2017年4月25日更新

『猫の噛み癖』問題行動を徹底的に治す!飼い主がやるべきことはこの4つ

猫の突然の攻撃。たった今までゴロゴロと喉を鳴らして喜んでいたと思ったらいきなりガブリ!こんな経験は誰でもありますよね。

しかし猫同士のじゃれあいを観察してみてください。猫はもともと平和主義。オス猫同士が喧嘩するときでも、最初はじっと相手の顔を見つめることから始まります。

相手に飛びかかって噛み付く行為はほとんどないはず。あっても一瞬で終わります。おそらく猫は、「自分がされたら嫌だニャ。」ということは相手にはしないのではないでしょうか。

そんな猫が飼い主に噛み付くとしたら、それは飼い主の行動に問題があるのかも?今回は、猫の噛み付く問題行動を徹底的に治したい飼い主がやるべきことを4つご紹介しましょう。

猫と遊ぶときは素手で遊ばない


猫に噛み付かれる飼い主さんは、無意識に自分の手を動かして猫と遊んでいることが多いのでは?手や足を動かして猫と遊んだりすると、猫も真似をします。

手を動かすと捕獲したくなるのは猫の習性です。捕まえてガブリとやりたくなってしまうかも。それは飼い主さんが猫をかむように教育していることと同じです。なるべく手で猫と遊ばないように注意しましょう。

おもちゃをケチらない


猫は好奇心が強い動物です。猫じゃらしはケチらずにボロボロになるまで遊ばせましょう。新商品をチェックして、お財布が許すなら、愛猫が喜びそうな猫のおもちゃはどんどん買うことをオススメします。

猫は飽きっぽいので、複数のおもちゃをローテーションして使い分けると良いでしょう。1日に15分でも良いので、猫と思いっきり遊ぶことを習慣にしてください。

猫が噛んでも反応しない

「痛い!」「何するの!」と噛まれたときについつい猫の頭をパチンと叩いたり、大げさな身振りで怒鳴ると猫は怖がります。

猫に噛まれたら、ノーリアクションが基本です。猫に噛まれそうになったら、手を隠すようにしてください。おもちゃで気をそらすのもよいでしょう。

できれば2匹で飼おう


自閉症の動物学者、テンプル・グランディンは、

「ペットにとって一番良くない環境はペットを1匹で飼うことだ。」

と語っていました。噛むなどの攻撃行動をするのは、子供時代に仲間と喧嘩をした経験がないからかもしれません。自分も噛まれた経験がないと相手の痛みがわからないですよね。

もし環境が許すなら、猫は2匹で飼ってあげるのがベターです。先住猫が成猫なら子猫を、できれば子猫の時に兄弟猫を一緒に育てて暮らすと良いでしょう。

いかがですか。猫はとても賢い動物です。飼い主を噛むのは悪いことだと学習すれば、噛みつき行動もしなくなるはず。

猫の問題行動は、室内の環境と飼い主の態度でかなり改善されるはずです。

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
necoichi.com

関連記事

気持ちよさそうにしていたのに!猫が突然噛む時の気持ち・原因とは

猫を撫でていて、のどをゴロゴロ鳴らしてくれるとこちらまで幸せな気持ちになりますね。ソファに座りながら調子よく猫を撫でていて、だんだん気持ちよさそうに体を伸ばしてくれるので、さらになでなで。と……

猫の言葉・気持ち

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】子猫が威嚇します。どうすればいいですか?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!子猫が威嚇します。どうすればいいですか? 野良猫の……

猫のひっかき・噛む癖

『猫の噛み癖』問題行動を徹底的に治す!飼い主がやるべきことはこの4つ

猫の突然の攻撃。たった今までゴロゴロと喉を鳴らして喜んでいたと思ったらいきなりガブリ!こんな経験は誰でもありますよね。 しかし猫同士のじゃれあいを観察してみてください。猫はもともと平和……

猫のひっかき・噛む癖

猫を上手にしつけるには?猫のしつけにおける基本的な考え方。

犬は群れをなす動物なので、上下関係を確認させるため、しつけが有効です。しかし猫の場合は単独行動を基本とすることから、しつけはしないのが鉄則です。猫は誇り高き動物なのでしょう。 飼い始め……

猫のしつけの知識

乳歯から永久歯の生え変わりで気を付けておくこと【獣医師が解説】

猫の乳歯は生後1.5か月~2か月で生えそろいます。そして、生後3か月から順次永久歯が生え始め、6~7か月齢で永久歯に完全に生え変わります。つまり、生後3か月~7か月が歯の生え変わりの時期にな……

猫のひっかき・噛む癖

痛い猫パンチ・噛み癖に!1000円以下で買える最強の猫グッズを紹介♪

何も悪い事をしていないのに、一体どうして~!と言いたくなる突然の猫パンチ。歩いているだけで足首に激痛が走る噛み癖。猫を飼ってる人なら誰でも経験はあるはず。 子猫の時ならまだ許せるにして……

猫のおもちゃ

猫の噛みつき、すぐできるしつけの方法とは?甘噛みとの違いは?

猫は生まれついてのハンター、狩猟本能のおもむくままに噛みついたり引っかいたりするのは自然な行動です。でも人との暮らしの中、本能むきだしのままでは困ることもありますよね。猫はなぜ噛みつくのか、……

猫のストレス

飼い主を悩ます!猫の悪いひっかきグセの直し方・しつけ方法について

いきなりですが、あなたは飼い猫の悪いひっかき癖に悩んでいませんか? 普段は体をなでることも嫌がらない愛猫が、突如爪で引っ掻いてきたり、キバをむき出しにしてきたりといった経験をしたことの……

猫のしつけ

猫にもしつけはできる!!上手に猫にしつけするコツとポイント

自由奔放なイメージの猫。人間の生活圏にあってもマイペースに生きているところは、人間との主従関係がはっきりしている犬とは違いますね。 猫の飼い主さんの中には、猫との間に主従関係があるとす……

猫のしつけの知識

【猫から人にうつる病気】夏に多い!犬やノミからもうつる「猫引っ掻き病」とは

生まれた時から犬や猫と暮らしているワタクシ。当然ですが、犬や猫に噛まれたり引っ掻かれたことは数えきれません。 今までに猫に噛まれて病院へ行ったのは1度だけ。その時のかみ傷は今でも跡が残……

猫に関する秋の注意