猫が好きな場所の条件を知って猫のための空間を作ろう

最近、動物園などで野生の動物にできるだけストレスを感じさせない環境を作る「環境エンリッチメント」が話題になっています。環境エンリッチメントは動物園だけでなく、お家で飼い猫のためにもできるんです。今回はそんな猫の環境エンリッチメントをするために大切な「猫の好きな場所の条件」について考えてみましょう。

 

狭い場所


猫が最も落ち着く場所はずばり「狭い場所」です。猫は、体がどこかの壁にくっつく場所というのを非常に好みます。

一時期話題になった「鍋猫」などもそうなのですが、猫は体の大部分がどこかにくっついていると落ち着くようです。おそらく、そうすることで、敵から襲われる心配が少ないという安心感が得られるのではないかと考えられています。

できるだけ、猫のサイズに合うベッドや箱を置いてあげましょう。段ボールでも問題ありません。部屋の隅の方にそうした「入れるもの」があると、その場所に入って寝るようになる子は多いです。

 

少し高い場所


猫は、床よりも少し高い場所の方でくつろぐことを好みます。また、その場所から部屋全体や外を見て時間を過ごすのも好きです。

野生の環境であれば、地面には大型肉食獣がいます。高くて眺めのいい場所の方が安心できるんですね。

棚の上に登れるようにしたり、キャットタワーをつけてあげると、高い安心できる場所を確保できます。できれば、少し見通しが良く、飼い主さんが普段良くいる場所を見渡せる高めの所に、くつろげる場所を作ってあげてくださいね。

 

静かで人通りが少ない場所


猫はテレビや洗濯機の近くなどうるさい場所や、玄関や廊下などの人通りの多い場所を嫌います。

猫のくつろぐ場所を作ってあげるときは、静かで人通りの少ない場所を選んであげるといいでしょう。トイレやご飯の場所も、静かで人通りが少ない場所にしてあげると、猫は落ち着いてトイレやご飯をすませることができるんですよ。

 

暖かい場所

猫がよく、パソコンの上や車のボンネットの上でくつろぐことがありますが、これはそこが暖かいからです。特に冬場はカーペットや湯たんぽなどをくつろいだり寝る場所に入れてあげると喜びます。

ただし、暑くなりすぎないようにし、猫が冷たい場所へも移動できるようにはしておいてくださいね。

まとめ


家の中では敵から襲われる危険がないと言えども、本能的に危険を感じる場所を猫は好みません。安心できる場所を提供してあげることで、猫が普段感じるストレスを大きく減らしてあげることができます。環境エンリッチメントの一つとして、猫のくつろぎ空間を作ってあげましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。