犬と飼い主の信頼関係は“飼い主のリーダーシップ”が最重要。

犬をしつける場合に“主従関係”や“飼い主がリーダーシップを取ること”という話を聞いたことがありますか?犬をしつける場合、どちらも重要で必要なことです。今回は、なぜ犬に対してリーダーシップを取ることが重要なのかについてお話しします。

 

犬がリーダーを求めている

元来犬は集団で生活してきました。集団には必ずリーダーがいて、迷った時にはいつでもリーダーが正しい選択をし、仲間はリーダーについていくこと(従うこと)で安心を得ていました。
つまり、犬は本能的に自分の信頼できるリーダーを求め、自分が安心できる環境に身を置きたいと思っているのです。

 

飼い主がリーダーシップを取ることが重要

人間社会で暮らすとなると、その環境で正しい判断をして犬を導くことができるのは、飼い主以外にありえません。
しかし、黙っていても犬が飼い主をリーダーと認めることはありません。飼い主自身が犬に対して、しっかりとリーダーシップを発揮していく必要があるのです。
飼い主が犬に対してリーダーシップを発揮できなかった場合、犬は頼りない飼い主を見て、『自分がこの群れのリーダーにならなくては』と考えます。その結果、飼い主をリードするために散歩で犬の行きたい方向に強く綱を引いたり、見知らぬ人を見ると警戒して吠え、群れを守ろうとします。

 

どんな飼い主が“リーダー”になれるのか

では実際に犬はどのような時に飼い主をリーダーとして認めるのでしょう。
大雑把に言うと、飼い主を「強い」と感じた時にリーダーとして意識するようになります。

例えば、一緒に遊んでいる時におもちゃを飼い主に奪われた時。その力の差に「強い」と感じます。また、これから机の上に乗ろうとしたその瞬間に、それを制された時。自分の行動が完全に読まれていることに対して「強い」と感じます。

さらに、見ず知らずの場所に来て落ち着かない時、「こっちにこい」と指示された時。犬自身がどうしていいか迷っている時に、安全な場所に導いてくれた飼い主に対し「強い」と感じます。
つまり、犬が遊んでいる時や、イタズラする直前、犬自身がどうしたらいいのか迷っている時にこそ信頼関係を築くことができるのです。

 

リーダーとしての基本

リーダーとしての振る舞いをするために大切なことを3つ紹介します。

「正しいこと・間違ったこと」を教える。

「褒め言葉」と「叱り言葉」を使い分け、「正しいこと・間違ったこと」を教えます。そして、初めてできたことは必ず褒め、いけないことに関してはいつでも「いけない」と徹底しましょう。いい時があったり、悪い時があったりしては犬が迷ってしまいます。

後出しジャンケンにならないこと

何か失敗させてから叱ることより、犬がしようとしている失敗を未然に防ぐように振る舞う方がリーダーシップの発揮に繋がります。
そのためには、犬をよく見ていないといけません。犬の次の行動を予測します。机の上の食べ物に興味を示しているなら、飛びつく“直前”に呼び戻したり、飛びついた“瞬間”に叱ることが重要です。

これでは四六時中犬を見ていなければならない!と思うかもしれませんが、初めのうちだけです。犬は一度覚えたことは忘れません。最初が肝心ですので、子犬の時期はしっかり犬を見ているようにしましょう。

“なつかれること”と“信頼されること”は違う

犬にたくさんおやつをあげたり、好きなおもちゃで遊んであげると、犬は飼い主を好きになってすぐになつくでしょう。しかしそれだけで満足してはいけません。先に説明した通り、犬は好きな人を信頼するのではなく、頼れる人を信頼するのです。

肝心なところでリーダーシップを発揮できないと“好きな人”止まりで、“頼りない飼い主”になってしまいます。そして結局犬がリーダーになろうとしてしまうのです。

飼い主と犬が信頼で結ばれることこそ“幸せな関係”

犬は人間にとって“パートナー”になりうる存在です。飼い主が犬をぬいぐるみのように可愛がるばかりではなく、飼い主が正しく接することで犬の方から飼い主の側にいることを選ぶようになります。
この関係こそ、飼い主も犬にとっても“幸せな関係”ではないでしょうか。
こんな幸せな関係を築くためにも、ぜひ愛犬との関係を見直してみましょう!

関連記事