2016年3月2日更新

【獣医師監修】小型犬に起こりやすい膝蓋骨脱臼の原因と対処方法

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

常に人気犬種の上位にランクインしている、チワワ、プードル、ポメラニアンなどの小型犬。

膝蓋骨脱臼はそんな小型犬が発症しやすい疾患です。小型犬の飼い主さんの中にはすでに動物病院で指摘された方もいらっしゃるかもしれません。今回はこの膝蓋骨脱臼についてご説明します。

 

膝蓋骨脱臼はなぜ起こるのか?

膝蓋骨脱臼は文字通り、膝のお皿の部分の骨(膝蓋骨)が内側もしくは外側に脱臼してしまう疾患です。外傷により起こることもありますが、先天的な異常によって起こることが多くあります。

犬種によって発生率に違いがあり、遺伝が関係しています。

歩いている時や、ジャンプをした時、ベッドやソファから飛び降りた時など、日常生活で普通に行なう運動の中で症状が現れることがしばしばあります。

症状・痛みはあるのか

後ろ足を挙げていたり、ひきずっていたりなど、歩き方の異変が見られます。ただし、症状が比較的軽い場合には、痛みがほとんどなく、歩いている途中に脱臼していた膝蓋骨が元の位置に戻るため、飼い主さんが気づいていないこともあります。

小型犬で歩き方に異変を感じない場合でも、健康診断やワクチン接種などで動物病院に行った時に、膝も触診してもらうといいかもしれません。

幸いな事に、脱臼している足自体にはほぼ痛みはないとされていますが、患部となる足を挙げてしまうため、他の足への負担がかかります。脱臼を起こしている足以外の足に二次的に痛みが起こってくるかもしれません。 治療は早めの方が良いでしょう。

 

治療方法

症状が軽い場合は、激しい運動を制限したり、リハビリを行なったりなどの治療が行われます。成長期の犬で症状が重度の場合は、膝蓋骨がはまっている部分の溝を深くするなどの手術を早めに行なうことがすすめられています。

膝蓋骨脱臼と診断されたら、何に気をつけたらいいのか

先天性の膝蓋骨脱臼は、遺伝が関係していますので、確実な予防方法はありません。

重度になってしまうと、手術での治療が必要になる可能性も高くなりますので、軽度の脱臼と診断された場合には、普段の生活の中で、悪化を防ぐよう気をつけてあげましょう。

体重の増加に注意

体重が増えすぎしまうことは、膝に負担をかける原因のひとつになります。

適切な運動により筋肉をつけることで、膝への負担を軽くできる場合もありますので、リハビリと体重コントロールのために、獣医師の指導のもとで適切に運動をさせてあげましょう。くれぐれも、過度な運動には要注意です。

ジャンプなどにも要注意

嬉しくて興奮している時などにジャンプを繰り返していることも多いのではないでしょうか?

ベッドやソファからの飛び降りも脱臼のきっかけになります。階段をつけてあげたり、スロープをつけてあげたりすると良いでしょう。

フローリングなどの固い床は滑りやすく、症状を重くすることがあります。滑らないように絨毯やマットなどを敷いてあげましょう。

先天性の膝蓋骨脱臼は遺伝的に起こってしまう疾患で、予防は難しいですが、早期に発見された場合には 日々の生活環境の見直しを行ない、症状が重くならないように気をつけてあげる事が大切ですね。