2017年6月11日更新

環境をもう一度確認!愛犬の熱中症を予防しよう!

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

年々厳しさを増しているように感じる日本の夏。過去の観測データを見てみると、観測史上一番暑かった日は、なんと41℃。灼熱と表現できるほどの暑さです。そこまで暑くなるのは稀なことですが、例年真夏には30℃を超えるところも多いですよね。犬たちにとってもこの暑い夏を乗り切るのは一大事。今回は、愛犬のための暑さ対策をお送りします。

 

愛犬の熱中症に注意!暑さ対策が大事なワケ

「真夏日に熱中症で何名か病院に運ばれた」。
暑さが厳しくなると、頻繁に耳にするニュースです。

熱中症とは、強い暑さのため上昇した体温を放出することができず、体温が異常に高くなってしまうことを言います。症状が軽ければ、気分が悪くなったり手足がしびれたりするくらいですが、重度になると意識を失い、、肝臓や腎臓の機能障害、最悪の場合には死亡することもあります。

犬は全身を毛に覆われている上に汗をかかないので、体の中に熱がこもりやすく、暑さに弱いという特徴があります。特に、パグやフレンチブルドッグなどの短頭種や寒冷地方原産の犬種、肥満気味の犬、幼犬や老犬は熱中症になりやすいと言われ、注意が必要です。

室内犬のための暑さ対策


では、愛犬のためにどんな暑さ対策ができるのでしょうか。
まずは、室内飼いの犬のための暑さ対策をまとめてみました。

水分補給はしっかりと

とにかく水を欠かさないことが大切です。汗をかかない犬にとって、飲み水は体温調節のためにとても大事。留守番させる時には、家の中の色々な場所に飲み水を置いておくようにしましょう。

エアコンで徹底した室温管理

人間は扇風機で涼しくなりますが、汗をかかない犬にとって扇風機はさほど効果がありません。エアコンを使って愛犬が過ごしやすい室温に保つようにしましょう。しかし、冷気は下に溜まりますので冷やし過ぎても愛犬が体調を崩してしまいますので、適正な室温にするよう徹底しましょう。

ペットボトルで簡単クーラー

水を入れて凍らせたペットボトルや保冷剤を使うと簡単にクーラー替わりにできます。直接だと冷たすぎるので、タオルなどで包んであげましょう。

 

屋外犬のための暑さ対策


では、次に屋外で飼っている愛犬のためにできる暑さ対策をご紹介します。

犬小屋の場所を見直す

犬小屋や愛犬の定位置に真夏の直射日光が当たっていないか確認しましょう。敷地の中でも、より風通しが良く、日陰の場所に移動してあげるといいですね。

すのこを有効活用

愛犬の定位置があるなら、その近くにすのこを置いておくのも良い方法。すのこは隙間がたくさんあるので通気性が良く、熱がこもりません。

日中には散歩に行かない

これは屋外で飼っている犬だけでなく、室内飼いの犬にも当てはまる対策です。日中のアスファルトは太陽光線を受けて、まるで熱された鉄板のよう。そんなところを肉球で歩くのは酷な話です。できれば朝早くか、夕方に散歩に連れて行ってあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?
厳しい夏も工夫次第では、快適に過ごせるはず。人間にとって暑いなら、犬にとってはもっと暑いということを忘れず、今回取り上げたアイデアを参考に来る猛暑を乗り切りましょう。

 
 

関連カテゴリ