2017年5月29日更新

実は【働く猫】だった?人気者アメリカンショートヘアの特徴、魅力とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

実は【働く猫】だった?人気者アメリカンショートヘアの特徴、魅力とは?

アメショーのニックネームで知られるアメリカンショートヘア。美しい毛並や好奇心旺盛の人見知りしない性格で高い人気を維持しています。血統書付の猫というとアメリカンショートヘアを思い出す人も多いのではないでしょうか。今では高貴なイメージのアメリカンショートヘアですが、昔は船員と一緒に船で働く労働猫だったことはあまり知られていません。今回はアメリカンショートヘアの特徴や魅力についてご紹介しましょう。

 

意外なストーリーをもつアメリカンショートヘア

アメリカの歴史に残る珍しい猫

アメリカンショートヘアは、17世紀に新天地を求めてアメリカに渡ったイギリス人とともに船に同乗した猫の子孫だと言われています。アメリカンショートヘアの祖先であった猫たちは船内でネズミなど害獣を捕るために乗せられた働く猫だったのです。そのためか今でもイギリスにはアメリカンショートヘアを「マウサー(ネズミを捕るもの)」と別名で呼ぶことがあるようです。

その後、アメリカンショートヘアはペットとして扱われるようになりましたが、当初は「ドメスティックショートヘア」という平凡な名前だったため、あまり人気がなかったようです。その後、ペルシャ猫との交配などで改良され、1965年にアメリカンショートヘアと名前を変えて登録されたことで人気が出て、キャットショーなどを受賞するなどトップキャットに登りつめていきました。

運動能力・好奇心抜群の元気な猫

ネズミ捕りをしていた頃のDNAは今だに健在で、アメリカンショートヘアはがっしりとした筋肉質な体をもち、運動能力の高い猫として君臨しています。好奇心も旺盛で飼い主さんとの遊びにも積極的に参加する楽しい猫です。それだけに運動不足になると肥満になりやすく、関節炎や糖尿病にかかる傾向がありますので、家の中に高低差のあるタワーや走れる場所を確保し、しっかり遊んであげることが大切です。

実はいろいろな色があるアメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアと言えば、グレイと黒の縞模様のイメージが強いと思いますが、実は薄茶と黒の縞模様の「ブラウンタビー」や茶色い縞模様の「レッドタビー」、ブルーがかった縞の「ブルータビ―」、赤茶色の毛が混じった「パッチドタビ―」など、さまざまな色があります。典型的なシルバー系も可愛いですし、ちょっと変わったカラーも個性的ですね。

ペットとして最適なアメリカンショートヘア。家族としていつまでも可愛がってあげて

見た目が美しく、人懐こい性格がペット向きなアメリカンショートヘアーは、家族として家に迎えるのに最適な猫と言えるでしょう。アメリカンショートヘアを飼うチャンスに恵まれたら、その性質をよく理解し、アメリカンショートヘアに合った飼い方で長生きさせてあげてください。

 
 

関連カテゴリ