2017年4月16日更新

耳カットはかわいそう【ねりまねこブログ】

店長がイタリアで修行した
近所で人気のピザ屋さんに行きました。

プロジェクターにはイタリアの町並みと猫が次々と映しだされています。
お店のあちこちに猫の置物もあります。

店長が猫好きなのかとスタッフにお尋ねしたら・・・

スタッフが気を利かせて店長を連れてきてくれました。

店長はやはり猫が好きで、実際に飼っていました。

ご挨拶に名刺をくださったので私達の名刺をお渡ししたら、ちょっと表情がくもりました。

「不妊手術は仕方ないけど、耳先を切るのはかわいそうですね」
と言われました。

私達の名刺はカッパちゃんのイラストで耳先がV字にカットされています。

夫が手術済の猫の識別に必要なことと説明したのですが、あまり納得されていない感じでした。

やはり、まだまだ、普通の猫好きさんには

ボランティアが捕獲し、不妊手術することも耳カットをすることも理解しにくい問題かもしれません。
地道で継続的な地域密着の広報が必要だと思います。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

仲間をつくるということ【ねりまねこブログ】

先日は、埼玉県朝霞市の ボランティアグループもめんいとさんの 一周年の親睦会でした。 もめんいとのメンバーだけでなく家族、友人 保護した猫を迎えてくれた飼い主さま応援してくれる町……

ねりまねこブログ

猫の虐待・不適正飼育はどうする?【ねりまねこブログ】

質問がありましたので回答します。 ①子猫が襲われることは見たことありますか? カラス、成猫が襲う、双方あります。 ②猫の虐待の疑い、 劣悪なペットショップは どこに通報……

ねりまねこブログ

赤ちゃんを迎えたい!?【ねりまねこブログ】

赤ちゃんを迎えたい!? 昨日 「赤ちゃん猫を飼いたい」 というお電話がありました。 !!? まだ募集してないのに? 目も開いてないのに? その方は8/13(土)……

ねりまねこブログ

地域猫は公益のための活動【ねりまねこブログ】

1年前、 優しい飼い主様のもとに 行ったポワールとソレイユ 仲良く幸せに暮らしています。 この2匹もともとは ボランティアグループが 地域猫としてお世話をしてきま……

ねりまねこブログ

激突?業者VS愛護活動家【ねりまねこブログ】

東京弁護士会が主催するシンポジウムに行ってまいりました。 「人と動物の共生する社会の実現へ」 ~ペット流通のあるべき姿を考える~ さすが東京弁護士会! なんと小池都知事か……

ねりまねこブログ

雪の日、カッパちゃんは現れた【ねりまねこブログ】

一昨年まで、 私達は、ここでカッパちゃんに餌を与えていました。 2年前、雪のある日 突然現れたカッパちゃん 2階から雪を眺めていたら、黒猫が……

ねりまねこブログ

メス猫は逃すな!【ねりまねこブログ】

「かゆいかゆいかゆい(>_<)」の大ノミ発生現場 毎週末、通っています。(;^ω^A 高い塀に囲まれた古い一戸建て 高齢のAさんが一人で暮らしています。 そも……

ねりまねこブログ

もらってくれるならどなたでも【ねりまねこブログ】

譲渡条件の話を書くと 条件にあわない方 (たとえば60歳以上の方)に 「もう猫は飼えないのか」と 悲しい気持ちに させてしまったかもしれません。 そんなことはないですよ。……

ねりまねこブログ

下痢が止まらない赤ちゃん【ねりまねこブログ】

「猫は拾ってもキリがない」 で紹介した 140gの赤ちゃん、コテツくん この件を依頼された方に、 周辺のチェックもしてもらいましたが、 母猫と兄弟は見つかっていません。 ……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える7・8【ねりまねこブログ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 多頭崩壊において経済的に余裕がない知識がない、など 同情すべき理由はあったとしても 崩壊させた責任は飼い主にあります。 どん……

ねりまねこブログ

治せない、譲渡できない、生きられない【ねりまねこブログ】

ゆずくん、連日、通院しています。 糖液を皮下注射して、腫れた肛門の炎症を抑える消炎剤と抗生剤を注射して 肛門をしぼり圧迫排便します。 薬や食事療法をしていますが、 ……

ねりまねこブログ

老猫と子猫の死【ねりまねこブログ】

もともと30匹以上いた猫は 今では8匹に減りました。 たとえ、区や自治会の承認を得た活動でも、 異常者がいて常に猫が危険にされる場所で 餌やりを続けるのは本当に大変です。 ……

ねりまねこブログ

とにかく対話!【ねりまねこブログ】

地域猫活動は「猫の活動」ではなく、 「地域のコミュニティー活動」だと理解しているので 相手にするのは猫ではなく人間です。 とにかく 対話・対話・対話 です! 「地元のこと……

ねりまねこブログ

町の人たちが力を合わせれば【ねりまねこブログ】

この時期、子猫が産まれたという相談がつづきます。 隣町で、いつも地域猫活動を ご支援くださるAさんから ご相談がありました。 「近所に捨て猫なのか 突然、母子猫が現れました……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える9・10【ねりまねこブログ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 多頭崩壊のレスキューは新しい飼い主を見つけてようやく完了です。 健康回復に時間がかかりましたが、ねこけんさんのシェルターから2匹のおう……

ねりまねこブログ