2017年6月3日更新

多くの人に知って理解して欲しい、視覚障害者を支える盲導犬のお仕事とは

人間のために一定の仕事をするように訓練された犬たち、使役犬。
そんな使役犬の中でも、よく知られている中の一つに盲導犬というお仕事があります。

目の見えない方が安全に、行きたい場所へ行くためのガイドをする盲導犬。
そんな重要な役割を果たす彼らの歴史やそれに関わる人たちについて、ご紹介します。

盲導犬の歴史は1世紀から!?


現在のような盲導犬の歴史は100年ほどで、組織的に訓練されるようになったのは1916年、第一次世界大戦後のドイツでした。
当時軍用犬を育成していたハインリッヒ・スターリン博士の発案で、盲導犬の訓練方法が考えられます。

1916年8月にはドイツ・オルデンブルグで世界初となる盲導犬訓練学校が設立され、その2ヶ月後には盲導犬第一号が誕生します。この第一号犬とポール・フェイエン氏の写る写真は現在も残っています。

その後ドイツ国内で盲導犬訓練学校は9ヶ所に広がり、1920年代にはヨーロッパやアメリカ、カナダ、ロシアに盲導犬を輸出。
そして盲導犬訓練学校は1929年にはアメリカ、1931年にはイギリスでも誕生します。

組織的な盲導犬育成はドイツが始まりですが、1世紀にヴェスヴィオ火山の噴火でうもれた都市、イタリア・ポンペイの壁画には、目の不自由な人と犬が一緒に歩く様子が描かれているそうです。

日本での歴史は約50年

1939年にはドイツから日本へ、盲目の退役軍人のため4頭のシェパードが輸出され、これが初めての盲導犬となります。しかしその後第二次世界大戦で盲導犬育成は一旦消失。

戦後の復興の中で1967年日本盲導犬協会が設立されます。

現在では徐々に実働数を伸ばし、日本国内では1000頭ほどの盲導犬が活躍しています。
世界で活躍する盲導犬の数は2万頭ほどですが、その半数がアメリカ。意外にも発祥の地ドイツでは1500頭と少なく、利用者は視覚障害者の1~2%なのだそうで、広大なドイツで盲導犬に出会うことはありませんでした。

盲導犬に適した犬種って?


私たちが盲導犬と聞いて思い浮かべるのはラブラドール・レトリバーでしょうか。
その他にゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバーのミックス犬が多く活躍しています。

その理由は

  • 環境への適応能力が高い
  • 人を誘導するのにちょうど良い大きさ
  • 垂れ耳に優しい目が周囲へ威圧感を与えない

という3つ。
お手入れの楽さという観点から、日本ではゴールデン・レトリバーは少なめです。

盲導犬に関わる人たち


盲導犬を育て、訓練し利用者のもとへ届けるまで、そして盲導犬の引退後と沢山の方々が盲導犬と関わりを持ちます。

繁殖犬飼育ボランティア

盲導犬の資質を持った母犬、父犬を家族として迎え、繁殖引退まで預かるボランティアです。
繁殖自体は日本盲導犬協会が行い、繁殖引退後も登録して引退犬飼育ボランティアとなることもできます。

パピーウォーカー

一昔前にドラマにもなったので知っている方は多いかもしれませんね。
盲導犬候補の子犬を10ヶ月預かり、犬にとって大事な社会化期をともに過ごします。
様々な場所、音、人、物に慣れ、人間への信頼感を育む大事な役割です。

訓練士

もはや説明不要でしょうか。
盲導犬候補生に訓練を行い、何をするべきかを教えていくお仕事です。

盲導犬歩行指導員

目の不自由な方と盲導犬の歩行指導を行うお仕事で、盲導犬訓練へのより深い知識と、目の不自由な方への歩行の指導力を要する、とても難しいお仕事です。

キャリアチェンジ犬飼育ボランティア

全ての候補犬が盲導犬になれるわけではなく、盲導犬に向かないと判断された犬を引き取り家族の一員として迎えるボランティアです。
中にはPR犬や介助犬に進路変更する場合もあります。

引退犬ボランティア

盲導犬を引退した犬、繁殖犬を引退した犬がその寿命をまっとうするまで、家族として受け入れるボランティアです。
多くは10歳前後、よく訓練された穏やかな犬たちです。

その他にもケンネルボランティア、イベントボランティア、縫製ボランティアなど様々な方が盲導犬育成を支えています。

日本が抱える問題


ある程度認知度の高い盲導犬ですが、店舗での受け入れ拒否という問題が未だ後を絶ちません。

盲導犬の公共交通機関の利用及び、施設利用、入店は2002年に施行された身体障害者補助犬法により保障されており、正当な理由なしに受け入れ拒否することは出来ません。
スーパーでも、飲食店でも、宿泊施設でも、タクシーでも。
盲導犬の同伴は法律で認められているという事実はまだあまり認知されていないのが現状です。

また極一部の利用者による盲導犬への不当な扱いも一時、問題になりました。
目の不自由な方に対しても、盲導犬に対しても、暖かく見守っていける社会になるといいですね。

長谷川真理恵



JKC A級トリマー、JKC C級ハンドラー

グルーミングスクールに4年通い、JKC A級トリマーライセンス、JKC C級ハンドラーライセンスを取得。フリーのトリマーとして働く傍ら、在学中にモデル犬として迎えたトイプードルのチャンピオン完成をきっかけに繁殖学・遺伝学を学び、ドイツやイギリスのブリーディングスタイルをモデルとして極少数頭のみのブリーディングを手掛ける。主人の海外赴任に伴い愛犬とともにドイツへ越した後、現在はベルギー在住。日本とは大きく異なるヨーロッパにおける"犬とは"を日々体感中。

関連記事

犬同士の挨拶を理解できてる?飼い主さんが気をつけるべきポイント!

お散歩中や公園などでわんちゃん同士が出会うことは多いですが、犬同士のコミュニケーションについて、きちんと理解していますか? ここでは、犬同士のあいさつの方法と、飼い主さんが気をつけるべきポ……

犬の雑学

雨ばかりで憂鬱なのは犬も同じ!梅雨の時期に気をつけたい愛犬のストレスと対処法

春は気候も暖かく過ごしやすい時期ですが、春が過ぎると梅雨がやってきますね。梅雨はジメジメするし、嫌になってしまいますよね。 梅雨は連日雨が降り続き、なかなか愛犬を散歩に連れて行けずに困……

犬の雑学

愛犬が花粉の運び屋に!?愛犬のお散歩で考えたい花粉症対策

4月に入り暖かい日が増え始めるにつれ、花粉症の方にとっては辛い季節がやってきました。毎日ティッシュとマスクが手放せず、万全の対策をとっても苦しい花粉症。 愛犬にとってはお出かけ日和でも……

犬の雑学

ぽかぽか陽気に包まれて!春のお散歩はココがおすすめ!

春はお散歩の季節♪ 寒い冬が終わり、ぽかぽかと暖かい気候が続くようになると、春の到来を感じますよね。犬は雪の中でも庭をかけ回るという曲があるほど元気な動物ですが、やっぱり暖かい季節……

犬の雑学

掃除機やドライヤー以外も!犬が嫌がる音ってどんな音?

ある音が聞こえると、愛犬がひどく吠えたり、怖がって隠れてしまったりすることってありませんか? 人間でも「黒板を爪でひっかく音が苦手」「歯医者さんの機械音がどうしても駄目」など、嫌いな音って……

犬の雑学

警察犬のチワワもいる!!よく知らない警察犬についてのあれこれ。

テレビのニュースで見かけることのある、警察犬。 警察官とともに事件解決のために活躍する犬のことだと知っているけれど、 実際にどんな仕事をしているのかよくわからない・・・という方も多いので……

犬の雑学

【愛犬も要注意!】生ものだけじゃない!梅雨の食中毒に気をつけよう

だんだんと蒸し暑くなってくる、これからの季節。 ジメジメと湿気も多く、菌も繁殖しやすいため、食中毒が起こりやすくなっています。 ここでは、この時期に気をつけたい食中毒の予防法について、詳……

犬の雑学

犬の飼い主さんに一度は読んでほしい「犬の十戒」。犬との関係を考えされられます。

「犬の十戒」という犬からの10のお願い文があるのをご存知でしょうか?作者不明のまま世界中に広まった詩のような文章で、犬と人間との理想的な関係を犬の立場から語りかけるという内容になっています。……

犬の雑学

飼い主必見!小型犬の防寒対策と気をつけたいポイント

毎日寒い日が続きますが、愛犬の寒さ対策は万全ですか? 「犬は喜び庭駆け回り~♪」の童謡の歌詞にある通り、犬は寒さに強いイメージがありますよね。 一般的に、小型犬の体温は38.6~39.2……

犬の雑学

老後も元気に歩けるように、愛犬のためにおすすめの床対策

和室より洋室が主となってきた現代の住宅事情。飼い主さんにとっては掃除やしやすいというメリットがあるフローリングやタイル。特にまだ若い犬がいる場合には掃除がしやすいというのは大変便利ですよね。……

犬の雑学

【犬の抜け毛お掃除法】気になる愛犬の抜け毛はこれで快適!

犬の飼い主さんの多くが抱える悩み、それは愛犬の「抜け毛」。特に換毛期と呼ばれる春や秋の時期になると、すごい量の抜け毛が出る犬種もいますよね。家の外で飼っている場合にはそこまで気にならないかも……

犬の雑学

飼っている犬が人に危害を加えたら…?飼い犬のトラブルについて。

飼っているペットが他人に怪我を負わせたり、他人のモノを壊すというトラブルは決して少なくありません。 場合によっては刑事事件になることすらありますので、犬を飼っている人や、猫を放し飼いに……

犬の雑学

【犬と猫はここが違う?】同じ仕草でも意味が真逆。犬と猫の不思議な行動

ペットとして同じように可愛がられている犬と猫ですが、時にその仕草の意味や反応がまったく逆の意味をもっていることがあります。少女マンガ家の松本ひで吉先生は、連載の「さばげぶっ!」の中で、お菓子……

犬の雑学

愛犬と一緒のお出かけ!犬と電車に乗る時のマナー編

ポカポカと暖かい春、愛犬とおでかけしたい季節がやってきました! 車での外出はもちろんですが、場合によっては電車を利用することもありますよね。 ここでは、愛犬と一緒に電車を利用する際のマナ……

犬の雑学

愛犬と一緒に!春に行きたいおでかけスポット~兵庫エリア編~

ポカポカと暖かい春、愛犬とおでかけしたい季節がやってきました! 近所のお散歩もいいですが、たまにはちょっと足を延ばしてみませんか? ここでは、兵庫県内にある愛犬といっしょに楽しめるスポッ……

犬の雑学

犬がボールを持ってこない…愛犬と楽しく遊ぶ「持って来い」あそびのコツは?!

愛犬と遊ぶことは、大切なコミュニケーションのひとつですが、ルールを作って遊ぶことができていますか? 愛犬が楽しく遊んでいる姿を見ると、飼い主さんもうれしいですよね。 でも、そんな楽しい時……

犬の雑学

ギネスブックに載った犬達 世界記録をもつ犬を一挙ご紹介!

世界中で記録されるさまざまな世界一を認定しているギネスブック。人間だけでなく動物達が達成した記録も認定されています。もちろん犬の世界一記録もさまざま。誰が考えたのかと思うような面白い記録もあ……

犬の雑学

外出前にもう一度確認を!愛犬の事故が起きやすい室内の注意ポイント

つい安心だろうと気を抜いてしまいがちな室内。しかし室内にいたとしても愛犬の怪我や事故が起こる可能性は0とはいえません。飼い主はどのようなポイントに注意したほうが良いのでしょうか?今回の記事で……

犬の雑学

介助犬って知っていますか?その役割と現状とは

身体が不自由な人のパートナーとして働く犬はたくさんいますが、そのひとつに「介助犬」という仕事があります。 介助犬とは、身体が不自由な人の日常生活の手助けをしてくれる犬のことですが、実際には……

犬の雑学

梅雨でも楽しめる!室内のドッグラン特集【関西編】

雨ばかりのこの季節、お散歩になかなか行けず運動不足になってしまうワンちゃんも多いのではないでしょうか。そんな時は少し足を伸ばして室内ドッグランへ行ってみましょう!天候に左右されることなく運動……

犬の雑学