2017年7月9日更新

情熱が世界を変える【ねりまねこ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

凸版印刷で講演を行いました。

新しいチャレンジでワクワクします。

オープンイノベーションを支援するワークスペース「WAO」
ただの会議室ではなくインキュベーションスペースなんですって!

さて、このカッコイイ場所でビジネスマンの皆さんに何を話そう?
飼い主のいない猫を通して知る命の話

多様な価値観を持つ人間同士が平和に共生するまちづくり
社会貢献から見えてくる新しい世界観と、そのおもしろさ

この話をいただいたキッカケは3年前にさかのぼります。

凸版印刷の社員さんと
「みんな生きている~飼い主のいない猫と暮らして~」上映会で知り合いました。

人と人とのご縁が、こんな風に実を結ぶとは!

これからも様々な人との出会いで予想もしない展開になっていくでしょう。
だからボランティア活動はおもしろいのです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

そもそも、凸版印刷のオープンイノベーションを支援するワークスペース「WAO」とはなんぞや?
WAOは、多様な知恵やリソースが混ざり合い、可能性をカタチにしていくための共創空間です。

ビジネススキルだけではなく、知識に裏打ちされた創造性を身につける機会として
異業種の人を招き講演会を行っています。

で、直近の講演は

「AI(人工知能)と向き合い、未来の可能性を知る」きらきらSOMPOホールディングス(株)デジタル戦略部データ戦略統括チーフ・データサイエンティスト中林紀彦氏

( ゚д゚)ポカーン・・・

人工知能の次に

猫・・・?

大丈夫か?私?

というか、WAOの担当者様。だいじょうぶ!?
う~ん、(-ω-;)

このユニークなセンスがインキュベーションスペースたる所以なのでしょう。(たぶん)

なんだかよくわからないけどなんだかおもしろそうな
監督も応援に来てくれるのでがんばります(笑)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

3年前のことです。
ベストチーム・オブ・ザ・イヤーを運営する団体が「チームの力で、社会にインパクトを与える社会貢献をする」というプロジェクトを主催し
「地域猫で地域コミュニティーをよくする」
を提案したチームが受賞しました。

そのメンバーの一人が凸版印刷のSさんです。

私達の上映会に参加したのは地域猫の情報収集のためでした。
メンバーは若くて、優秀で、ポテンシャルが高い。

こういう方々が「地域猫」に共感してくれるなんて
ビックリしたし、うれしかったです。

そのチームのアドバイザーとして私も参加させてもらいました。↓
「地域猫の誤解」

メンバーはその後それぞれのフィールドで活躍を続けています。

そのお一人は、クラウドファンディングで資金を集め古民家宿をひらきました。
三姉妹から始める村おこし「芦川ぷらす」

情熱は人を動かし、自分を取り巻く小さな世界を変えることができる
猫のこと云々だけでなくそういうことを伝えていけたらなあ、と思います。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 
 

関連カテゴリ