人間とはぜんぜん違う匂いが好き!猫の好きな匂いってどんな匂い?

犬ほどではありませんが猫も嗅覚が発達している動物のひとつ。匂いを嗅ぎ分ける能力は人間の数万倍~数十万倍と言われています。つまり私たち人間に比べて匂いを敏感に感じ取り、影響されると言えるのです。そんな猫にも好きな匂いと嫌いな匂いがあります。猫は一体、どんな匂いがお好みなのでしょうか?

 

一番、ポピュラーなのは「またたび」の匂い


肉や魚など食べ物の匂いは別として、猫が好きだと言われているのが「またたび」の匂い。ご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、「またたび」とはマタタビ科の樹木で、猫に与える際には、枝を適当な長さにカットしたり、枝を粉にしたり、実を焼酎などにつけたエキスを塗り付けたりして使用します。「またたび」の匂いへの反応は個体差があり、子猫やストレスを抱えている猫などは反応が薄く、去勢していないオス猫はもっとも分かりやすく反応すると言われています。

実は猫には「またたび」の他にも好きな植物がいくつかあります。例えば白い花を咲かせる「カノコソウ」、シソ科の植物でタイムによく似た「キャットタイム」、つる性の植物「スイカズラ」、湿地に生える「ミツガシワ」など。いずれもキャットニップなど猫の玩具に使わることが多いようです。

種類や見た目もさまざまですが、こうして見ると猫が好きな植物は結構あるんですね。これらの植物に共通するのが「7-メチルシクロペンタピラノン」「7-メチル-2ピリジン」「4-メチルベンソフラノン」などの成分。何だか舌を噛みそうな名前ですが、いずれも揮発性の物質で、この成分の匂いが好きな猫は、ほんの少しの量でも反応して体をくねらせたり、よだれを流したりして酔っぱらったような状態になるため、猫のドラック、猫の媚薬などとも呼ばれています。

 

好きな匂いだけれど使い過ぎには注意!


実は「またたび」のような植物に含まれている成分は猫の大脳を麻痺させ、酩酊させると言われています。ストレス解消にたまに与える程度なら問題ありませんが、四六時中、「またたび」の匂いを嗅がせると後遺症が出る可能性もあります。中には「またたび」にアレルギーをもつ猫もいて呼吸困難になるケースもまれにあるようですので、与える時には注意してくださいね。ちなみに「またたび」の場合、もっとも香り成分が強いのは粉末上のもので、枝や葉は比較的、効果が穏やかだと言われています。猫の反応をよく観察して適したものを選んであげてください。

関連記事