2017年5月26日更新

雨ばかりで憂鬱なのは犬も同じ!梅雨の時期に気をつけたい愛犬のストレスと対処法

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

春は気候も暖かく過ごしやすい時期ですが、春が過ぎると梅雨がやってきますね。梅雨はジメジメするし、嫌になってしまいますよね。

梅雨は連日雨が降り続き、なかなか愛犬を散歩に連れて行けずに困ってしまうという人も多いでしょう。そして犬も犬で、散歩ができないと運動不足を感じてイライラしがちになってしまいます。散歩は運動不足解消のほか、他の犬と出会って情報交換をする、わんちゃんにとっても楽しい時間なので、出かけられないというのは辛いものです。

 

梅雨時期の犬のストレス発散方法

運動して体を動かす

いつも活発で、家の中を走り回っているようなわんちゃんは、1日散歩にいけないだけでも大きなストレスとなってしまいます。イライラを発散しようと家具をかじったり、いつになく吠えたりするので、飼い主としても不満が募ってしまいます。

そんな活発でよく動くわんちゃんの心を満たすには、家の中でも思い切り走らせてあげると良いでしょう。

ボール遊び

ボール遊びは、わんちゃんがとても大好きな遊びのひとつです。

まず、わんちゃんを遊ばせる部屋を少し片付け、犬がぶつかる危険性のある障害物などを取り除いて広いスペースを作ってあげます。そこで、ボールを投げてとってこさせる遊びを行うのです。

犬は思う存分走れるのでストレス解消できますし、飼い主側としても犬とのコミュニケーションをとることができるのでより絆を深めることができます。

ただ、犬が走り回るので、滑る場所がないかをチェックしてから行ってください。

かくれんぼ・追いかけっこ

家の中に廊下があれば、廊下を使って犬と一緒に追いかけっこやかくれんぼを楽しんでも良いでしょう。

廊下に滑り止め用のマットなどを敷き、そこを走って犬と追いかけっこをすると、犬も「グルル……ワン!」と言いながら楽しそうに追いかけてきたり逃げたりします。

さらに、廊下を伝って部屋に入ったら、ドアの裏側などに隠れて見ても良いでしょう。追いかけてきた犬があなたの姿を探してキョロキョロし始めたら、「ワッ!」と驚かすと、ますます犬は大興奮して楽しむことができます。

頭を使ってエネルギー消費

賃貸などで家に長い廊下がなく、あまり犬を走り回らせることができないという場合には、犬に頭を使わせるのが良いでしょう。

人間もそうですが、何かを考えたりする時に脳を使うと、深く考えれば考えるほどエネルギーを使用して脳や体が疲れます。思い切り脳を使わせることで、犬もエネルギーが有り余ることがなく、ストレス解消につながるのです。

脳を使うゲームでは、おやつを入れて取り出させるおもちゃを使ったり、布の下におもちゃやおやつを忍ばせて行う宝探しゲームがおすすめです。

まとめ

いかがですか?梅雨は鬱陶しくてストレスが溜まりがちな季節ですが、しっかりわんちゃんの不満を取り除いてあげることができれば、梅雨でも明るく楽しく過ごせるでしょう。

そんな風に室内での生活を楽しみながら、梅雨が明けたらわんちゃんを散歩やドッグランなどに連れて行って、思いっきり走らせてあげましょう!