2017年5月27日更新

【愛犬のサイエンス】犬から見た世界ってどんな感じ?犬の視覚を解説

こちらの気持ちを伺うかのように、ジッと見つめてくる愛犬。犬を飼っている方なら、日常生活でよく見かける場面かもしれません。そんな時、ふと「愛犬には自分の姿がどんな風に見えているんだろう?」と考えたことはありませんか?わたしたち人間と同じように見えているのでしょうか?今回は犬の視覚に注目して、犬から見た世界について解説します。

犬は目が悪い?犬の視力ってどれくらい?

そもそも犬の視力はどれくらいなんでしょうか?
実は犬は意外にも視力が悪く、人間の視力に換算すると0.3くらいの視力と言われています。視力1.0の人間が10mの地点で判別できる文字を、犬が判別するためには3m以内に近づかないといけないという実験結果があります。

それから、犬の眼の中にある水晶体は人間と比べて大きくできており、その分ピントを調整する能力が乏しいという特徴があります。70cm以内に近づいたものに対してはピントを合わせることができません。

犬に見える色って?


「犬は白黒で見えている」なんていう話をお聞きになったことがあるかもしれません。
しかし、それは間違い。犬にも色は見えています。
ただ、人間のようにフルカラーで見えているわけではないんです。

色を識別するためには、眼球の網膜に錐状体という細胞がなければいけません。錐状体には何種類か存在し、人間には赤~黄緑、黄~緑、青~紫に反応する三つが備わっています。この三つの錐状体のおかげで、わたしたちはフルカラーで見ることができます。

しかし、犬の網膜にある錐状体は、青と黄にのみ反応します。そのため、色は青と黄、その中間の色味で物が見えているのです。ですから、赤や緑をはっきりと識別することができません。

犬は暗くても良く見えるの?

夜行性の動物は暗闇の中でも物がはっきりと見え、自在に行動することができます。
犬も暗闇でも物を識別する能力が高く、人間が必要な光の25%ほどではっきりと周りを識別することができます。

この暗視能力を可能にしているのは、犬の網膜に備わっているタペタムと呼ばれる鏡のような層のおかげ。わずかな光を増幅して、暗闇でも見えるようにしてくれているのです。
このタペタム層は犬以外でも、猫やキツネ、シカなどにも備わっています。

すごい!犬の動体視力と広い視野

犬の眼はピントを合わせるのが苦手で、視力は0.3程度と書きました。しかし、動体視力に関しては非常に優れた能力を持っています。
警察犬を使ったある実験によると、飼い主が静止していると585mの距離にならないと見分けることができなかったのに対し、飼い主が動いていると900m先でも見分けることができたとか。

そして、犬の眼は動体視力だけでなく広い視野も持っています。
人間の全体視野は120度ですが、犬の全体視野は220~270度にも及び、一度に広範囲を確認することができます。

まとめ

白黒ではなく、人間とは違った色彩で世界を見ている犬。
視力は人間より低いですが、動体視力や全体視野、暗視能力に優れた眼を持っているんですね。

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬と出かけたい!関東で春の景色を楽しめるスポット

様々な植物が芽吹き、色とりどりの花々が咲き乱れる春の時期。進学や就職など生活が変化する時期でもあり、多くの人が穏やかで新鮮な気持ちになるシーズンかもしれません。そんな春の時期を楽しもうと、春……

犬の雑学

【梅雨の準備できてる?】雨の日も楽しく愛犬とお散歩するためのお役立ちグッズを紹介!

愛犬といっしょにお散歩することは、飼い主さんにとっても楽しいひとときですよね。 でも、雨が多いこの時期は、散歩から帰ってくると全身びしょ濡れドロドロで大変・・・。 そんなお悩みを持つ飼い……

犬の雑学

さみしがりやの人は犬が好き?犬好きな人を徹底解析!

動物が好きというと、「優しい人」「いい人」という印象を持たれることって多いですよね。 でも、それって本当なのか疑問に思ったことはありませんか? ここでは、犬好きな人の性格の特徴について詳……

犬の雑学

一人でお留守番が苦手。避けては通れないけど愛犬が嫌いなことを紹介。

愛犬と暮らすなかで、避けては通れないことってたくさんありますよね。 それがたとえ愛犬が嫌がることでも、時には心を鬼にしてでも、しなければいけないのです・・・。 ここではそんな愛犬が嫌いな……

犬の雑学

ギネスブックに載った犬達 世界記録をもつ犬を一挙ご紹介!

世界中で記録されるさまざまな世界一を認定しているギネスブック。人間だけでなく動物達が達成した記録も認定されています。もちろん犬の世界一記録もさまざま。誰が考えたのかと思うような面白い記録もあ……

犬の雑学

犬にとって多頭飼いは幸せ?多頭飼育する前に確認しておくことって何?

犬が大好きな飼い主さん、家にいる犬に兄弟をお迎えしたいと考えることもあるのではないでしょうか? そんな憧れの多頭飼いですが、先住犬がいる場合には、特に気をつけてほしいことがたくさんあります……

犬の雑学

飼い主さんに朗報! ペットと暮らすと「やさしい子」に育つってほんと?

人間とは長い歴史を持つ「ペット」。親がペットをかわいがる環境で暮らすと「やさしい子」に育つのはご存じでしょうか? 小学校・高学年を対象にした調査では、親が世話をする姿をみて暮らすと、や……

犬のニュース

6月4日は虫歯予防の日!愛犬だって歯のケアを忘れずに

記念日って一年中たくさんありますよね。海の日や山の日などの国民の休日や、様々な公的機関が定めた記念日など色々です。6月4日は語呂合わせで「むし」と読めることから、1928年に日本歯科医師会が……

犬の雑学

外出前にもう一度確認を!愛犬の事故が起きやすい室内の注意ポイント

つい安心だろうと気を抜いてしまいがちな室内。しかし室内にいたとしても愛犬の怪我や事故が起こる可能性は0とはいえません。飼い主はどのようなポイントに注意したほうが良いのでしょうか?今回の記事で……

犬の雑学

耳がピンとなってたら興味津々!愛犬のヒントを見逃すな!

人間は犬と会話をすることはできません。でも表情の変化やちょっとした仕草の違いに気づくことで、犬と話せなくても気持ちを読み取ることができます! 今回は犬の感情を知るヒントになる体のポイントの……

犬の雑学

犬の飼い主さんに一度は読んでほしい「犬の十戒」。犬との関係を考えされられます。

「犬の十戒」という犬からの10のお願い文があるのをご存知でしょうか?作者不明のまま世界中に広まった詩のような文章で、犬と人間との理想的な関係を犬の立場から語りかけるという内容になっています。……

犬の雑学

絶好の撮影シーズン到来!愛犬をかわいく撮る方法

スマホで手軽に、一眼レフで本格的に、愛犬のかわいい姿はたくさん写真に残したくなりますよね。 これからの季節におすすめなのが、咲きはじめるきれいな花や新緑といっしょに撮ること! ここでは、……

犬の雑学

鼻同士をチョン!犬式のごあいさつを理解して愛犬との絆を強めよう!

わたし達は人に会った時「こんにちは」と声をかけたり、握手をしたりしてあいさつを行います。 では言葉を話せない犬たちはどうなのでしょうか?実は犬達も、ちゃんとお互いにあいさつしているんです。……

犬の雑学

まだまだ侮れない!犬の静電気を軽減するためのコツとは?

寒い季節の悩みの一つに挙がる静電気。痛くてびっくりしてしまう静電気を軽減するには、どのような方法が効果的なのでしょうか?すぐにできる対策方法や軽減のコツをご紹介します。 ワンちゃんだっ……

犬の雑学

多機能な防護服?犬種によっても様々な被毛の役割をご紹介!

わんちゃんの被毛(コート)は、犬種によって実に様々。 ふわふわと触り心地が良かったり、短毛でかっこよかったりと私たちを楽しませてくれますが、犬の被毛には多くに役割があることをご存知でしょう……

犬の雑学

環境をもう一度確認!愛犬の熱中症を予防しよう!

年々厳しさを増しているように感じる日本の夏。過去の観測データを見てみると、観測史上一番暑かった日は、なんと41℃。灼熱と表現できるほどの暑さです。そこまで暑くなるのは稀なことですが、例年真夏……

犬の雑学

放熱ウェア?接触冷感ベッド?愛犬が猛暑に負けないアイテムがたくさん!!

そろそろ暑い季節を迎えますが、人間も犬も体調不良を起こしやすくなります。 犬は人間よりも毛が多く汗腺も少なく、体温調節が難しいのでしっかりケアをしてあげることが大切です。 暑さに……

犬の雑学

雨ばかりで憂鬱なのは犬も同じ!梅雨の時期に気をつけたい愛犬のストレスと対処法

春は気候も暖かく過ごしやすい時期ですが、春が過ぎると梅雨がやってきますね。梅雨はジメジメするし、嫌になってしまいますよね。 梅雨は連日雨が降り続き、なかなか愛犬を散歩に連れて行けずに困……

犬の雑学

身体の回復を助ける犬たち~セラピードッグの持つ力~

パートナーとして、長く人と寄り添ってきた犬達。 現代では、ペットとして生活する以外にも色々な役割を持った犬が活躍していますが、「セラピードッグ」のことはご存知でしょうか? ここでは、セラ……

犬の雑学

犬の人気者になりたいあなたへ!犬に好かれる人の特徴とは?

犬を飼っている方の中には、家の子、よその子関わらず、犬が好きで好きで仕方がない!という方も多いのではないでしょうか。 道端で会う犬や友人宅の犬とも仲良くなりたい、でもなぜかいつも上手くいか……

犬の雑学