2017年6月7日更新

うちの犬もこんなに速い?!愛犬の素晴らしい走行能力をご紹介!

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬を広いドッグランやノーリードOKな公園で遊ばせると、広いスペースに興奮したのか凄いスピードで走り回りますよね。「うちの子、こんなに早く走れたの!?」と驚いてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。実際犬たちはどれくらいのスピードで走ることができるのでしょうか。また、最高速度は一体どれくらなんでしょうか。今回は、犬の「走る能力」に注目して解説していきます。

 

犬の走る能力~短距離編~

人間の陸上競技を見ると、走力を競う競技は多くの場合短距離と長距離で種目が分かれていますよね。そこで、犬たちの走る能力についても、短距離と長距離に分けて見ていきましょう。
まずは、短距離から。

人間の陸上競技で短距離というと、多くの方が世界最速の男ウサイン・ボルト選手を思い出すのではないでしょうか。100m9.58秒という凄まじい記録を打ち立て、2017年現在もトップアスリートとして最前線に立っています。では、犬界のウサイン・ボルトと呼べる犬種はいるのでしょうか。

やはり全犬種最速のグレイハウンドがふさわしいと言えるでしょう。
グレイハウンドは優れた猟犬としてイングランドの王族たちに珍重された犬種で、スマートで流線形の体格が特徴的な犬です。猟犬として以外にもドッグレースでその名を馳せた人気犬種です。
気になるそのスピードですが、グレイハウンドはなんと最高時速72kmに達したという記録が残されています。チーターに迫る勢い?!と表現しても言い過ぎじゃありませんよね。

足の速い犬種一覧

  • ウィペット・・・グレイハウンド同様、ドッグレースで活躍。最高時速55kmほどで走る。
  • ワイマラナー・・・ドイツ出身のあらゆる用途に適した猟犬。最高時速55kmほど。
  • ボルゾイ・・・ロシア原産の大型の猟犬。ボルゾイも時速50km以上で走る。
  • ビズラ・・・ハンガリーで生まれた猟犬。ワイマラナーの先祖とも言われる。時速60kmほどで走る。
  • サルーキ・・・ガゼルハウンドの異名を持つ古代犬種。最高時速69kmと言われているが、時速90kmで逃げるガゼルを狩る猟犬であることを考えると、グレイハウンドよりも速いという意見もある。

犬の走る能力~長距離編~

走る能力は、何も短距離だけではありません。
短距離が爆発力を競う競技なら、長距離走は忍耐力や長時間でも折れない精神力を競う競技と言えるかもしれません。
犬の長距離走と言えば、犬ぞりレースが有名です。シベリアンハスキーやアラスカンマラミュートなどの犬種が活躍する犬ぞりレースですが、世界各地で開催されている人気競技で、長距離レースになると1,200kmという途方もない距離を走破します。
その走破距離も驚きですが、走行スピードも目を見張るものがあり、シベリアンハスキーは犬ぞりレースの中でフルマラソンの距離を1時間半ほどで走り抜けたそうです。

 

まとめ

走ることにおいて素晴らしい能力を発揮する犬たち。
足の速い犬種は体形も流線型で美しく、気品が感じられますよね。
長距離においても、強靭な体力を誇るシベリアンハスキーやアラスカンマラミュート、アラスカンハスキー、サモエド、樺太犬など力強い犬種ぞろい。
犬の能力を改めて考えると、本当に感動させられますね。

 
 

関連カテゴリ