愛犬と一緒のお出かけ!犬と電車に乗る時のマナー編

ポカポカと暖かい春、愛犬とおでかけしたい季節がやってきました!
車での外出はもちろんですが、場合によっては電車を利用することもありますよね。
ここでは、愛犬と一緒に電車を利用する際のマナーについて、注意点をまとめました。

 

犬と電車に乗るためには?


日本の法律では、犬は「物」。
飼い主さんとしてはちょっとさみしい表現ですが、仕方ありませんね。
「物」=手回り品として電車に乗るため、サイズも決められていますし、生き物を手回り品として電車内に持ち込むには、料金がかかります。
鉄道会社によって規定は異なりますので、事前に調べてから利用することが必要と言えますね。

 

JRの場合は?


では、具体的にどんなルールがあるのでしょうか?
例えば、JR西日本の規約は、下記のようになっています。

  • 小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)
  • 長さ70センチメートル以内で、縦・横・高さの合計が90センチメートル程度のケースに入れたもの
  • 手回り品料金は、1個につき280円
  • ペットは全身が入るケースに、入れる
  • 抱いたままやバッグに入れた状態では利用できない
  • 駅構内や車内ではペットを、ケースから出さない
  • ソフトタイプ(布製など)のケースに入れた状態では利用できない
  • ペットカートは、寸法が制限を超えるため利用できない(ケースとカートを分離する場合を除く)
 

愛犬と電車に乗るには準備が肝心!

鉄道会社ごとのルールを調べよう

犬と電車に乗るためのルールは、鉄道会社によって異なります。
安心して利用するためには、規約を調べることから始めましょう。

ケージに慣れよう

犬が電車に乗るためには全身が入るケース、つまりはケージに入れる必要があります。
ケージに入ったことがない犬が、突然ケージに入れられて電車に乗ったらパニックになって鳴き続けてしまうかもしれません。
普段からケージに慣らしておきましょう。
また、予定の当日に初めて電車に乗るのではなく、事前にケージに入れて電車に乗る練習をしておいた方がいいですね。

トイレを済ませておく

電車に乗る前には、必ず愛犬のトイレを済ませておきましょう。 
そのためには、時間に余裕を持って家を出ることが大切です。
いつもよりゆっくり散歩をして、トイレの時間を長くとってあげるとより安心ですね。

 

電車内では周囲への配慮が大切!


電車には、犬が苦手な乗客も多くいると思ってください。
ケージは、座席に置いたり胸元に抱えるのではなく、必ず足元に置くようにします。
また、愛犬が吠えたら一旦電車を降りたほうがいいですね。
電車内で声を掛けると飼い主さんに気持ちを訴えるため余計に吠えてしまうことがあるので、電車を降りてから声を掛け、落ち着かせてあげましょう。

愛犬の体調に気を付けよう


これからの季節、気温が上がるにつれて電車内も暑くなってきます。
また、真夏はもちろんですが冬も暖房が入っているため、ケージの中にいる犬は暑さを感じやすいです。
必ず愛犬の様子を気にしてあげ、こまめな休憩と水分補給をしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
愛犬と電車に乗るためには多くのルールが存在しますが、世の中には犬好きな人ばかりではありません。
皆が気持ちよく利用できるように、飼い主さんがルールを理解するとこが大切です。
また、愛犬が不安なく電車に乗れるよう環境を整えてあげてくださいね。

関連記事