猫の中でも人気のキジトラは由緒正しい正統派?キジトラの特徴

猫の中でも人気の高いキジトラ。サバトラと混同されることも多いようですが、魚のサバのようにグレイ調の縞模様をもつのがサバトラ、鳥のキジに似た茶色と黒の縞模様をもつのがキジトラです。野性味を感じさせる姿とやんちゃな性格が猫好きの心を掴んで離さないようですが、一体、どんな猫なのでしょうか?

 

キジトラはもっとも猫らしい猫?

猫の祖先リビアヤマネコの直系?

猫のルーツは中東の砂漠に生息していたリビアヤマネコだと言われていますが、キジトラはリビアヤマネコがもつ縞模様の被毛をもっとも近いカタチで受け継いでいます。砂漠で小さな動物を捉えて生きていたリビアヤマネコにとって茶色や黒の混じった被毛のカラーは地面の色に近いため、敵から見つかりにくく、獲物からも気づかれにくい色だったのです。

黒白や三毛猫など、今ではよくある色の猫が生まれたのはずっと後、猫が家畜として飼われてからだと言われています。黒や白の体で砂漠を歩いていたのでは目立ってしまって生きていけないということなのでしょう。

日本に最初に来たのもキジトラ?

日本に猫が入ってきたのは奈良時代だと言われています。中国からの船にネズミ退治のために乗せてこられた猫が貴族の間で広まったのが日本の猫のルーツのようですが、その時の猫もキジトラだったと言われています。招き猫の存在から日本の猫というと三毛猫をイメージする人も多いようですが、実はキジトラの方が先輩だったのです。

1本の毛が縞模様なのが特徴

キジトラの毛は1本1本が黒と茶色の縞模様になっているのが特徴。キジトラの複雑な模様はその毛が集まったことでできています。また、鼻の回りが白くなりがちなりがちなこと、尻尾は先に行くに従って色が濃くなるのも特徴です。

 

元気で長生きが多いキジトラは飼いやすい猫

キジトラは原種に近いせいか比較的、健康体で病気が少ない方だと言われています。性格はやんちゃで、野性味が強いのが特徴。なかなかなつかない場合もあるようですが、一度、気を許すと甘えん坊になることも多いようです。飼う場合は、こんなキジトラの性格や特徴をよく理解して、ストレスのない環境を作ってあげてくださいね。

関連記事