2017年4月12日更新

猫との死別。そのあと猫の魂はどうなるの?猫の『命』の不思議な伝承

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

来てほしくはないけれどいつかはくる猫とのお別れ。
猫だけでなくペットや人との死別は本当につらく、悲しいものです。
人間の場合はさておき、猫が死んでしまったあと猫の『魂』は一体どうなるのでしょうか?
じつは猫が亡くなったあと猫の魂の『行き先』については色々な説があるみたいなんです。
どんな伝承があるのか、まとめてみました!

 

虹の橋で待っている


猫やペットなど動物たちは亡くなると天国にわたる『虹の橋』と呼ばれる場所にいきます。
そこはとても気持ちよくて、ご飯もお水もたくさんある、素敵なところです。
病気だった猫も苦しんでいた猫も、そこにいけば元気だった体を取り戻し自由に楽しく暮らすことができます。
そんな幸せで楽しい場所で、猫は飼い主さんが同じ場所にくるまで待っています。
飼い主さんが一人で寂しく虹の橋を渡らなくてもいいように、猫が待っていてくれているのかもしれませんね。

飼い主さんがたくさん生きて、迎えに来てくれるまで猫やペットは虹の橋のたもとで待っているのです。
そうして飼い主さんが迎えに来てくれたら一緒に橋を渡るのだそう。一緒に橋を渡れたら、もう離れ離れになることはないそうです。

死んでもなお猫が自分を待っていてくれるなら、そんな幸せなことはありませんよね。

毛皮を着替えて帰ってくる


猫の魂は9つあるといわれています。
そのため、猫の魂がまだのこっていたら同じ魂で違う毛皮を着て、飼い主さんのもとに帰って来てくれると言われています。

見た目は違うのに亡くなった猫と同じ行動をする猫と出会い家族に迎えたり、亡くなった猫と瓜二つの猫を拾い家族に迎えたり…。
偶然とは思えないほど亡くなった猫と共通点のある猫と縁で結ばれる飼い主さんは少なくありません。

亡くなった猫が縁を繋いでくれたのか、本当に毛皮を着替えて帰ってきてくれたのかはわかりませんが、また飼い主さんと暮らしたい、と猫が思ってくれたから帰ってきてくれたのでしょう。
思う存分、新しくやって来た猫を可愛がってあげなければいけませんね。

 

生まれ変わる

毛皮を着替えて飼い主さんのもとに帰ってくるときにまた『猫』として戻ってこない猫もいるようです。
中には人間に生まれ変わり、子供や孫としてお腹に戻ってくることがあるといいます。
もちろん信じるか信じないかはあなた次第ですが…。

いかがでしたか?
個人的には我が家の猫がなくなったら、『自分の子供』としてお腹に戻ってきて欲しいな、と思います。
そうすれば、いまよりもずっと長い時間を一緒に過ごすこともできるでしょう。

本当に信じるか信じないかはあなた次第ですが猫たちの逝く末が幸せで、また愛した猫にどんな形ででも再会できるのであれば、少し前向きに『愛猫の死』を受けとめられるかもしれませんね。

 
 

関連カテゴリ