2017年4月1日更新

【minne作家インタビュー】たまらなく可愛い!肉球針山とフレブル待ち針の作家さんにインタビュー!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ハンドメイドマーケット「minne」で人気の、『肉球針山とフレンチブルまち針セット』の作家、ぽけっとのにゃーさんにインタビューしました!!

 

作品作りを始めたきっかけは?


子どもの頃から物を作ることが好きで、毛糸の帽子やハンカチ、ブローチなどを自分のために作っていました。

あくまで趣味の範囲でしたが周りの方からのプッシュと、夫が趣味の消しゴムはんこで出品を始めたのが後押しになって細々と出品をしていくようになりました。

作品に込めた想いや、こだわり、作品に対する愛情は?


「お裁縫道具を開けただけで楽しくなるような、可愛い作品を。」という思いで製作しています。

針山は羊毛フェルトを詰めて作りました。羊毛の原毛は適度な油分があり、針が錆びにくかったり、針すべりが良くなると言われています。待ち針のフレンチブルはお友達の家のワンちゃんがモデルです。チャームポイントはくるんと丸まった尻尾と、むちむちのボディです(笑)

 

制作秘話を教えてください!


長年使っていた針山と待ち針が非常にシンプルなもので、針仕事が楽しくなるようなものに変えたいなあと常々思っていました。

ある日、子どもたちとプラバン工作で遊んでいたのですが、出来上がりの小ささに「これ待ち針にできるんじゃないかな?」と思いつき作ってみました。お裁縫セットがかわいくなったことで、気分も高揚し、ますます針仕事の時間が楽しくなりました。肉球針山とフレンチブルの待ち針セットはそのアレンジバージョンです。

飼っているペットについて教えてください!


ミシシッピニオイガメを飼っています。

家族の中に無類のカメ好きがいて、クリスマスにサンタさんが連れてきてくれました。飼ってみてわかりましたがカメってとてもかわいいです。たまにぼーっと眺めて、癒されています。

まだ幼体なので、これから長い付き合いになるよう大切に育てていきたいです。

作家プロフィール

絵を描いたり小物を作ったり、手仕事が大好きな主婦です。
昔は大学で美術の先生を目指してましたが子育てに専念するため中退。

主に動物をモチーフにしたブローチを羊毛フェルトや刺繍で制作、販売しています。
ゆっくりですがひとつひとつ心を込めてお作りします。
また夫と二人三脚で消しゴムはんこクリエイターとして活動しています。
図案担当です。

★今回ご紹介した作品の詳細はこちら【肉球針山とフレンチブルまち針セット

まだまだ猫作品が見たい方へ

取材協力いただいたハンドメイドマーケット「minne」には、今回ご紹介した作品以外にもたくさんの猫作品が販売されているので、気になった方はのぞいてみてください♪