2017年4月11日更新

子猫がトイレに失敗する3つのパターンとその対策【獣医師が解説】

猫はしつけをしなくてもうまくトイレを覚えてくれる子が多いです。ただし、中にはトイレをうまく覚えられず、生涯にわたって困ってしまうこともあります。猫と飼い主さんが幸せに生活するためには、トイレを覚えてもらうことは大切ですね。そこで今回は、トイレトレーニングがうまく行かない場合にどうしたらいいのか考えてみましょう!

トイレトレーニングのコツについては、「【獣医師が解説】これでばっちり!子猫のトイレトレーニングの方法とは」の記事を参考にしてみてください。今回は、トイレの失敗のよくある3つのパターンの、原因と対策を考えてみましょう

失敗例① 基本的には成功するがたまに失敗する


うまく行くことも多いけれどたまに失敗してしまうというパターンが、トイレの失敗で一番多いのではないでしょうか。

失敗例① 原因

  • 完全にトイレを覚えていない
  • トイレの場所までたどり着かない
  • トイレに問題があって気に入らない

失敗例① 対策

このパターンの場合は。基本的には焦る必要がありません。徐々に成功する可能性が高いので、飼い主さんは間違った対応さえしなければ大丈夫です。

  • トイレ環境の見直し

まずは、適切なトイレ環境をもう一度見直してみましょう。わかりづらい場所や、障害物で行きずらい場所にトイレがあれば、トイレにたどり着く前に出てしまうかもしれません。また、トイレをしたくても汚れていたり、他の猫のにおいがついているなどがあれば、トイレが気にいらずに他の場所でしてしまうこともあります。トイレを清潔に保ち、猫の数+1のトイレの数を確保するなど、まずはしっかりトイレ環境を整えてあげましょう。

  • 失敗しても怒らない

それから、粗相をしてしまった時の対応も注意が必要です。粗相を見つけたときに怒ってもあまり意味がありません。ストレスや恐怖心からむしろ粗相が悪化することの方が多いです。粗相を見つけた場合は怒らず、失敗した場所をしっかりきれいにし、消臭しておいてください。そして、成功したときにできるだけ褒めて遊んであげるようにしましょう。

失敗例② あちこちにしてしまう


トイレと関係なく、そこら中にしてしまうというパターンです。

失敗例② 原因

  • マーキング
  • 膀胱炎などの残尿感
  • トイレが気に入らない

失敗例② 対策

原因によって対策はさまざまですので、考えられる要因によって対策を考えましょう。

  • 避妊手術・去勢手術

避妊去勢手術をしていない場合は、手術をすることでテリトリー意識が低くなるので、マーキングの頻度が減ることも多いです。

  • 野良猫対策

マーキングの場合、お家にいても他の猫の存在を感じたり、まだ家の中でも安心していないことが考えられます。もし、野良猫が家の近くにいる場合はその存在を感じさせないように、外を見れなくするとか、野良猫が家に近づかないような対策をしてください。

  • パーソナルスペースの確保とフェリウェイスプレー

多頭飼いの場合は、ストレスを減らすために、できるだけキャットタワーなどを使ってパーソナルスペースを確保できるようにしてあげることも大切です。それから、フェリウェイスプレーを使うことで、ストレスを軽減して、マーキングを減らせることがあります。

  • 尿の回数が多い場合は病院へ

尿の回数が多い場合は、膀胱炎や膀胱結石による頻尿が原因であることが多いです。この場合は病気をしっかり治療しないと良くはなりませんので、早めに病院で診てもらいましょう。

  • トイレ環境の見直し

失敗例①でも紹介した通り、トイレ環境をもう1度見直してあげることも大切ですね。

失敗例③ 特定の場所でしてしまう

布団や座布団の上など特定の場所で尿や便をしてしまうというケースです。なぜかわかりませんが、猫は少しふわふわした柔らかい場所でトイレをしてしまうことがあります。

失敗例③ 原因

  • そこをトイレだと思っている
  • トイレが気に入らない

失敗例③ 対策

このパターンでは、失敗してしまう場所への対策が大切です。

  • 失敗した場所をきれいに消臭

基本的には、粗相をしてしまった場合にはとにかく早く拭いてしっかり消臭をします。可能であればしばらくは粗相をしてしまった場所には近づけない方がいいでしょう。

  • 粗相をする場所に柑橘系のにおいやフェリウェイスプレー

毎回粗相をする場所に、猫が嫌う柑橘系の香水をつけたり、柑橘系の柔軟剤を使って洗濯するのも効果的です。それからフェリウェイスプレーは精神安定効果だけではなく、それをかけた場所にはあまり尿や便をしないという性質があります。フェリウェイスプレーを粗相する場所にかけておくのもいいでしょう。

  • 粗相をする場所にビニールをかけておく

猫はビニールの上に乗った感触を嫌いますので、その場所を使わないときはビニールをかぶせておくと粗相される心配は減ります。

  • 猫のトイレ環境の見直し

上に上げた2つの対策と同時に、猫に好かれるトイレ作りを行うことも大切ですね。

まとめ

猫のトイレは教えなくても問題なく覚えてくれる子が多いのですが、なかなかうまく行かない子がいるのも事実です。また、犬と違い、ベッドなどにも簡単に乗ってしまうため、布団にされて大変困っているという飼い主さんも多いようです。

トイレの失敗にはいくつかの理由があるので、それぞれのパターンに合わせて対策してみてください。病気の場合はそれを治さないと良くはなりませんので、まずは病気の可能性がないかどうか見てもらうことも大切ですね。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫の健康にとって大切なトイレ環境!理想的なトイレとは?

「猫はトイレをあっという間に覚えてくれるからしつけがしやすい!」と感じた飼い主さんも多いのではないでしょうか?猫自身は、習性として砂の上で排泄をしてくれるので、トイレを用意してあげ場所を覚え……

猫のトイレグッズ

猫にもしつけはできる!!上手に猫にしつけするコツとポイント

自由奔放なイメージの猫。人間の生活圏にあってもマイペースに生きているところは、人間との主従関係がはっきりしている犬とは違いますね。 猫の飼い主さんの中には、猫との間に主従関係があるとす……

猫のしつけの知識

急に粗相するようになった猫。その原因と解決策は??

猫のトイレトレーニングは、子猫の頃にあっという間にできたという方も多いのではないでしょうか。しかし、トイレのしつけは完全にできているのに、突然床や畳、ベッドなど粗相をするようになってしまって……

猫の多頭飼いをしたい方に!多頭飼いのためのトイレ環境の注意点とは?

たくさんの猫に囲まれて生活することは、とても幸せだと感じる方も多いことでしょう。最近では、猫の多頭飼いをする方も多くなってきました。 しかし、猫は本来縄張りを意識し、環境の変化や小さな……

猫の心を読む訓練

驚愕!野良猫が庭をトイレにするのを止めさせる究極のおまじないとは

皆様、この情報をお伝えするのにはとても悩みました。何と言っても、このおまじないを教えてくれているのは、魔女術を操る白い魔女(善の魔女)だというデイジー・ペパーさん。 彼女の著書、「猫の……

猫のトイレのしつけ