2017年6月11日更新

カッパちゃん結界を超える【ねりまねこ】

カッパちゃんを家に入れて1年が過ぎましたが、いまだに、私達がメインに使う2階のリビング・ダイニングに来たことがありません。

カッパちゃんの部屋は1階で
ドアにキャットドアをつけて、出入り自由です。

カッパちゃんは時々、廊下や階段に出てきます。

なんとか階段までは上れますが、

2階の部屋に入ったことはありません。
先住猫はいじめたりしませんが、カッパちゃんにとって結界があるらしくどーしても突破できません。

カッパちゃん
おいで

こわくないよ

どうしても入れないカッパちゃん

そこで

エサでおびきよせてみました。
ちゅーるです。

暗い部屋なのでピンボケはご容赦ください。

ちらっ

おお?

おおおお

おおおおおお~~

ついに、カッパちゃんが
2階に進出です。(≧∇≦)

よくやったね。

その調子でがんばろう!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

帰ってきたモモちゃん

帰ってきたモモちゃん
大きくなったね~

モモちゃんとは・・・

「赤ちゃん猫を譲渡につなぐ」

モモちゃんはその後、近所の方に迎えてもらいました。

お母さん猫達は不妊・去勢手術し、地元の方に餌をもらい平和に暮らしています。

「保護だけでなく不妊手術を!」

そのモモちゃん

飼い主様が出かける用事があり、預け先のご相談を受けました。

病院もペットホテルも狭いロッカーのような場所に隔離され他の動物もいて猫にとってストレスなので
家に来てくれるペットシッターをお勧めしています。

今回は、ご近所なのとつい半年前までうちにいた猫なので
こちらでお預かりさせていただくことにしました。

保護部屋にはゆずしかいないし、いい遊び相手になるでしょう。

モモちゃ~んいらっしゃ~い。


モモちゃん私達をすっかり忘れシャーしました。

半年もすれば、知らない人・知らない場所

怖いよね~。

やはり猫にとって移動はストレスなので、

同じ家にペットシッターさんか親類・友人などに来てもらうのがベストです。

緊張してキャリーにこもっています。

明日はもう少しリラックスしてくれるかな(;^ω^A

モモちゃんはすっかり新しい飼い主さまの家の子。

私達のことは忘れていいんです。忘れてくれた方がいい。

そうでなければ、譲渡なんかできないから。

とりあえず、ごはんだけは食べてね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ボスくん、うちで見守る

買って3か月のパソコンが
起動しなくなってしまいました。(゚Ω゚;)

修理が終わるまでは
ブログも簡単に・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

モモちゃんは初日こそ、シャーシャーでしたが、
その晩には夫のふとんで寝ました。
保護猫・ゆずは月齢の近いモモちゃんが来て大はしゃぎ

2匹で追いかけっこや取っ組み合いが続いています。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

結界を突破したカッパちゃん

2階の入り口に、頻繁にくるようになりました。

はいれるまであと一歩です。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

去勢手術が終わったボスくんのその後です。

あれほどうるさかった鳴き声やケンカがピタリとおさまりました。
ボスくんの行動範囲は広かったです。

メスと餌を求めてさまよっていたのでしょう。

広いエリアでは、他の猫とケンカになるし、交通事故の危険もあります。
あちこちで糞尿して迷惑に思う人もいたかもしれません。

結局、夫が「放っておけないから・・・」と面倒を見ることにしました。

うちなら両隣に人が住んでいないし
中庭だから、目立たないし、糞尿したって構いません。

ボスくんは、毎日、ごはんを食べに来ます。

同じ日に手術した茶白は見なくなりました。

いい居場所を見つけていたらいいのですが・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

関連記事

地域住民の理解を得ること【ねりまねこブログ】

練馬区には約250の町会・自治会があります。 練馬区の町会・自治会 練馬区地域猫推進ボランティアは保健所職員とともに まず、町会長・自治会長のもとに説明に伺い、 ご理解を得……

ねりまねこブログ

激突?業者VS愛護活動家【ねりまねこブログ】

東京弁護士会が主催するシンポジウムに行ってまいりました。 「人と動物の共生する社会の実現へ」 ~ペット流通のあるべき姿を考える~ さすが東京弁護士会! なんと小池都知事か……

ねりまねこブログ

不寛容な社会なのか?【ねりまねこブログ】

暑さで 猫がたくさん落ちてます。(笑) 写真の子猫は 全員おうちがきまりました。 パン生エサ現場の ボギーちゃん(写真中央) モモちゃん(写真左端) ……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命4【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命4 「基本を守る」 子猫の健康は急変しますが 基本的なことに注意するだけでリスクを減らせます。 反省をこめて心当たりをあげてみます……

ねりまねこブログ

放置して悪化したか?【ねりまねこブログ】

私達の活動史上、もっとも猫が多かった駅前商店街 猫好きと猫嫌いの激しい対立 捨て猫、虐待、餌やりのマナーなど 長年、さまざまな問題がありました。 住民からのSOSで保健所……

ねりまねこブログ

雪の日、カッパちゃんは現れた【ねりまねこブログ】

一昨年まで、 私達は、ここでカッパちゃんに餌を与えていました。 2年前、雪のある日 突然現れたカッパちゃん 2階から雪を眺めていたら、黒猫が……

ねりまねこブログ

メス猫は逃すな!【ねりまねこブログ】

「かゆいかゆいかゆい(>_<)」の大ノミ発生現場 毎週末、通っています。(;^ω^A 高い塀に囲まれた古い一戸建て 高齢のAさんが一人で暮らしています。 そも……

ねりまねこブログ

大トラブル地帯、4年後【ねりまねこブログ】

野良猫20頭以上と苦情ばかりの、 大トラブル現場のつづきです。 エサをあげているのは、 貸家だけではありませんでした。 子猫の面倒を見ていたのは 近くのマンションでした。 ……

ねりまねこブログ

爪切りしてる~?【ねりまねこブログ】

我が家の飼い猫 しまちゃん 爪切りが大嫌いです。 【上の茶キジトラがしまちゃん、下の黒キジトラがとらちゃん】 猫も高齢になると 爪とぎを怠り、 肥大化し、……

ねりまねこブログ

赤ちゃん猫の成長アルバム【ねりまねこブログ】

8/10に産まれた猫の赤ちゃん 「夏子(なつご)は育たない」 と言われます。 3匹のうち、生き残ったのは 人間が最初に保護した一匹だけ。 母猫が連れていた2匹は死にまし……

ねりまねこブログ

ついに2匹とらえる!【ねりまねこブログ】

そもそもの発端は 地元住民から子猫救出のご相談でした。 「庭に2匹の子猫がいます。 生後2か月くらいで一匹は白猫です。 寒さでブルブル震えこのまま外にいたら死んでしまいそうです。……

ねりまねこブログ

猫も、餌やりも、苦情もなくなる【ねりまねこ】

3月期末、練馬区登録ボランティアは、 一年間の地域猫活動の報告書を提出します。 これまで登録した28地域、のべ700頭が現在、いるのかどうか 餌場や猫トイレの状況や苦情や課題……

ねりまねこブログ

地域の力でねこ問題を解決する【ねりまねこブログ】

去年の夏、地域猫活動を行った 生パン餌の現場 地元の自治会近隣施設などの ご協力のおかげで 25頭の捕獲と餌やりマナーの向上などが 実現しました。 成猫は手術して元に……

ねりまねこブログ

団地でも地域猫対策はできる!【ねりまねこブログ】

団地の中にも長い葛藤の末、模範的な地域猫対策に進めたところもあります。 3匹の子猫を保護したところです。 虐待のエリア 数年前は、猫の不審死やケガが相次ぐ 殺伐とした、悲惨な……

ねりまねこブログ

地域猫チビちゃんの死【ねりまねこブログ】

うちの庭にいたチビちゃん 8月にいなくなりました。 おそらく死んだのでしょう。 10歳でした。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ チビちゃんとミケちゃ……

ねりまねこブログ

「猫が迷惑か」は飼い主次第【ねりまねこブログ】

【譲渡の条件】 私達は東京都動物愛護推進員なので 東京都動物愛護相談センターの 以下の条件に準じたものとしています。 都内在住20歳以上60歳以下 ……

ねりまねこブログ

治せない、譲渡できない、生きられない【ねりまねこブログ】

ゆずくん、連日、通院しています。 糖液を皮下注射して、腫れた肛門の炎症を抑える消炎剤と抗生剤を注射して 肛門をしぼり圧迫排便します。 薬や食事療法をしていますが、 ……

ねりまねこブログ

地域猫セミナー大盛況(江戸川区)【ねりまねこブログ】

第一回 江戸川区地域猫セミナーに行きました。 行政・ボランティアさんの広報活動のおかげで120人ほど集まる大盛況でした。 先日、ご紹介した千代田区・練馬区のように 江……

ねりまねこブログ

ケガ・病気の猫を保護するか?【ねりまねこブログ】

これまでのべ750匹の町の猫を地域猫として登録しました。 餌を与え、糞尿を清掃し、寝床を与えるなど日々の管理は 私達を含めた約100人の町の有志が行っています。 私達が担当した……

ねりまねこブログ

ねりま猫?ねりまねこ?【ねりまねこ】

2010年活動を開始した頃、 さほど考えずに適当に決めたハンドルネーム「ねりまねこ」 最初のころ、 「もしかして練馬多頭崩壊のレスキューをしたねりま猫さんですか?」 と何度……

ねりまねこブログ