2017年4月28日更新

愛犬がきたら家族が変わった?愛犬の魔力にお父さんもデレデレ!!

長谷川真理恵



JKC A級トリマー、JKC C級ハンドラー

グルーミングスクールに4年通い、JKC A級トリマーライセンス、JKC C級ハンドラーライセンスを取得。フリーのトリマーとして働く傍ら、在学中にモデル犬として迎えたトイプードルのチャンピオン完成をきっかけに繁殖学・遺伝学を学び、ドイツやイギリスのブリーディングスタイルをモデルとして極少数頭のみのブリーディングを手掛ける。主人の海外赴任に伴い愛犬とともにドイツへ越した後、現在はベルギー在住。日本とは大きく異なるヨーロッパにおける"犬とは"を日々体感中。

 

犬を初めて迎えた日。
家族みんながワクワクして愛犬の名前を初めて呼んだあの日から、家庭内で大きく変わったことって沢山ありませんか?

そんな犬を飼ってから、家族の変化あるあるをご紹介します!

 

一番反対してたのに…、お父さんのそんな姿見たことない!

子供がいくら犬を飼いたいと言ってもずっと反対していたお父さん。

「絶対俺は世話しないからな!」なんて言って渋々了承したものの、今となっては朝の散歩はお父さんの日課。なんならちゃっかりご近所の知り合いが増えちゃって〇〇ちゃんのお父さんなんて呼ばれてニコニコしてたり。
聞いたこともないようなかわいい声で愛犬に赤ちゃん言葉に家族は衝撃!子供が欲しがるおもちゃも「だめ!」の一喝だったのに、愛犬のおもちゃは増える一方。

厳格だったお父さんも骨抜きにしてしまう愛犬の存在はあなどれません!

お母さん誰としゃべってるの!?ついつい言っちゃう独り言

帰ってみるとお母さんしかいないはずのリビングからずっと話し声がする…。
扉を開けてみると足元に座って見上げる愛犬相手に話しているお母さん。独り言とは決して認めません、だって愛犬も話しかけてくれるから!

ダイエットが必要な愛犬が一向に痩せないのはお母さんがおやつをあげているからっていうのは秘密です。

 

スマホのメモリは愛犬でいっぱい!お高いカメラも思い出はプライスレス

愛犬を迎えて小さい頃の写真を残しておかなくちゃと、すっかり専属カメラマン化する家族は多いでしょう。
それが加熱して、ビデオカメラを、ミラーレス一眼を、果てはプロ顔負けのごっついレンズと一眼レフを!!とランクアップしていくお家も。だって愛犬はどんな瞬間もかわいいんです。普段はクールなお兄ちゃんが愛犬の写真をホーム画面にしていたり。

もちろんスマホのアルバムはスクロールしてもしても、愛犬ばっかり!ですよね?

勉強がはかどらない?むしろ頑張る気力になる?

夜遅くまで試験勉強をしていると、愛犬が健気に待っている。

そのかわいさにちょっと休憩と一緒に寝てしまったり。逆に後ろで応援してくれてるから、待っててくれるから早く終わるように頑張ろうと思えたり。
寒い夜にはそっと寄り添っていてくれたり。
子供にとって愛犬は兄弟姉妹のような親友のような、最高の理解者です。

そのもふもふの応援者は良くも悪くも効果絶大!?

一番のあるあるは家庭内が明るくなったこと!

思春期のお子さんの帰りが遅かったり、家族での会話が減っていたり、家族で過ごす時間や笑顔がどんどん減っていた…、なんてかつては悩んでいたお父さんお母さんも沢山いるでしょう。
そんなところにやってきた小さな家族。
犬を飼い始めたことで、家族がリビングに集まるようになった、思春期の子供が愛犬に会いたさに早く帰るようになった、お父さんが週末積極的にお出かけのプランを練るようになった(もちろん愛犬も一緒)。
そして何より家族に笑顔が増えた!

犬を飼うということは責任重大で、時として躾が上手くいかなかったり、体調を崩してしまったり、大変だと感じることもあるかもしれません。
でもやっぱり犬がもたらしてくれる幸せや信頼は絶大!その小さな家族の存在は大きなものです。

皆さんもぜひ、おうちで愛犬が来て変わったことあるあるを挙げてみてくださいね。

 
 

関連カテゴリ