2017年4月22日更新

長毛猫の最高峰!そっくりだけとどこが違うの?ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーン

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーン。どちらも大型で毛足が長く、ゴージャスな雰囲気で人気の猫種ですが、この2種、見た目が双子のように良く似ています。名前がまったく異なる2種ですが、成り立ちや性格など共通している部分はあるのでしょうか?また、ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンはどこで見分けたら良いのでしょうか?

 

似ているけれど実は出自がまったく違う猫だった!

ノルウェージャンフォレストキャットとは

見た目はそっくりで区別がつきにくいノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンですが、生まれや育ちはまったく違います。ノルウェージャンフォレストキャットはトルコ原産のアンゴラ猫と土着の猫の交配によって自然発生的に生まれた猫でノルウェーなど北ヨーロッパではごく普通に見られる猫でした。寒い地域で生きてきた猫だけに寒さに耐えるための分厚く温かい被毛と大きな骨格、長い後足が特徴です。体ががっしりしているので、体重は重くメスでも5kg以上、オスでは8kg近くなる猫もいます。

【写真ノルウェージャンフォレストキャット】

メインクーンとは

片やメインクーンはヨーロッパから渡ってきた長毛種の猫とアメリカ原産の短毛種の猫を交配してできた猫だと言われています。最初はネズミを捕るために飼われていた労働階級でしたが、1985年にCFAに正式に認定されるようになるとキャットショーで人気を集めるようになり、今ではアメリカを代表する猫として知られています。メインクーンも骨太でしっかりした体と耐水性のある被毛が特徴。メスで6kg、オスでは8kgになるほどの大型猫です。世界で一番大きな猫のギネス記録を持っているのもメインクーンなんですよ。

【写真メインクーン】

2種の猫を見分ける方法はあるの?

大柄なだけでなく、頭が良く、穏やかな性格で比較的飼いやすいなど性格面でも共通点が多い2種の猫ですが、この2種の違いを簡単に見分ける方法はあるのでしょうか?答えはYES。見分ける方法はいくつかありますが、そのひとつが顔のカタチです。ノルウェージャンフォレストキャットの顔が逆三角形なのに対し、メインクーンは若干丸い顔をしています。さらに違うのが鼻筋のカタチです。猫の顔を横から見るとノルウェージャンフォレストキャットの鼻筋はライオンのようにまっすぐですが、メインクーンの鼻筋は途中で少し膨らんだような柔らかいライン(ジェントルカーブ)を描いているのです。そして、誰にでもはっきり分かるのは耳の上の毛の有り無しでしょう。メインクーンには耳の先に「リンクスティップ」と呼ばれる飾り毛がありますが、ノルウェージャンフォレストキャットにはこの飾り毛がありません。良く観察すると違いが分かりますね。

 

見分け方を覚えたら、あなたも猫通

ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンは見た目そっくりですので、その違いを見分けられる人は少ないのですが、コツが分かれば意外に簡単です。時間がある時にペットショップに行くか、写真を見ながら見分け方を研究してみてください。区別がつくようになったらあなたも猫通になれますよ。

【メインクーンのおすすめ記事】

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること