犬の気持ちを徹底解説!!何で舐めるの?人の顔を舐める時の気持ちは?

犬にものすごい勢いで顔を舐められるという経験をしている飼い主は多いのではないでしょうか。犬が顔を舐めるという行動には、色々な気持ちが隠されているようです。今回は、犬が人の顔を舐めてくるときの気持ちについて解説します。

 

犬が人の顔を舐める気持ちとは

「ご主人のこと慕ってます!」

犬が口を舐める理由の一つに、オオカミとして暮らしていたときの名残が考えられます。オオカミは自分よりも立場が上のオオカミへのあいさつとして口元を舐めるという行動を取ります。その習性の名残として、犬は自分が主人と認めている飼い主に対して、慕っている気持ちを表すために顔を舐めるのです。

「ご主人構って~!」

オオカミの子供は、母親に食べ物を催促するときに、口を舐める習性があります。その名残は、家庭犬にも受け継がれていると考えられています。毎日美味しいご飯を用意してくれる飼い主は、愛犬にとってまるで母親のような存在。しかし、犬が飼い主の顔をペロペロと舐めるときはご飯の催促よりも、母親のように安心できる存在である飼い主に甘えたい気持ちを表しているのかもしれません。

「ご主人に会えて嬉しいよ~!」

飼い主が帰宅したときに、顔を舐める行動を見せる場合は、大好きな飼い主さんが帰ってきてくれたことが嬉しくて歓迎の気持ちを表しているといえるでしょう。「ずっと会えなくて寂しかったよ!帰ってきてくれて嬉しいよ!」と思っているんですね。

「不安だよ…」

犬は不安や寂しい気持ちを落ち着けようとするために、顔や口元を舐めることがあります。しかし愛犬があまりにも舐めてやめようとしない場合は、心の病気を抱えているケースも考えられます。愛犬が何かストレスを抱えていないか気にかける必要があるかもしれません。

 

飼い犬が舐めてくるときの注意点

舐めることが飼い犬からの愛情表現だと知るとなかなか無下にはできないですが、注意しなければいけない点もあります。
それは、人獣共通感染症(ズーノーシス)です。犬から口を舐められることによって、犬の唾液を媒介して病気に感染する危険性があるのです。細菌性やウイルス性など様々な人獣共通感染症(ズーノーシス)がありますので、口を舐められることに関しては注意しましょう。特にお子さんのいる家庭であれば、免疫力の低い乳幼児の口を舐めないように気をつけたいところです。

 

さいごに


飼い犬が舐めてくると、食べ物のにおいでも付いてるのかなと簡単に考えていましたが、親愛の気持ちが隠されていたんですね。人獣共通感染症(ズーノーシス)など注意したい点もありますが、飼い犬の気持ちに応えたいですね。

関連記事