春はおでかけシーズン!カフェやレストランで気をつけたいマナー編

お洒落なカフェやレストランでも愛犬と一緒に入ることができるお店も増えてきましたよね。
でも、店内で気持ち良くすごすためには、飼い主さんがきちんとマナーを理解して守ることが大切です。
ここでは、愛犬と一緒に飲食店を利用する時に気をつけたいマナーについて、ポイントごとに紹介していきます。
 

 

ドッグカフェと犬同伴OKのお店の違い


ドッグカフェとは、犬といっしょに入店することが前提のお店のことで、犬同伴OKのお店は、犬と一緒ではないお客さんも多く利用されています。
犬同伴OKのお店は、犬専用のサービスがない場合もあります。
また、犬が苦手なお客さんも利用されているかもしれませんので、ドッグカフェ以上に飼い主さんがお店の決まりやマナーをしっかり理解することが必要と言えます。

 

ドッグカフェを利用する際の注意点

ドッグカフェは多くの犬が利用できるお店ですので、発情期を避けたり予防接種を受けていることは大前提ですがそれ以外にも守るべきマナーがいくつかあります。
ここからは、ドッグカフェ(もしくは犬同伴OKのお店)を利用する際の注意点を紹介していきます。

 

入店前に準備すること

ブラッシングをする

抜け毛は、お店や他のお客さんに迷惑になってしまいます。
ブラッシングをして、出来る限り抜け毛が少ない状態で入店しましょう。
抜け毛が落ちにくくなるので、お洋服を着ることもおすすめですよ。

トイレを済ませる

お店に入る前にトイレを済ませておきましょう。
また、万が一粗相をしてしまった時のために、ペットシーツや消臭スプレー、エチケット袋などのケア用品も持っていると安心です。
男の子でマーキングをしてしまう場合は、マナーベルトを付けて入店しましょう。

 

入店後に気をつけること

リードを付けておく

店内では、必ずリードをつけておきましょう。
おうちやご近所と違う環境では、どんなアクシデントがあるか分かりません。
リードをつけて、愛犬が動き回れないようにしておきましょう。
リードを掛けるフックが咳の近くにある時はそこにリードを掛けるか、フックがない時は、飼い主さんが短く持っておくと安心です。

基本は足元に

愛犬には、足元に座ってもらいましょう。
直接床に座ったり伏せさせたりするのに抵抗がある場合は、カフェマットがあると便利ですよ。
お店によっては、犬が椅子に座ってもOKなこともありますが、その時もテーブルに前足を掛けたりしないよう、飼い主さんが注意しましょう。

人間の食べ物をあげない

欲しがるからといって、人間用の食事をあげることは絶対にしてはいけません。
犬用のメニューがある場合は、それを注文してあげましょう。
小型犬には量が多すぎることもあるのですが、残りをお持ち帰りできる場合もあるので、お店の方に相談してみるのもいいかもしれません。

まとめ


ドッグカフェでも犬同伴OKのお店でも、お店のルールを理解して守ることがいちばん大切です。
事前にお店に電話するか、ホームページなどで確認しておくと安心ですね。
しっかりと準備をして、愛犬とのカフェを楽しんでくださいね♪

関連記事