2017年4月11日更新

見た目は可愛いけれど実はスーパーハンター。猫に隠された狩人の能力とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近、猫がブームなのはその可愛い姿に癒される人が多いから。しなやかな体、幸せそうな寝顔…猫は愛されるために生まれてきているようです。しかしながら、そんな可愛い猫でもハンターとしての能力は失われていません。一体、猫にはどんなハンティング能力があるのでしょうか。

 

猫のすべてはハンティングのために

野性のチーターやトラと同じように猫は生きた獲物を捕らえるハンター。その体はハンターとしての武器をたくさん備え持っています。たとえば、獲物を発見する時の目や耳の能力。猫の目は野球選手のように動体視力に優れていますし、その耳は聴こえる音の範囲が広いだけでなく、見えない中で音だけを頼りに音がする方向を察知する能力にも長けているのです。

さらに獲物を捕らえる時の運動能力も抜群です。猫の後足には速筋という筋肉があり、自分の体の高さの5倍飛ぶことができます。猫のジャンプ力や瞬発力をサポートしているのが肉球で、湿り気のある肉球は着地の際のクッションや、ダッシュする時のストッパーとして役に立ちます。また、爪は狩りをするには欠かせない武器で、木を登る時には斧のように木に刺さって木登りをサポートしますし、いざ、獲物を捕らえる時に獲物を確実にキャッチすることができるのです。獲物に近づくときには音が出ないように足の中に隠すことができまるのも猫ならではの能力ですね。

さらに歯の存在も忘れてはいけません。猫には尖った牙がありますが、この牙はひと噛みで獲物の脊髄に到達し、獲物を仕留めるようにできているのです。こうして見ると体のあらゆるつくりが猫を優れたハンターにしていることが分かりますね。

調べれば調べるほど出てくる、猫のハンティング能力

今回、ご紹介したのは猫のハンティング能力のほんの一部。猫にはほかにも数えきれないほどの武器があり、その総合力ですぐれたハンティング能力を発揮しています。家にいる猫が夕方や明け方に走り回ることが多いのも、獲物をもっとも捕まえやすい時間帯だということを本能的に知っているから。たとえ、家の中でのんびり寝てばかりのように見えても、猫は祖先のハンターとしての能力をしっかり受け継いでいるのですね。

 
 

関連カテゴリ