2017年6月11日更新

カッパちゃん結界を超える【ねりまねこ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

カッパちゃんを家に入れて1年が過ぎましたが、いまだに、私達がメインに使う2階のリビング・ダイニングに来たことがありません。

カッパちゃんの部屋は1階で
ドアにキャットドアをつけて、出入り自由です。

カッパちゃんは時々、廊下や階段に出てきます。

なんとか階段までは上れますが、

2階の部屋に入ったことはありません。
先住猫はいじめたりしませんが、カッパちゃんにとって結界があるらしくどーしても突破できません。

カッパちゃん
おいで

こわくないよ

どうしても入れないカッパちゃん

そこで

エサでおびきよせてみました。
ちゅーるです。

暗い部屋なのでピンボケはご容赦ください。

ちらっ

おお?

おおおお

おおおおおお~~

ついに、カッパちゃんが
2階に進出です。(≧∇≦)

よくやったね。

その調子でがんばろう!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

帰ってきたモモちゃん

帰ってきたモモちゃん
大きくなったね~

モモちゃんとは・・・

「赤ちゃん猫を譲渡につなぐ」

モモちゃんはその後、近所の方に迎えてもらいました。

お母さん猫達は不妊・去勢手術し、地元の方に餌をもらい平和に暮らしています。

「保護だけでなく不妊手術を!」

そのモモちゃん

飼い主様が出かける用事があり、預け先のご相談を受けました。

病院もペットホテルも狭いロッカーのような場所に隔離され他の動物もいて猫にとってストレスなので
家に来てくれるペットシッターをお勧めしています。

今回は、ご近所なのとつい半年前までうちにいた猫なので
こちらでお預かりさせていただくことにしました。

保護部屋にはゆずしかいないし、いい遊び相手になるでしょう。

モモちゃ~んいらっしゃ~い。


モモちゃん私達をすっかり忘れシャーしました。

半年もすれば、知らない人・知らない場所

怖いよね~。

やはり猫にとって移動はストレスなので、

同じ家にペットシッターさんか親類・友人などに来てもらうのがベストです。

緊張してキャリーにこもっています。

明日はもう少しリラックスしてくれるかな(;^ω^A

モモちゃんはすっかり新しい飼い主さまの家の子。

私達のことは忘れていいんです。忘れてくれた方がいい。

そうでなければ、譲渡なんかできないから。

とりあえず、ごはんだけは食べてね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ボスくん、うちで見守る

買って3か月のパソコンが
起動しなくなってしまいました。(゚Ω゚;)

修理が終わるまでは
ブログも簡単に・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

モモちゃんは初日こそ、シャーシャーでしたが、
その晩には夫のふとんで寝ました。
保護猫・ゆずは月齢の近いモモちゃんが来て大はしゃぎ

2匹で追いかけっこや取っ組み合いが続いています。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

結界を突破したカッパちゃん

2階の入り口に、頻繁にくるようになりました。

はいれるまであと一歩です。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

去勢手術が終わったボスくんのその後です。

あれほどうるさかった鳴き声やケンカがピタリとおさまりました。
ボスくんの行動範囲は広かったです。

メスと餌を求めてさまよっていたのでしょう。

広いエリアでは、他の猫とケンカになるし、交通事故の危険もあります。
あちこちで糞尿して迷惑に思う人もいたかもしれません。

結局、夫が「放っておけないから・・・」と面倒を見ることにしました。

うちなら両隣に人が住んでいないし
中庭だから、目立たないし、糞尿したって構いません。

ボスくんは、毎日、ごはんを食べに来ます。

同じ日に手術した茶白は見なくなりました。

いい居場所を見つけていたらいいのですが・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 
 

関連カテゴリ