2017年4月4日更新

猫の飼い主さんに朗報!猫専用のデザイナーズアパートメント「Maison Neko」4月9日に葛飾区にオープン

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

初めて猫を飼う場合、まず問題になるのが住む場所です。自宅を所有している飼い主さんなら気兼ねなく猫を飼うことができますが、賃貸物件に住んでいる飼い主さんにとっては物件探しから始めなければならないこともあるのではないでしょうか。最近ではペットブームの影響でペット飼育が可能な物件も増えてきましたが、猫コンシャスな物件となるとまだまだ数が少ないのが現状です。そんな中、東京都葛飾区に猫の飼育を前提にしたデザイナーズアパートメントがオープンします。ここなら、気兼ねなく猫と楽しく暮らすことができそうです。

 

全部で7部屋。猫と快適に暮らせる工夫満載です

JR常磐線金町駅に4月9日オープンする「Maison Neko」は、猫と暮らすための工夫が部屋のあちらこちらに見られる作りが特徴。杉並区の猫専用デザイナーズ・アパートメントGatos Apartmentのオーナーで猫専用賃貸コンサルタントの木津イチロウ氏が監修した物件で、猫向き設備が満載です。まず、部屋の作りは7部屋の全室が3階建てで、床面積は27㎡。1階はリビング、2階がダイニング、キッチン、トイレ、3階はベッドルームとバスルームですが、3階にはロフトもあっておしゃれな構造です。階段があるのは猫の運動不足解消にもなりそうですね。

猫のための工夫で便利なのが、例えば人間用トイレに猫のトイレを2つ置けるスペースを確保している点。トイレのドアには猫用のドアもついていますのでトイレのドアを閉めていても猫が自由に出入りできますし、砂が部屋に散らばりません。トイレに流せるタイプの砂を使っているなら、さらに便利ですね。部屋の中にも猫が脱出しないように扉をつけた専用ポーチや、キャットウォークを完備。外側にも猫を安心して出せる2mの塀を立てるなど、「猫を飼った経験がある人」ならではの工夫がオンパレードです。

もちろん、飼い主さんにとっても快適な空間になっていて、エアコンは1階と3階に完備、駐輪スペースも確保されているなど設備が充実しています。入居するには、猫を完全室内飼いにすること、爪とぎを室内に設置すること、避妊去勢手術をすることなど条件もありますが、賃貸でありながらこれだけの猫専用設備を使えることを考えたら、かなり魅力的だと言えるのではないでしょうか。

Gato Apartment同様、人気が予想されるので気になる方は内覧会へ

木津イチロウ氏が2011年に手掛けた杉並の猫専用物件「Gato Apartment」はオープン以来、常に満室、ウエイティングリストにも複数の希望者が登録される人気物件となっています。今回の物件も部屋数わずか7部屋ですので、すぐに満室になってしまう可能性があります。気になる方は4月9日(日)に開催される内覧会で部屋をチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 物件名: デザイナーズ猫専用アパートメントMaison Neko
  • 賃料: 79000円~85000円(敷金/賃料の2ヶ月分、礼金/賃料の1ヶ月分)
  • 内覧会: 2017年4月9日(日)10:00~19:00
  • 内覧会エントリーはこちらから
 
 

関連カテゴリ