2017年4月14日更新

あなたは大丈夫?こんな人が危ない!ペットロスになりやすい人の特徴

博報堂生活総合研究所が2014年に行った調査によると、犬か猫、あるいは両方飼っている世帯は全国に1,357万世帯。現在の日本では4世帯に1世帯がペットを飼っています。

2015年の犬の国内飼育数は991.7万匹。ネコは987.4万匹で合計総数は現在の日本の15歳未満の子供の数1,617万人を越えています。

もはや「うちの子」という言葉は、人間の子供ではなく「ペット」を呼ぶ言葉になりつつあるのではないでしょうか。

ペットを溺愛する人が急増している


全国に広がる自らを「猫ばか・犬ばか」と呼ぶ飼い主達。慶応義塾大学の医学博士、近藤誠先生は、愛犬のボストン・テリアのボーちゃんのことを自分の名字の「近藤」をつけて「近藤ボビー」として著書で紹介していました。

俳優の緒形拳さんも、肝臓がんで亡くなる前、手術も抗がん剤も拒否して仕事をされていたそうですが、最後のテレビドラマの地方ロケでは現場の近くに一軒家を借りて、愛犬と寝泊まりしてよく犬に話しかけていたそうです。

もはやペットは「かけがえのない家族の一員」ですよね。そんなペットが突然死んでしまったら…。皆さんは想像したことがありますか?

私も今までたくさんのペットを看取ってきました。ごく最近では2年前に愛犬のチワワのルイを1年間の闘病生活の末、癌で亡くしました。16歳でした。

最期は私の腕の中で、どんどん体温が下がり、体が固くなっていったルイ。愛するペットに死なれる瞬間の気持ちは、ペットロスという言葉ではとても伝えることはできません。

ペットロスになりやすい人の特徴とは


社会にすでに浸透している「ペットロス」という言葉。ペットが急病になった時に会社を休んでもいいのか?という相談がかつて物議をかもしたこともありますが、最近ではペットが死んだので有給を取った、という話もチラホラと耳にしますよね。

ヤマザキ学園大学の動物看護学部の新島典子准教授が調査した結果、ペットロスになりやすい飼い主にはある4つの特徴があることがわかりました。その特徴とは、

  1. 承認欲求が満たされにくい飼い主:辛い気持ちを分ってもらえないと苦しむ人
  2. ペットとの接触時間が長い飼い主:打ち込める仕事や対象がいない一人暮らしの老人など
  3. 過去に辛い「喪失」を体験した飼い主:過去の経験がフラッシュバッグしてしまう
  4. 現在1匹しか飼育していない飼い主:かけがえのない相手だと過度な愛着を生んでしまう

だと分類しています。

いかがですか。あなたはこの4つに当てはまる場合、現在飼っているペットを失った場合、ペットロスに陥る確率はかなり高いかも知れません。

誰もがペットを失う悲しみは相当辛いと思いますが、その悲しみが深いとうつ病や自分の健康状態の低下にも繋がります。

いつかは来る別れ。シニアのペットを飼っている飼い主さんは少しずつ覚悟をしておいた方がいいかも知れませんね。

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
necoichi.com

関連記事

子供にこそちゃんと伝えたい!子供の年齢別ペットロス対処法~後編

前編では少し小さな子供の『ペットロス』についてご紹介しました。 後編ではもう少し大人と変わらないくらいの感情や概念が理解できる年齢の子供達とペットロスについてご紹介したいと思います。 ち……

猫の死とペットロス

あなたは大丈夫?こんな人が危ない!ペットロスになりやすい人の特徴

博報堂生活総合研究所が2014年に行った調査によると、犬か猫、あるいは両方飼っている世帯は全国に1,357万世帯。現在の日本では4世帯に1世帯がペットを飼っています。 2015年の犬の……

猫の死とペットロス

ペットロスを乗り越える…。そのために必要な4つのステップとは

本屋さんを巡っていると、チラホラと目に入る「猫の看取り」や「猫との最期のお別れ」に関連する書籍。 平成25年の統計では、9,743,000千匹の猫が飼育されている日本。猫の平均寿命は1……

猫の死とペットロス

猫の安楽死…。もう助からない愛猫が苦しんでいる時、あなたはどうする?

高齢化が進む日本。もし年を取って、病気になって辛い延命治療をするくらいなら、苦しまずに安らかに死ねる安楽死をしてもらいたい…。そう思う人は案外多いのではないでしょうか? 私の両親も、「……

猫の死とペットロス

体の変化を見逃さずに!高齢猫と暮らす上で注意したいこと・健康管理の方法

猫が高齢になった時、お部屋の中でも思わぬ事故につながることがあります。また、今までできていたことができなくなってしまうこともあります。 猫の体の変化に気をつけながら、安心して猫が生活で……

猫の老化について

愛犬家、愛猫家なら一度は考えるペットと一緒のお墓。犬や猫と一緒にお墓に入ることはできる?

最近は多くの家庭が墓に関する悩みを抱えていると言われています。 先祖代々のお墓を守る家族がいない、お墓の場所が遠くてお参りにいけないなどといった悩みが増えているのです。 そんな中……

犬の死とペットロス

猫の最期・終わりのサインが近づいたら…辛いけど知っておいて欲しい事

考えたくない、と思っても、いつか必ずやってくる猫との別れ…。愛猫が12歳をすぎたあたりから、一応情報をチェックして心の準備だけでもやっておくと良いでしょう。 といっても私は今まで一緒に……

猫の幸せ

子供にこそちゃんと伝えたい!子供の年齢別ペットロス対処法~前編

考えたくはありませんがいつか必ず来るペットとのお別れ。 大人の私たちでもショックを受けますし、しばらく動けないほど悲しみにくれるでしょう。 私も愛犬をなくしてもうずいぶんと時間が立ちまし……

猫の死とペットロス

ペットロスになった飼い主さんを救う。『虹の橋』の物語とは…?

画像出典:PR TIMES 世界中で語り継がれている【虹の橋】というお話を知っていますか? 原作者不詳のまま世界中に広まり、様々な言語に翻訳され世界各国の人々をペットロスから救っ……

猫のニュース

どうして死んじゃったの?猫の死因に納得が行かない時にできること

愛猫が病院で死んだ場合、アメリカではそのまま動物病院に置いていく人も多い、という話を聞いたことがあります。 どんな理由があるにしろ、死んでしまったからとはいえ、愛猫の遺体を動物病院に置……

猫の死とペットロス

獣医師が教える! 犬・ネコの寿命が近いときのサインと飼い主ができること

犬や猫の寿命はヒトより短く、いずれは別れのときがやってきます。いつ頃そのときが来るのか、犬・猫は寿命が近付くとどうなっていくのか、知識があれば心構えもできますよね。今回はもも動物病院の谷祐子……

犬の死とペットロス

見逃さないで! 愛猫の老化のサイン・見分け方について

長年連れ添った愛猫に訪れることといえば、老化があります。 猫は私たち人間よりも寿命が短い生き物で、飼い始めたときから老化へ向けての一途を辿っており、私たちにはその最期を看取る責任があり……

猫の老化について