2017年5月23日更新

小型犬は気が強い!?飼って実感する「小型犬のあるある」6選!

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

チョコチョコと歩き回る姿がキュートな小型犬。まるで動くぬいぐるみみたいで抱きしめたくなってしまいます。今回は小型犬を飼っている人なら「あるある~」とうなずいてしまいそうな、小型犬ならではのエピソードを集めてみました!あなたのおうちのワンちゃんにいくつ当てはまりますか?

 

小型犬あるある6選!

1.つい踏んづけそうになる

人懐っこい子は、いつも足回りをチョコチョコと歩き回るので、踏んづけそうになってしまいがち。ついうっかり間違って蹴飛ばしてしまったことのある飼い主さんもいるのではないでしょうか。小型犬を飼うと、足元に気を遣って歩く習慣が自然と身に付いてきます。

2.つい抱っこしちゃう

抱っこしやすいサイズなので、ついつい抱っこしたくなってしまうのが小型犬。抱っこが好きな子なら良いですが、独立心が強い性格の子だと、実は仕方なく抱っこされていたりするのかも?!お散歩中に駄々をこねられたときに、ひょいと抱っこして連れて帰れるところも小型犬ならではです。

3.小さなお尻が超絶キュート

小さなお尻に萌える飼い主さん続出中!一生懸命に歩けば歩くほど、プリプリと動くお尻が可愛くて、つい笑顔になってしまいます。

4.自分が可愛いことを分かっている

飼い主さんに何かをおねだりするときに、うるんだ瞳と愛らしいポーズでアピールしてくる小型犬。「自分が可愛いこと自覚しているでしょ?!」とツッコミをいれたくなってしまいます。でも可愛いからお願い事を聞いてしまうんですよね…。日頃から「かわいい!」と言われ慣れている子だと、かわいいという単語が聞こえただけで「え、わたしのこと呼んだ?」なんてリアクションをすることも。もしかして「かわいい」が自分の名前だと思っているのかも?

5.テンションあがってうれション

大好きな飼い主さんが帰ってくるとつい、嬉しさの余りうれションしてしまいがちな子が多いのも小型犬。おしっこされるのは困るけど、帰りを楽しみに待ってくれていたんだと思うと、そんな姿にも愛おしさを感じてしまう飼い主さんも多いよう。

6.体は小さいのになぜが強気

「その根拠の無い自信は一体どこから?!」と思ってしまうほど、気が強い子が意外と多い小型犬。自分より何倍も体の大きい犬にも立ち向かったりと、飼い主さんの方がヒヤリとしてしまうことも?
一番小さいくせに、なぜか一番威張っているところがまた可愛いんですよね。

やっぱりうちの子が一番!


愛らしい姿で楽しませてくれる小型犬。室内で飼いやすいことも魅力のひとつです。犬を飼う機会があればぜひ小型犬も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。飼えばきっと「うちの子が一番かわいい!」と夢中になってしまうはずですよ。

 
 

関連カテゴリ