2017年5月17日更新

千代田モデルに学ぶ地域猫の最終形【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

私がちよだ猫まつりに行った最大の目的は、

ちよだニャンとなる会の講演
「殺処分ゼロ6年目、千代田モデルを語る」
を聞くためでした。

副代表理事の
香取 章子さん

フリージャーナリストであり、
東京都動物愛護管理審議会委員でもあります。

2000年、千代田区が
「飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費助成事業」を開始

千代田区在住・在勤者を対象に
ボランティアを募集しました。

翌年、登録ボランティア約30人で
「ちよだニャンとなる会」が発足しました。

行政と協働でできた市民グループで、
もともとあった愛護活動団体ではありません。

2014年からは一般社団法人となりました。

理事が6名、
アクション会員が約70名
サポート会員はなんと800名!

猫の愛護活動では、日本最大級の組織です。

一般社団法人ちよだニャンとなる会HP

2011年、全国で初めて猫の殺処分ゼロを実現し、6年、継続中です。

香取さんのお話で印象的だったのは、

活動のあり方は、一つではなくそれぞれの時代や環境にあわせ、柔軟に変化していくということです。

始めはとにかくTNRで、これまでに2600頭の不妊・去勢手術を行ってきました。

当初は200カ所に猫トイレを作り、ボランティアが清掃や給餌をしていた時期もありました。
しかし、そうすると地域住民の意識が育たず猫のことはボランティア任せになりました。

そこで、地域住民に、猫の適正な管理を委ね主体的に関わってもらうように活動を変化させていきました。

今では日々のお世話をするのは、そこに住む人々で、

ボランティアは自分達しかできない捕獲や行政との連携、保護・譲渡活動を行うと役割分担ができるようになりました。

そして、これが新しい
TNTA

Trap 捕獲し、
Neuter 手術し、
Tame 人に慣らして、
Adopt 譲渡する

都心の大規模開発で居場所を失った猫たちは元の場所に戻すことができず、やむを得ず、保護して譲渡しています。

千代田区では、子猫と、慣れた猫も保護対象です。
ところが、千代田区の85%は集合住宅で1-2頭しか飼うことができません。

そこで協力病院に費用を払い保護や治療をしてもらいます。

飼い主探しにはSNSを使ったり、区と協働の譲渡会を年4-5回、開催します。
このおまつりでも譲渡会がありました。

年間約50頭の猫が、外猫から飼い猫になっています。

そして、これも普通はできない傷病猫のレスキュー

傷病猫は医療費もかかり、その後の飼育も困難である可能性が高いためセンターに収容され殺処分になるケースが多いです。

千代田区では、生存可能性のある猫には医療を施し、回復したら、飼い主を探しています。

医療費は4万円までは助成されますが、不足分は会費と寄付で賄います。
おまつりの収益も、猫の医療費にあてられます。

千代田区の助成金は以下のとおり

手術費用の助成・上限額
オス 17000円
メス 20000円
妊娠雌 25000円

保護猫の助成・上限額
(ワクチン・ウィルス検査など)
6000円

全国各地では、まだまだ猫の問題に悩む自治体が多いです。

行政と市民ボランティアの協働による
「千代田モデル」が
猫の問題を解決する有効な方法であることを積極的に発信していくそうです。

飼い主さんたちは、会の最大の応援団です。

会場のパネルやあちこちに保護・譲渡された猫の写真が使われていて「あれは、うちの子なのよ」とうれしそうに飼い主さん達が話していました。

おまつりに遊びに来るだけでなくボランティアとして参加している飼い主さんもたくさんいました。

行政・住民・在勤者・動物病院ができることを持ち寄り、問題を解決していく

日本は動物愛護後進国と言われることがありますが
(私はそうは思いませんが)

千代田区は動物愛護先進都市であることは間違いありません。

いや~
すごいものを見せてもらいました。

圧倒されました。(*_*)
ただ、地域には予算や人員やそれぞれの事情がありますので、練馬区にできることでがんばりましょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆