2017年7月19日更新

古民家再生【ねりまねこ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

引用させていただいたキャットソシオンさんから猫ベッドをいただきました。
カッパちゃんがスッポリ入る大きさです。

のびのび~
気に入ったみたい

前にいただいたのは
少し小さかったのでお尻がはみ出てました。(;^ω^A

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

キャットソシオンさんは
中崎でギャラリー&サロンを
運営していますが、

別の場所で
古い建物をリノベーションしてます↓

完成したら、お披露目で
「いえねこになったカッパちゃん」写真展を
開催していただく予定です。

中を見学させてもらったのですが、
昭和の建物らしい
レトロな味わいがあります。

すてきな欄間

模様のついたガラス

蛍光灯の飾り

猫が出ても大丈夫なデッキ

どんな場所になるかはお楽しみ(*‘∀‘)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

東京は
10件に1件が空き家と言われますが・・・

ご多分に漏れずうちも

古くて住めないのでそのままですが、もったいないと言えば、もったいない。

昨日のリノベーションを見て、古い建物独特の良さや味わいを再認識しました。

しかし・・・

雨漏り、
水道管は鉛
都市ガスは不通、
床はブワブワ、
断熱材なく隙間風が寒い、

このぐらい旧い家を修繕するには、
おそらくローコスト住宅を
新築するくらいかかるでしょう。

だったら、更地にして
新築した方が長く快適に使える?

そもそも、リノベーションしてどうするか?

目的は猫のためか、猫を救う活動資金づくりのためだけど・・・

撮影やお稽古のレンタルスペース?

町のコミュニティースペース?

古民家カフェ?

民泊?

賃貸?

保護猫カフェ?

シェルター?

老猫ホーム?

ロケーションは良くないので集客は難しい
これ以上、猫を増やし多頭飼育になるのは危険だし・・・(-ω-;)ウーン

修繕に大金つかって、利益が出ないなら余計なことはしない方がいい

・・・と思って空き家のままにする人が多いのでしょうね。

いろいろ考えてみます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 
 

関連カテゴリ