2017年5月30日更新

室内飼いでも危険!猫に危険な場所:家の中の5つのデンジャラスゾーン

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

人生の3分の2は寝て過ごしている猫。のんびりまったりしている仕草に飼い主は癒されますが、実は起きている時の猫は結構ないたずら好きではありませんか?

「洗濯機の中に猫が!危うく洗濯しちゃうところでした。」

「押入れで寝ているのに気づかず扉を閉めて外出。暑い1日を水も飲めずに過ごさせてしまった。」

「まさかと思ったけど、本当にクリスマスツリーに登って倒してしまいました(泣)」

という家の中でも危ない行為を平気でするのが猫という生き物。結構室内の中でもデンジャラスゾーンはありますよね。

今回は長く猫と暮らしていても意外に盲点になりやすい、家の中でも猫に危険な5つの場所をご紹介しましょう。

 

キッチンのシンク周り

私も一度、包丁を使っている時に猫がシンクに飛び乗ってきて、危うく手を切りそうになったことがあります。

犬は近づくと足音でわかりますが、猫は背後から来られると全く気配に気づきません。蛇口から水を飲むのが好きな猫を飼っている場合、キッチンのシンク周りは危険です。

猫が洗剤で足を滑らせたり、包丁やナイフを置きっぱなしにして怪我をしないように普段から注意しましょう。

浴室

猫を留守番させる時、一番気をつけているのが、浴室です。特にお風呂の残り湯を入れたままにするのはNG。留守中猫が落ちないとも限りません。

また、お風呂を追い焚きしている時などは必ず猫を浴室に入れないようにしています。万が一フタがずれて熱いお湯の中に猫が落ちたら大変ですよね。

 

洗濯機

洗濯機に落下する猫は実際に多いといいます。水流がぐるぐる回るのが好きな猫は結構多いかも。洗濯機は使わないときは蓋を閉めて置く習慣をつけましょう。

袋類の保管場所

紙袋や包装紙などを集めて保管している場所がありませんか?猫は袋に入って遊ぶのが大好き。私の家ではシューズボックスの中に保管していますが、猫が入り込んだまま扉を閉めてしまい、猫の鳴き声に驚いて扉を開けた途端、びっくりした猫が玄関から逃亡して大騒ぎになったことも。

袋類の保管場所は、猫に見つからない場所にした方が賢明です。

クローゼットや押入れ

ここは本当に猫が大好き。寒い冬は押入れの布団の上で寝ていることがよくあります。猫が寝ている上に、気がつかずに重い布団を乗せてしまって猫を窒息させそうになったり、猫が寝ているのに気づかずに扉を閉めてしまうことは結構あるのではないでしょうか。

いかがですか。意外に多い、部屋の中の猫のデンジャラスゾーン。この5つの場所は猫が大好きな場所ですから、本当にうっかりすると失敗してしまいがち。

万が一の場合、猫の命にもかかわることもあります。気をつけるようにして下さいね。

 
 

関連カテゴリ