2017年6月12日更新

自らの危険を顧みず、多くの命を救う災害救助犬!厳しい訓練を乗り越えた精鋭たち

日本ではまだあまり浸透していない災害救助犬。
災害現場で生き埋めになっている方や、亡くなった方を探し出して知らせるという、とても大きな役割を担っています。

震災の多い日本では欠かせないであろう災害救助犬ですが、まだまだ普及しきっていない背景には、どんな理由があるのでしょうか?

海外の災害救助犬事情


ヨーロッパでは古くから歴史があり、国際救助犬連盟(IRO)という大きな団体で統括されています。

たとえば17世紀より山岳救助犬の歴史を持つことから、災害救助犬が始まった国と言われるスイス。
スイスの救助犬は陸軍によって育成され、世界最高レベルの救助犬と名高い精鋭たちです。
その多くはバーニーズマウンテンやセントバーナード。首元に小さな樽を下げた姿を写真などで見かけたことはありませんか?

中でもセントバーナードのバリーは生涯で40名もの遭難者を救助したというレジェンドです。

遅れをとる日本の災害救助犬事情

一方日本では1995年1月の阪神淡路大震災の際、海外から災害救助犬が派遣され関心が高まります。

しかし日本国内ではまだ歴史が浅く、1990年にジャパンケネルクラブが事業計画を開始。その後4団体の大きな災害救助犬組織が出来上がります。
東日本大震災、熊本地震、また土砂崩れや雪崩での行方不明者の捜索、ネパール地震やパキスタン大地震と海外へも活動の幅を広げています。

ただ現在のところそれぞれの団体で認定基準はバラバラでレベルに差があり、まだ発展の段階にあるともいえるでしょう。

多岐に渡る捜索訓練


決まった臭いのお手本があり追っていく警察犬とは違い、災害救助犬の場合は不特定多数の生きた人間、もしくは亡くなった方を探さなくてはなりません。
また現場には救助の方やすでに救助された方も多数いる中で探すという、非常に訓練が難しいものです。

更に臭いを探す訓練だけではなく、実際に災害現場で捜索を行う災害救助犬の訓練は様々な危険のある場面を想定して行われます。

クリープ

伏せたまま狭い隙間をかいくぐっていきます。
瓦礫の間を捜索するための訓練です。

障害物

瓦礫や土砂が重なる中でも進んで行けるよう、階段やシーソーなどを使って不安定な場所も怖がらずに進めるようにする訓練です。

遠隔捜索

指示で左右、前へと進むようにする訓練です。人が進んでいけないような場所でも広範囲に捜索できます。

瓦礫捜索

倒壊したビルや家屋を想定して、現場と同じ環境で足場が不安定な中、訓練をします。

土砂捜索

臭いの探知が難しい、土砂の中に人が埋まってしまった場合を想定して行う訓練です。

水難捜索

落水者や溺れている人のところへ浮き輪を持っていき、引っ張ってくる訓練です。

雪難捜索

雪崩や雪山での遭難者を想定し、雪に埋まっている人、倒れている人に反応するように訓練します。

ホイスト

災害地へ車で入っていけない場合に、ヘリコプターで上空から降下することを想定した訓練です。

災害救助犬が怪我をしてしまうことも


訓練内容だけでもヘリコプターで高いところから降り、水の中を人を引いて泳ぎ、雪や瓦礫の中を捜索したりと、とてもハードなお仕事。
実際の現場では犬自身が怪我をしてしまうことも少なくありません。

広島土砂災害の際、出動した84頭の災害救助犬が泥まみれになりながら働く姿に心打たれた方もいることでしょう。
その際に瓦礫の中で犬たちが怪我をするのではと多くの声が寄せられたといいます。

アメリカのニューヨーク同時多発テロの際、救助犬たちはブーツを着用して捜索している姿がニュースで見られました。
日本でも各ハンドラーがブーツを携帯し、状況により履かせるか否かを判断しているようです。ただぬかるんでいる場所などでは肉球や爪の役割は大きく、ブーツを履かせることで犬が転倒することもあるかもしれません。
判断が難しいところではありますね。

できることなら…

災害救助犬に命を救われた、家族を助けてもらったという方は世界中に沢山います。
こと震災の多い日本では、災害救助犬の数もトレーナーもまだまだ不足しています。一般の家庭犬が災害の際には活躍できるような体制を整えることも期待されています。

しかしできることなら、犬が危険な場所で仕事をすることがない日が来てくれればいいなと、機械の進歩を願って止みません。

長谷川真理恵



JKC A級トリマー、JKC C級ハンドラー

グルーミングスクールに4年通い、JKC A級トリマーライセンス、JKC C級ハンドラーライセンスを取得。フリーのトリマーとして働く傍ら、在学中にモデル犬として迎えたトイプードルのチャンピオン完成をきっかけに繁殖学・遺伝学を学び、ドイツやイギリスのブリーディングスタイルをモデルとして極少数頭のみのブリーディングを手掛ける。主人の海外赴任に伴い愛犬とともにドイツへ越した後、現在はベルギー在住。日本とは大きく異なるヨーロッパにおける"犬とは"を日々体感中。

関連記事

環境をもう一度確認!愛犬の熱中症を予防しよう!

年々厳しさを増しているように感じる日本の夏。過去の観測データを見てみると、観測史上一番暑かった日は、なんと41℃。灼熱と表現できるほどの暑さです。そこまで暑くなるのは稀なことですが、例年真夏……

犬の雑学

どんなおもちゃで遊びたい?愛犬の心をくすぐるおすすめおもちゃとは?

愛犬との生活って、ワクワクしますよね。大変なこともたくさんだけど、楽しいこともたくさんあるのが魅力です。 そんな愛犬との生活の中で、一緒に遊ぶときというのは、犬と人、双方が幸せになれる……

犬の雑学

鼻をピクピクさせるのは何故?ニオイを嗅ぐためだけじゃない犬の鼻の役割って?

犬は太古の昔から、人間のパートナーとしてともに生活してきた動物です。人間たちは犬を狩りなどに同行させていましたが、それは犬の嗅覚が非常に優れていたからです。 犬は嗅覚の動物とも呼ばれる……

犬の雑学

耳がピンとなってたら興味津々!愛犬のヒントを見逃すな!

人間は犬と会話をすることはできません。でも表情の変化やちょっとした仕草の違いに気づくことで、犬と話せなくても気持ちを読み取ることができます! 今回は犬の感情を知るヒントになる体のポイントの……

犬の雑学

小型犬は気が強い!?飼って実感する「小型犬のあるある」6選!

チョコチョコと歩き回る姿がキュートな小型犬。まるで動くぬいぐるみみたいで抱きしめたくなってしまいます。今回は小型犬を飼っている人なら「あるある~」とうなずいてしまいそうな、小型犬ならではのエ……

犬の雑学

愛犬と一緒のお出かけ!犬と電車に乗る時のマナー編

ポカポカと暖かい春、愛犬とおでかけしたい季節がやってきました! 車での外出はもちろんですが、場合によっては電車を利用することもありますよね。 ここでは、愛犬と一緒に電車を利用する際のマナ……

犬の雑学

【愛犬のサイエンス】犬から見た世界ってどんな感じ?犬の視覚を解説

こちらの気持ちを伺うかのように、ジッと見つめてくる愛犬。犬を飼っている方なら、日常生活でよく見かける場面かもしれません。そんな時、ふと「愛犬には自分の姿がどんな風に見えているんだろう?」と考……

犬の雑学

もう塩対応はイヤ!犬に大好きになってもらえるコツをご紹介!

特別何かしているようには見えないのに、犬にすごく好かれる人っていませんか?犬好きからすると、うらやましくてちょっとヤキモチを感じてしまいますよね。犬にもっと好かれる人になるには何かコツがある……

犬の雑学

【愛犬の気持ちを知りたい!】お尻を向けてくる犬。どう思われているのかな??

犬の飼い主さん、飼い犬があなたのそばに寄ってきてスッとお尻を向けてくることありませんか?時には、そのままお尻をくっつけてきたり。なんかちょっと小馬鹿にされているように感じるかもしれません。何……

犬の雑学

【犬の抜け毛お掃除法】気になる愛犬の抜け毛はこれで快適!

犬の飼い主さんの多くが抱える悩み、それは愛犬の「抜け毛」。特に換毛期と呼ばれる春や秋の時期になると、すごい量の抜け毛が出る犬種もいますよね。家の外で飼っている場合にはそこまで気にならないかも……

犬の雑学

犬の人気者になりたいあなたへ!犬に好かれる人の特徴とは?

犬を飼っている方の中には、家の子、よその子関わらず、犬が好きで好きで仕方がない!という方も多いのではないでしょうか。 道端で会う犬や友人宅の犬とも仲良くなりたい、でもなぜかいつも上手くいか……

犬の雑学

犬が大好きな人でも意外と知らない?!犬の雑学 5選

飼い主さんなら毎日身近なところにいる家族のような犬ですが、調べてみると意外な事実がたくさんあります。そこで今回は、まだあまり知られていない犬の体の秘密、犬の歴史、ギネスに登録されている犬など……

犬のニュース

準備はばっちり?初めて犬をお迎えするためのお部屋づくりを解説!

ついに念願のわんちゃんを我が家にお迎え!とてもワクワクしますね。愛犬と楽しい生活を送るためにはお部屋づくりが欠かせません。今回の記事では、犬を初めて家族としてお迎えする前に準備しておきたい、……

犬の雑学

愛犬のために知っておきたい!春のお散歩の注意点

だんだんと暖かい日も多くなり、冬は寒くて出かけるのが億劫だった飼い主さんも愛犬とお散歩に行くのが楽しくなる季節ですね。 ここでは、「春のお散歩」にポイントを絞って、愛犬のために注意したいこ……

犬の雑学

【全30問】すべての犬種を答えられるか!?犬種当てクイズ(*´ω`*)!!

写真の犬の種類を選択肢から選んでクリック!あなたは何問正解できるか!? ……

犬の雑学

犬は人の最大の理解者!犬がペットになるまでの道のりは長かった!

私たちの家族として、親友として、理解者として、常に忠実に寄り添ってくれる犬。人間の最大の理解者ともいえる犬は初めから人のそばに寄り添い存在していたわけではありません。 どのようにして人と犬……

犬の雑学

老後も元気に歩けるように、愛犬のためにおすすめの床対策

和室より洋室が主となってきた現代の住宅事情。飼い主さんにとっては掃除やしやすいというメリットがあるフローリングやタイル。特にまだ若い犬がいる場合には掃除がしやすいというのは大変便利ですよね。……

犬の雑学

犬の適温って?暖房器具を使用するときの注意ポイント

寒い冬、エアコンやヒーターを使って室温を保つのが一般的ですよね。 「寒がりの我が家の愛犬もこれで一安心」と思いがちですが、暖房器具を使う時には気をつけたいことがたくさんあるのです。 また……

犬の雑学

掃除機やドライヤー以外も!犬が嫌がる音ってどんな音?

ある音が聞こえると、愛犬がひどく吠えたり、怖がって隠れてしまったりすることってありませんか? 人間でも「黒板を爪でひっかく音が苦手」「歯医者さんの機械音がどうしても駄目」など、嫌いな音って……

犬の雑学

飼い犬の吠え声が気になる?!簡単にできる防音対策をご紹介!!

「うちの犬、可愛くてとっても癒されるんだけど、吠え癖があってご近所に迷惑をかけてないか心配」。そんな風にお困りの飼い主さん、多いのではないでしょうか。一軒家でも犬の吠え声の大きさは気になりま……

犬の雑学