2016年6月21日更新

犬の肉球をチェック!室内犬の足の裏のお手入れ法。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

愛犬の足の裏をチェックしてみてください! どんなふうになっていますか?しっかりと肉球が見えていますか?足裏の毛が伸びていないですか?爪の長さはどうでしょう?

今回は放っておくとケガや病気にも繋がってしまう良くないことばかりの足裏についてお話しします。

 

肉球ってなに?

そもそも「肉球ってなに?」って思っている人もいるのではないでしょうか。肉球は動物の足の裏部分にある、ぷっくらとした無毛の部分のことを言います。柔らかいこの肉球は足裏を小石などから守ったり、滑り止めになったり、また猫などによく見られる狩りをするときに足音を消したりする働きをもつすごく重要なものです。

伸びっぱなしはよくない

そんなさまざまな役割のある肉球ですが、爪の伸びや毛の伸びを放置しておくと思わぬ危険やケガを招くことになります。足の裏の毛が伸びてしまうと肉球を隠し、滑りやすくなり、フローリングやつるつるとした床の上で転んでしまうことがあります。打ちどころによっては骨折やねん挫をしてしまうことがあるので非常に危険です。また爪の伸びっぱなしも足の指の骨折を招くことや肉球自体を傷つけてしまい傷口から病気になってしまうこともあります。

 

足裏お手入れの方法

何かと危険な足の裏ですがしっかりとお手入れしてあげることが肝心です。最近ではペットサロンやペットショップで足の裏だけお手入れしてくれるコースをよく見かけるようになりました。ワンコインで出来るところもあるのでこまめに利用することをお勧めしますが、もし自宅で道具が揃っているのであればやり方を覚えてみましょう。

爪は専用の爪切りでピンクの血管が通っている少し手前まで数回に分けて切っていきます。一度にいきなり切ってしまうと長さによっては犬の指に負担がかかってしまうので、数回に分けて徐々にカットしていきましょう。万が一血管を傷つけてしまった場合は専用の止血薬を付けてあげればすぐに血が止まります。

足の裏の毛のカットはペット用の専用のバリカンを使って行います。専用のバリカンは、刃先が皮膚を傷つけないようにできているので、安心して使うことができます。肉球に被さっている長い毛をカットし、肉球と肉球の間の毛も出丁寧にカットしていきましょう。

足裏のお手入れはこまめに行うこと

触ると気持ちのいい肉球がこんなに大事なものだとお分かりいただけたでしょうか。以前は外で飼育される犬が多かったので今ほど目立ってお手入れを推進することはありませんでしたが、室内犬が増えた今、足の裏のお手入れは非常に大事なものです。

愛犬のケガや病気を防ぐためにも2週間に1回くらいのペースで愛犬の足をチェックして、こまめなお手入れを行うようにしましょう。