あなたも「猫」からインターナショナル。「猫」は外国語で何と呼ぶの?

外国語は苦手でも、猫好きなら世界中で猫がどんな言葉、発音で呼ばれているかは興味があるのではないでしょうか?聞かれてすぐに単語を思い出さなくても、耳慣れた単語として耳にしている可能性もあるかもしれませんね。今回は世界の言葉で「猫」や「猫の鳴き声」をどのように表現しているのか調べてみました。

 

発音が似ている国も多い、「猫」と言う言葉

cat(キャット)

ほぼ、誰もが知っているのは英語の「cat」でしょう。ちなみに子猫のことは「kitten」とか「kitty」と呼びますが、こちらも「ハローキティ」などでお馴染みですね。ちなみに「cat」というワードにはスラングで「意地悪女」や「ジャズ狂」などといった意味もあるようです。猫好きとしてはちょっと納得できませんが・・・。

Katze(カッツェ)

ドイツ語では猫のことをKatze(カッツェ)と呼びます。あまり一般的ではないかもしれませんが、「シュバルツカッツェ(黒猫)」というワインの名前で知っている方もいるかもしれませんね。

その他の国では?

その他の国では下記のような発音で猫を呼んでいます。中国では日本語と同じ漢字を使って異なる発音をする点が興味深いですね。

フランス語 → chat(シャ)
イタリア語 → gatto(ガット)
スペイン語 → gato(ガート)
ロシア語 → кошка(コーシカ)
マレー語 → kucing(クチン)
オランダ語 → KAT(カット)
ポルトガル語 → gato(ガト)
アラビア語 → قط(キット)
中国語 → 猫(マオ)
韓国語 → 고양이(ゴヤンイ)

 

世界では猫の鳴き声はどう表現されているの?

猫と言う単語の発音は国によってさまざまですが、鳴き声はどうなのでしょうか?

英語(英語) → meow(ミャウ)
英語(米語) → mew(ミュー)
フランス語 → miaou(ミャウ)
ドイツ語 → miau(ミアォ)
スペイン語 → miau(ミャウ)
イタリア語 → miao(ミャーオ)
ロシア語 → мяу(myau/ミャーウ)
スロヴェニア語 → mijav(ミヤゥ)
中国語 → 喵(miao/ミャオ)
韓国語 → 야옹(yaong/ヤオン)

鳴き声の方は聞こえる音をそのまま言葉にしているため、何となく似ていますね。どの国も「ニャー ニャー」のように繰り返して使うことが多いようです。

 

猫から広がる世界への窓

さて、外国語での「猫」や鳴き声の表現、あなたはいくつ知っていましたか?お菓子やお酒、レストラン名前などにもよく登場する「猫」という単語。外国語でさまざまな「猫」覚えておくと、猫との出逢いが広がりますよ。

関連記事