2017年4月8日更新

アイコンタクトの向き不向きってあるの?【ドッグトレーナーが解説】

Dog index MIKI



ドッグトレーナー

イヌとカナダに渡加したことにより、イヌとのよりよい関係に気付く。  カナダのドッグトレーナー養成学校卒業。  帰国後、2007年 Dog index設立  「おやつ」や「もの」に頼らない人とイヌとの関係性に重視。  愛犬に望むことをどうすればかなえられるか。  常にイヌの代弁をする日々。  「人が変わればイヌもかわる!」

 

アイコンタクトと一言でいっても様々な方法や目的があると思います。「いつまでたってもアイコンタクトがうまくいかない・・・」「この方法は間違っているのだろうか・・・?」と悩む飼い主さんもいるのではないでしょうか?今回は、アイコンタクトの向き不向きについて犬側と人側からみていきたいと思います。

 

まず最初に、犬側から

アイコンタクトを行うのに、犬種や年齢、性格やタイプによって違うのか。ということとについて解説していきます。

犬種や年齢


視覚を用いて、獲物を追いかける仕事をして活躍してきた犬種は、情報を視覚からキャッチする能力に長けているので、アイコンタクトも得意だと思います。このような犬種は常に何かをじっとみていることも多いので、そこを上手に活かしてあげるとアイコンタクトを教えるのもそれほど難しくないかも知れません。また日々のルーティンとして覚えるので、年齢も若い方が覚えるのも早いと思います。しかし犬種や年齢問わず、教えてあげることはできます。
 

性格やタイプ


目があっただけで、しっぽを振る犬や、通行人に対し「こっちをみて!みて!」とアピールする犬は、アイコンタクトが合っていると思います。目が合うだけで、喜びを表現できるからです。反対に、散歩中「かわいいですね~」と近づいてくる人に警戒心をもち吠える犬の場合は、無理にアイコンタクをとらなくても大丈夫です。返って目を見ないほうが良いかも知れません。
 

飼い主さんのタイプ


次に、オーナーさんのタイプからみてアイコンタクトがあっているかどうかについてです。

人のタイプや性格によってアイコンタクトの向き、不向きはないと感じます。しかし、注意が必要なこともあります。例えば、目があったから笑う、褒めるはOK!それと同じ事を、叱る時にもやっていませんか?飼育本などに「目をみて叱る」とありますが、実は逆効果。その結果が、上記にあげた「人にみられると吠える」ということにつながってくるからです。

対人関係と同じと考えてみてください。目があって会釈をしたり、微笑みがあれば気分はいいですが、睨まれれば、その逆。場合によってはケンカになることだってあります。ガンをつける。と同じことです。アイコンタクトは、人との優しいコミュニケーションの一環として教えてあげましょう!

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード