした住まい手の記事を公開しています。

 

Houzzとは

「Houzz(ハウズ)」は、より効率的に家づくりを実現させるために必要な情報・サービスをオンライン・ モバイル機器で提供する世界最大のプラットフォームです。
部屋の装飾からリフォーム・リノベーシ ョン、新築まで、Houzz を通じ何千万もの住まい手と、住まいに関わる専門家が全国、そして全世界で繋がります。

Houzz は、世界最大の住まいづくりのアイデアが集まるデータベースと優れたテクノロジーによってもたらされる活気溢れるコミュニティを通して、住宅デザインや建築に関するアイデアやアドバイスを得たり、お気に入りのインテリア商品や施工を依頼する専門家を見つけたり、思い描いている理想の住まいを簡単に実現できるツールを提供しています。

Houzz と Houzz ロゴは全世界でHouzz Inc.の商標として登録されています。
詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
http://www.houzz.jp

関連記事