2017年6月18日更新

猫が梅雨の暗い気分を吹き飛ばす!梅雨でもジメジメしないで遊ぶ方法をご紹介!

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

梅雨の時期になると猫にとっては、雨で元気をなくしたり体調が悪くなる猫もいるのではないでしょうか。そんな猫におすすめしたいのが人間が使う傘です。床に傘を差して置いておけば、興味を示して一人遊びをし始めます。そこで今回は、梅雨の時期に傘を使って楽しめる方法をご紹介したいと思います。まずは、猫が雨が苦手な理由をおさらいしておきましょう。

 

猫は雨が苦手な理由とは?

猫の祖先と言われるリビアヤマネコが昼夜の寒暖差が激しい砂漠に生息していて、体が水に濡れると水分が蒸発する際に体温が奪われてしまいます。砂漠の夜は寒く、体温が低くなった猫にとって命の危険があるのです。そのため、リビアヤマネコは砂漠で生き延びるために、水に濡れることを避けてきたのです。現代の猫にもその本能が受け継がれ、雨やお風呂が苦手だったりするのです。

梅雨でも猫が楽しめる傘を使った楽しみ方

猫にとって梅雨時期は、ストレスが溜まったり、元気がなくなることがあります。そんな猫の姿に「飼い主として何かしてあげられることはないだろうか?」と思い悩む飼い主さんも多いのではないでしょうか。そんなとき、おすすめなのは「傘」です。使わなくなった傘や壊れても良い傘がある場合、愛する猫のために有効利用しましょう。その方法とは、至って簡単です。傘を差した状態で床に置いておくだけです。興味を持った猫が傘にちょっかい出して遊びだすはずです。もしも、猫が傘に興味を示さない場合は、傘のそばに猫の大好きなおもちゃやおやつを置いたり吊るしたりしておくと良いです。運動不足解消にもなるし、何より猫が楽しく遊んでくれたら嬉しいですよね。

猫に傘で遊ばせるときの注意点

猫が傘で遊んでいるときは、目を離さないようにしましょう。と言うのも、猫が遊んでいるときに傘が破けたり傘の部品が取れたりして、猫がケガをしたり誤飲する危険性があります。猫が安全に傘で遊ぶためには、必ず飼い主が見ていられるときに遊ばせましょう。くれぐれも、傘を置いたまま外出したり目を離したりしないように気をつけましょう。

 

さいごに

猫が梅雨時期に元気をなくしていたら、要らない傘を有効利用して遊ばせてあげましょう。傘で遊ばせるときのポイントは、

  • 傘を差して床に置くだけ
  • 猫が好きなおやつやおもちゃで傘に興味を持たせる
  • 傘で遊ばせるときは猫から目を離さない

です。ぜひ、安全で楽しい梅雨ライフを猫と一緒に過ごしてくださいね♪

 
 

関連カテゴリ