【猫のしつけ】★『降りて』『それはダメ』を猫にニャンとかうまく伝える方法

「テーブルに乗ったらダメって言ったでしょう!」

「痛い!いきなり噛まないで~!」

あぁ、もう…。とあなたは頭を抱えているかもしれませんが、愛猫は知らんぷりで毛づくろいをしていませんか?

伝えたいけど伝わらニャイ。人間と猫という関係がもどかしくなってしまいますよね。あなたは愛猫のしつけ、悩んだことはありませんか?

「叩くなどの体罰は絶対にNG」

「大きな声で叱っても無駄」

というのはもちろんわかっていますが、一体どうしたら気持ちを伝えられるのでしょうか。

今回は、「猫が乗ってはいけない場所に飛び乗ったとき」「ダメ、やめなさい!と伝えたいとき」に猫にわかりやすく気持ちを伝える方法をご紹介します。

 

『降りて』と猫に伝えたいとき

私も経験がありますが、猫はひょいと「ガスコンロ」の上に飛び乗ることがあります。我が家のコンロは点火ボタンが「プッシュ式」なので猫が飛び乗った瞬間に後ろ足でボタンに触れ、あわや「猫の丸焼き」になるところでした。

まさに心臓が凍る思い。熱いおかずが乗っているテーブルの上やガスコンロなど、猫が絶対に乗ってはいけない場所、どうしたら猫に「降りて」と伝えられるのでしょうか。

 

対策法

  1. テーブルの上など、猫が乗ってはいけない場所に乗っていたら、ポンポンと軽くお尻を押しながら、机の端まで猫を移動させます。その間「降りて」という言葉を繰り返してください。
  2. 机の端まできたら、床を指で指しながら、「降りて」と声をかけて猫を床に下ろします。
  3. 床に降りたら、すぐに愛猫が好きなおやつをご褒美にあげましょう。特別に好きなおもちゃで遊んであげてもOK。これを何度か繰り返せば、猫も「降りて」という言葉の意味を理解するようになり、降りて、というだけで自分から床に降りるようになります。
 

『それはダメ!』を猫に伝えたいとき

猫を撫でていたら、突然ガブリ。やられた経験のある飼い主さんは多いはず。この場合はどうしたら良いのでしょうか。

これは猫同士だったらどうするかを考えるとわかります。猫の喧嘩は「シャー!」「フー!」という声をあげて相手を威嚇しますよね。

これを真似て、猫に噛まれた瞬間「シャー!」「フー!」と声を出してみましょう。猫が驚いて口を離したら『それはダメ!』が伝わった証拠です。

ただこの方法は、猫がパニック状態になって飼い主さんに噛み付いたときなどはNGです。飼い主がシャー!ということで、猫をさらに興奮させてしまう可能性があります。

これは、お互いが信頼しあっていて、信頼関係ができていればこその解決策です。この信頼関係ができていれば、シャー!と飼い主が威嚇しても、その後猫との関係が悪化したり、猫に嫌われたりすることはないはずです。

いかがですか。猫のしつけ。知能的に考えると、猫は犬並みにしつけは可能だと言います。根気よく教えればできるはず。頑張って下さいね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

猫壱

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪