2017年5月22日更新

絶好の撮影シーズン到来!愛犬をかわいく撮る方法

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

スマホで手軽に、一眼レフで本格的に、愛犬のかわいい姿はたくさん写真に残したくなりますよね。
これからの季節におすすめなのが、咲きはじめるきれいな花や新緑といっしょに撮ること!
ここでは、愛犬の写真をかわいく撮るためのポイントを紹介します。

 

カメラ目線の写真を撮るには?


カメラから目線を外した写真もかわいいですが、こっちを見ている写真だって撮りたいですよね。
まずは、カメラ目線を覚えてもらうところから始めてみましょう。

おやつを使う

名前を呼んで目線をカメラに向けさせてもすぐに違うところを見てしまう犬の場合は、おやつを使ってみます。
名前を呼んでおやつを見せると、しばらくはおやつにクギヅケのはず。
この時、おやつはカメラのレンズの少し上か横に見せると、カメラ目線で撮ることができますよ。
名前を呼んで目線が合ったら、大げさなくらい褒めてあげることを繰り返しましょう。
最終的には、おやつがなくてもカメラ目線の写真が撮れるようになるとうれしいですが、おやつがあることで愛犬のモチベーションが保てるのであれば、無理になくさなくてもいいでしょう。

色々な構図で撮ってみよう

いつも愛犬の全身を入れて撮っていたら、同じような写真ばかりになってしまいます。
思いっきりアップのお顔を撮ってみたり、飼い主さんがしゃがんで同じ目線で撮ってみたり。
構図を考えて撮ると、愛犬の色々な表情の写真になります。
これからは、花や緑などがとてもきれいな季節なので、愛犬を正面から少しずらして背景を多めに入れて撮るのも素敵ですね。
一眼レフはもちろんですが、スマホで撮る場合も構図のサポート機能を使ったり、アプリを利用することで、きれいな構図の写真が撮れますよ。

短時間で撮るのがポイント

マテやオスワリなど、ポーズを指示しながら長時間撮影を続けていると、集中力が切れてきて、愛犬の表情も沈んできてしまいます。
せっかくかわいい写真を撮ることができても、愛犬のストレスになったり、写真を撮影する=嫌なことと、覚えてしまったらとても悲しいことです。
おやつを使いながら集中力を保つ!短時間でさっと撮る!これが愛犬のかわいい写真を撮るポイントだと覚えておいてくださいね。

まとめ


愛犬の写真をかわいく撮るためのポイントを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
これからの季節は愛犬とのお出かけにもぴったり。
お散歩している時の笑顔や、きれいな景色といっしょの素敵な写真など、愛犬とたくさんおでかけして思い出を写真に残してみてくださいね。

 
 

関連カテゴリ