2017年6月7日更新

犬種によって嗅ぎ方はいろいろ!犬の嗅覚を徹底解析!

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬は、とても嗅覚が優れている動物だということは広く知られていますね。なかには、警察犬のようにその優れた嗅覚を捜査に利用し、活躍している犬もいるほどです。しかし実際のところ、犬の嗅覚はどれだけすごいのでしょうか?
ここでは、犬の嗅覚についてその特徴をポイントごとに紹介していきます。

 

嗅覚とは?

嗅細胞」も多く、その上細胞の感度自体が非常に高いことから、優れた嗅覚を持つと考えられているのです
この嗅細胞ですが、人間が約500万個なのに対して、犬は40倍の2億個を持っています。
これらのことから、犬の嗅覚は、人間の100万倍~1億倍の能力があると言われています。
この犬の優れた嗅覚を利用して活躍しているのが、警察犬なのです。

においの嗅ぎ方は2タイプ

間接タイプ

ビーグルやバセット・ハウンド、シェパードは、地面を舐めるように嗅いで、においを嗅ぎ分けます。
これが、地面に残ったにおいの跡を嗅ぐ「間接タイプ」です。
ちなみにビーグルやバセットハウンドが垂れ耳なのは、下を向くと耳が鼻の横まで垂れて、においを集めやすくするためだと言われています。
さらに、嗅覚に集中するために重い垂れ耳が外部の音を遮断してくれる役割がある、という説もあります。

直接タイプ

ポインターやセッターなどの猟犬といわれているタイプの犬は、下を向かずに空気中に浮遊するにおいを嗅いで獲物を追いかける「直接タイプ」です。

 

嗅覚が優れている犬種とそうでない犬種がいる?


ここまでに紹介したように、嗅覚が優れている犬種には、ビーグルやバセットハウンド、シェパード、ポインターやセッターなどが挙げられます。
比較的、マズルが長い犬が多いのが特徴ですね。
対して、パグやブルドッグのようにマズルが短い犬は、鼻がさほど効かないと言われています。

まとめ


犬の嗅覚についてその特徴を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
犬の持つ知覚の中で、もっとも優れているのが、「嗅覚」です。
いっしょに暮らしている中で、飼い主さんが愛犬の「嗅覚」を意識をすることは少ないと思いますが、愛犬をより理解するために、その優れた能力を知っておくのもいいかもしれませんね。

 
 

関連カテゴリ