2017年4月30日更新

猫の好きな匂い・嫌いな匂いってどんなもの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫の飼い主さんなら愛猫のために嫌いな匂いを身につけたくない!!と思うものですよね。逆に猫が好んでくれる匂いを身にまとっていたいとも思うかもしれません。今回は猫さんの好きな匂い・嫌いな匂いについてまとめてみました。

 

好きな匂い


猫さんが好きな物の代表と言えば「マタタビ」!!マタタビの匂いが好きな猫さんはとても多いと思います。初対面の猫さんに会うときや、猫さんにモテたい時に少量を手に付けていると猫さんに大人気になれるかもしれません♪

マタタビの他にもチーズやヨーグルトなどの乳製品の匂いや、鰹節やツナ缶などの魚介類の匂いなどを好む猫さんは多いようです。人間からすると「えっ!?」と思ってしまうようなものでは、足の匂いや脇の匂いなどのクセのある匂いを好む猫さんもいるようです。

我が家の猫さんは甘いパンやカレーパンなどの菓子パンの香りが好きなようで、人間の食べ物にほとんど興味を示さないのに菓子パンや焼き菓子などの香りがするとそわそわと反応します!!

嫌いな匂い


猫さんが苦手な匂いの代表といえば柑橘系の匂いではないでしょうか?その他にも柔軟剤の匂いや、タバコの匂い、香水などの匂いの強いものは苦手な猫さんが多いようです。

猫さんに嫌われないようにするには、あまり匂いの強いものを身につけないほうがいいのかもしれません。猫さんの嗅覚は人間の数万倍〜数十万倍とも言われており、人間がちょうどいいと思っている香りでも猫さんにとってはものすごく強い香りに感じていることもあります。

 

嫌いな匂いを逆手にとって


猫さんの苦手な匂いを逆手に取って猫さんに入ってほしくないエリアには柑橘系の香りのものを置いたり、外猫さんの侵入を防ぐためにベランダやお庭にハーブの鉢を置いたりすることで対策ができる場合もあります。

ただし、苦手な匂いというのは猫さんにとって有害な場合もあるので、玉ねぎや香辛料などの匂いが苦手だからといって活用するのはやめてください。有害な物は匂いの成分だけでも不調を引き起こしかねないので、注意が必要です。

また、ハーブ類の匂いは苦手な猫さんが多く育てやすいので活用しやすいとは思いますが、こちらも猫さんにとっては有害なものもあります。ゼラニウムやマリーゴールドなどは苦手な匂いとともに有害なものなので、猫さんを寄せ付けないためとはいえ使わない方が良いでしょう。

一番好きなのは飼い主さんのにおい?


猫さんが大好きなのはやっぱり飼い主さんの匂い。いつも一緒にいて、落ち着く匂いだと思っている猫さんが多いのではないでしょうか。飼い主さんになでられた後すぐに毛づくろいをするのは、飼い主さんの匂いと自分の匂いを混ぜてよりリラックスできる匂いを身にまとうためとも言われています。自分自身の匂いと飼い主さんの匂いが猫さんにとっては安心できて大好きな匂いといってもいいのかもしれませんね。

人間と同じように猫さんの好きな匂い・嫌いな匂いには個体差があります。愛猫の好きな匂い・嫌いな匂いを探ってみるのも面白いかもしれませんよ。

 
 

関連カテゴリ