猫を飼い始めるタイミングはいつがいい?新生活で猫を飼うメリット・デメリットをご紹介

新生活で一人暮らしを始める人も多いと思いますが、「新生活を機会に猫も飼いたい!」なんて考えている人も多いと思います。今回は、新生活で猫を飼うメリット・デメリットを考えてみましょう!

 

新生活で猫を飼うメリット

1.精神的なよりどころになる

新生活は不安でいっぱいです。会社や学校など知り合いがほとんどいない環境では、悩みを話す人もいなく、ストレスばかりが溜まってしまいます。そんな時、家に猫がいれば寂しさを紛らわせてくれ、癒しを与えてくれます。どんなにつらくても猫がいるから頑張ろうと思えるかもしれません。

さまざまな研究により、猫がストレスを軽減するというデータが出ています。猫と触れ合うことで心拍数や血圧が下がり、ストレスホルモンも減るという研究結果も複数あります。新生活の精神的なよりどころとして、猫を飼い始めるのもいいかもしれませんね。

2.家をきれいにできる

特に一人暮らしを始めたばかりだと、家が散らかりがちです。猫がいると、猫がいたずらしたり、ひもなどを飲み込んでしまわないよう、きれいに整理整頓をする癖が付きます。自分のためだけではなく猫の安全のためであれば、部屋をきれいに保てる人は多いようですよ。

3.話題が増える

新しい職場や学校で、あまり知らない人と話す時、話題を探すのに苦労しますよね。そんな時には猫の手を借りましょう。猫の話題を嫌う人は少ないので、愛猫の写真を見せて楽しく会話をしましょう。パソコンの壁紙などにしておけば、気づいた猫好きの人が話しかけてくれるかもしれませんね!

 

新生活で猫を飼うデメリット

1.猫のお世話がしっかりできない可能性

新生活は、どの程度忙しくなるのかわかりません。特に働き始めの場合は、仕事に慣れるまで仕事だけ手一杯になってしまったり、付き合いで夜遅くなることも十分考えられます。犬に比べて手がかからない猫ですが、1日中お家で一人にしておくのはかわいそうです。

猫は物でなく、生き物です。忙してしっかりお世話ができない可能性があるなら、お世話ができるかどうかを見極めてから猫を飼うようにしましょう。

2.人付き合いが悪くなる可能性

猫を飼うことで心の拠り所にできるというメリットがある反面、猫に依存してしまい、人付き合いがおろそかになってしまう可能性があります。猫をかわいがったり大切にお世話をすることはいいことですが、そのせいで新しい職場や学校の人間関係がおろそかになってしまってもよくないです。うまくバランスを取って、猫依存にならないようにしましょう。

 

まとめ

新生活は期待と不安がいっぱいです。そんな時、心の支えになってくれる猫ちゃんがいるというのは非常に心強いです。ただし、不安定な新生活に猫を飼うことでのデメリットもあります。自分だけでなく、猫ちゃんのことを考えて飼うかどうか考えてくださいね。ある程度新生活が落ち付いてから、猫を飼うのも悪くないと思いますよ!

関連記事