2017年7月2日更新

エアコンなしでも夏を乗り切れる?猫が快適に過ごすための工夫

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

暑さに強いと言われる猫でも、夏はしっかりとした暑さ対策が必要です。ただ、自宅にエアコンが無かったり、故障してしまった時など、仕事で猫を留守番させなくてはいけない時があります。そんなときにおすすめのエアコンなしの暑さ対策についてご紹介します。

 

夏における猫の飼育上の注意点

猫の祖先が砂漠地帯で生息していたことから、猫は暑さに強いと考えられていますが、暑さ対策をしなくても良いという訳ではありません。中でも注意したいことは、

  • 室内の温度や湿度管理
  • 風通しの良さ
  • 水分補給

などです。気温が高くなくても湿度が高いと蒸し暑さを感じます。風通しが悪いと、熱中症になることもあります。そして、尿路疾患等になりやすい猫にとって、水分補給はとても大切なことです。

夏でも猫が快適に過ごすための工夫

飼い主の留守中に、エアコンをつけっぱなしにすることに抵抗があったり、エアコンが故障している場合などに活用できる工夫をご紹介します。

例えば、

  • 直射日光を避ける
  • 風の流れを作る
  • 凍らせたペットボトルをタオルで包み猫のそばに置く
  • 新鮮な水をたっぷり用意する
  • 猫用のひんやりグッズを活用する

などがあります。1つずつ確認していきましょう。

直射日光を避ける


直射日光が入り込む室内温度は上昇しやすく、とくに猫が外に出ないように戸締りをしていると急激に温度が上がります。エアコンを使用しない場合は、いかに直射日光が室内に入るのを避け、涼しい環境を作ることが大切です。

風の流れを作る

直射日光を避けただけでは暑さ対策にはなりません。風通しが悪いと、室内の温度や湿度が上がりやすいのです。窓を開けて外気を入れ、対角線上にある別の窓を開けることで室内に風の流れを作ります。

凍らせたペットボトルをタオルで包み猫のそばに置く

エアコンを使用しないで猫が快適に過ごせる環境を作るには、水を入れたペットボトルを凍らせ、タオルで包んで猫がくつろぐ場所に置いてあげます。

新鮮な水をたっぷり用意する

暑さ対策として新鮮な水を用意することは、必須条件と言えます。猫が好きな時にいつでも新鮮な水が飲めるよう、自動給水器を活用するなりしましょう。

猫用のひんやりグッズを活用する

猫用のひんやりグッズも多数販売されています。例えば、保冷剤を入れることができるベッドやひんやり感が感じられるマットやアルミプレートなどを上手に活用することで、夏の暑さ対策をすることができます。

 

さいごに


夏の暑さ対策には室温を上げないだけでは不十分で、風通しを良くすることや新鮮な水を用意することも重要です。エアコンは手っ取り早く室温を下げることができますが、停電や故障によって使用できなくなる可能性もあることを理解しておきましょう。それよりも、安心で確実な工夫を組み合わせることで安全に暑さ対策を行うことができるのです。

【あわせて読みたい】
扇風機は効果なし?室内飼い猫にしてあげたい正しい熱中症対策とは?

 
 

関連カテゴリ