2017年6月13日更新

猫エイズウイルス(FIV)の猫と一緒に暮らす時の注意点は?【獣医師が解説】

猫の慢性ウイルス病の一つ「FIV(猫エイズウイルス)感染症」。FIVはHIVと同様、1度感染が成立してしまうと完治させることはできませんが、FIVに感染していても長生きできる猫は少なくありません。

FIVの猫を元気で長生きさせるために重要なのがストレスのない生活です。今回はFIVの猫と暮らすためのポイントをいくつか考えてみましょう。

ストレスの少ない生活とは?


「気ままに生活している猫にもストレスなんてあるの?」と思われる方も多いと思いますが、もちろん猫にもストレスはあります。愛猫のストレスをできるだけ減らすために、多頭飼いで気を付けるポイントと、多頭飼い・単独飼育に共通するポイントをそれぞれ考えてみましょう。

多頭飼育での注意点

猫は基本的に単独行動の動物であり、多頭飼いの場合はストレスを感じる場面も多くなりますので、以下のような点に注意してください。

パーソナルスペースの確保

猫は単独行動が基本ですので、たとえ猫同士の仲が悪くなくても自分がくつろぐことのできる「パーソナルスペース」を作っておくことは非常に重要です。単に広ければいいというわけではないので、以下の条件を満たす場所をパーソナルスペースとして作ってあげましょう。

  • 玄関や廊下など、人が良く通る場所以外
  • テレビや洗濯機など音がうるさい物から遠い
  • 複数方向に壁があり体をくっつけることができる箱状のものを置く
  • 基本的には他の猫が使わない
  • 周りから見えにくい

トイレの数は「猫の数+1」

猫は清潔好きの動物です。特にトイレへのこだわりが強く、トイレが気に入らないと排尿や排便を我慢してストレス性膀胱炎などになってしまうこともある動物です。

一般的に多頭飼いの猫では、トイレの数は「猫の数+1個」必要だと言われています。もちろん、できるだけトイレを清潔に保っておくことも大切です。トイレ自体が気に入らなかったり、他の猫の排せつ物がそのままになっていることが原因で、トイレのたびにストレスを感じてしまわないよう、トイレ環境を整えてあげましょう。

落ち着いてご飯を食べられる環境

猫は安心できる環境でないとご飯を落ち着いて食べられません。ご飯を食べているときは無防備になりますので、何か恐怖や危険を感じるものがあると、ストレスを感じながら食べないといけません。

他の猫や動物などの危険を意識しないで、愛猫が自分のペースで食べられる環境を整えてあげましょう。

喧嘩をさせない

FIVはヒトのエイズを引き起こすHIVと同じく、通常の日常生活で感染することは少ないです。体液や粘膜同士の接触がなければ基本的には感染しませんので、食器の共用やグルーミングなどは問題ありません。

しかし、けんかなどで、唾液や血液と粘膜が接触すると感染してしまう可能性があります。同居の猫がFIV陰性であるなら喧嘩をしないように注意しておきましょう。相性の悪い猫同士を飼っている場合は、感染を防ぐために部屋を分けておいた方がいいでしょう。

単独飼育・多頭飼育共通のポイント

次に、単独飼育・多頭飼育に共通で、ストレスの少ない生活のために気を付けておくことを考えてみましょう。

縦の空間を確保

家の中で飼っている猫は運動不足になりがちで、そのせいでストレスが溜まってしまうこともあります。猫は床の上の平面の空間よりも、立体的な縦のスペースを使うことを好み、縦に動ける空間があるとストレスを感じにくくなります。キャットタワーやキャットステップをうまく取り入れて、縦のスペースをうまく使えるようにしてあげましょう。

静かで落ち着ける場所の確保

猫は物音に敏感です。急な物音や大きな音は猫に強いストレスを起こす原因になります。特に犬などの他の動物が鳴いていたり、工事・リフォーム・生活音がうるさいと落ち着いて生活できず、大きなストレスになってしまいます。極力静かで落ち着ける場所を確保してあげるようにしましょう。

退屈させない工夫

1日中家の中で過ごす猫は、退屈によるストレスが強くなることもあります。特に1人暮らしでかまってあげる時間が少ない場合などは、昼の時間はずっと退屈していることもあります。できるだけ猫との時間を作って、遊んであげるようにしましょう。

また、留守番中にも退屈させない工夫をすることもできます。1人で遊べるおもちゃや、フードを入れて転がしながら食べる「コング」などの知育玩具を与えてあげることも有効です。体だけでなく、頭の運動をさせてあげることで日常の刺激が増え、退屈によるストレスが解消されることもあります。

気を付けておくべき病気


FIV感染症では免疫力が低下するため、感染症や腫瘍などの発生率が上がってしまいます。特に以下のような病気を起こしやすくなるので注意してください。

難治性口内炎

FIV感染症の猫が最も悩まされるのが口内炎です。FIVが直接口内炎を起こすわけではないですが、FIVによる免疫力の低下によって、口内炎が非常に起こりやすくなり、なかなか治りくい「難治性口内炎」になってしまうことが少なくありません。歯石や歯垢が口内炎を悪化させる要因にもなるので、定期的に歯磨きをする癖をつけてあげるといいでしょう。

猫風邪(FVR)

猫風邪はFIVではなく、猫ヘルペスウイルスによって起こる病気ですが、FIVがあると慢性的な猫風邪になってしまうことが多いです。猫風邪は感染猫との直接および間接接触によってかかりますので、外に行ってうつされたり、飼い主さんの手や衣服に付いたウイルスが感染することもあります。

FIVのある猫は、3種混合ワクチンなどで猫風邪を予防しておくことをおすすめします。

その他

FIVは免疫不全を引き起こしますので、猫風邪や口内炎だけでなく、胃腸炎や肺炎などの感染症を起こしやすくなります。また、腫瘍細胞に対する「腫瘍免疫」も落ちるため、リンパ腫などのがんの発生率も高くなります。何か体調不良がないのか、できるだけしっかり体調を見てあげることも大切ですね。

まとめ


FIVに感染していても、ストレスの少ない生活をすることで、健康に長生きすることも可能です。猫は繊細な動物で、意外なことでストレスを感じてしまいます。ストレスは猫の免疫力をさらに下げ、ウイルスの増殖や感染症を悪化させる要因です。できるだけ環境を見直して、猫が快適にストレスなく生活できるようにしてあげましょう。

また、FIVに感染していることにより、病気のリスクも増加してしまいます。口内炎などFIVがもとで治りにくくなる病気も多いので、病気の兆候がないかしっかり様子を観察し、異常があれば早めに動物病院へかかるようにしてくださいね。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫の春・夏・秋・冬。季節ごとに気をつけたい猫のお世話と注意点【後編】

そろそろ暖かくなる季節。ブログの前編では猫の春・夏・秋・冬のお世話のポイントを1月から6月まで紹介させていただきました。 それでは後編は7月からの季節ごとに気をつけたい猫のお世話と注意……

猫のニュース

【minne作家インタビュー】ハンドメイドの暖かみあふれるヘンプの首輪作家さんにインタビュー!

カラフルなヘンプ糸を使った『猫の首輪』が「minne」で人気の作家halomamaさんにインタビューしました! 作品作りを始めたきっかけ・時期は? 1年前くらいから、猫を飼い始めたの……

猫のニュース

水入りペットボトルは猫避けになるはウソ?信じられない昔の猫伝説

今も住宅街を歩くとちらほらと庭に置いてある、「水入りのペットボトル」。私はこれを見かけると、 「あぁ、この辺には野良猫ちゃんがいるのね…。」 とむしろ猫に会える目印のように感じて……

猫のニュース

「ネコノミクスの効果、体感してますか?」 “猫の日”に街頭インタビュー

画像出典:@PRESS ニューヨーク近代美術館の「MoMA Design Store」での取扱商品に選ばれた「いたずらBANK」を製造している株式会社シャインは、発売8年目を迎え国内外……

猫のニュース

飾ってかわいい、食べて美味しい!クリスマスオーニャメントが登場!

ハロウィンが終われば次はクリスマス!!ネコ好きの強い味方【フェリシモ猫部】からクリスマスを彩るなんとも可愛いオーナメントが登場しました♪ クリスマスオーニャメント\(^o^)/ フェリシ……

猫のニュース

猫のご飯は1日に何回?季節によって食欲が違うかも?猫のご飯Q&A

愛猫の体をモミモミ。ウンウン、ちゃんと肋骨がなんとか触れるみたい。よかった、我が家の猫はそんなに太っていないようです。 冬のニャンコ。なんだか顔が丸くなり、被毛もみっしり。そのせいか、……

猫のニュース

料理の腕が上がりそう?機能的&キュートな猫のキッチンツール「Nyammy」新発売!

画像出典:PR TIMES 猫ブームまっさかりの今日この頃。猫の勢いはキッチンにまで押し寄せてきました。何と2月22日の猫の日に合わせて、猫のキッチンツールが登場しました。料理の最中でも猫……

猫のニュース

【minne作家インタビュー】リンゴで遊ぶ猫さんモチーフのiPhoneケース作家さんにインタビュー!

「minne」で販売されているリンゴのマークが気になる猫さんが可愛いiPhoneケースのクリエイターSasaさんにインタビューしました! 作品作りを始めたきっかけ・時期は? 元々……

猫のニュース

猫がオシッコをしていない!オシッコの状態で分かる猫のヘルスチェック

愛猫の健康状態、あなたはどこでチェックしていますか? まず食欲、毛の艶、機嫌の良し悪し、そして何と言っても大切なのは「オシッコ」の状態です。 シニアの猫の25%がかかるという「腎……

猫のニュース

マニアックすぎる!?猫のパーツ写真集おすすめ5選(●´艸`)

猫好きの皆様、猫さんのパーツではどこが好きですか??肉球?おてて?猫さん全体が好きなのはもちろんのこと、パーツごとの可愛さがありますよね!!今回はそんなマニアックなニーズに対応しているすてき……

猫のニュース

ネコは魚が好きじゃない!?ネコにまつわるトリビア5選

私たちにとってもっとも身近なペット、ネコ。最近では犬を抜いて、ペットとしていちばん多く飼われている動物でもあるネコですが、意外と知られていないことも多いよう。そこで今回は、そんなネコのあまり……

猫のニュース

猫が嫌いなものベストランキング3とは★あなたの愛猫は当てはまる?

動物はできれば2匹で飼ってあげるべき。これは自閉症の動物学者、テンプル・グランディンさんもご自身の著書の中で度々訴えていました。 今1匹しかペットを飼っていない方、もう1匹家族に迎えて……

猫のニュース

私は猫に嫌われている(泣)いえ、それは猫は人を〇〇しているだけかも

「家族の中で、俺にだけ猫が懐かないんだよね。。。」 「なんだか私にだけ猫が冷たい態度を取る気がするの」 愛猫は家族の1員。大事にしているつもりでも、猫は特定の人にだけ態度を変える……

猫のニュース

あなたはデキる飼い主?それとも…。猫にとって良い飼い主チェック

猫を飼っていていつも思うこと。 それは『自分が猫を幸せにできているか』ではないでしょうか。 小さなかけがえない命を家族として迎えたからには猫には本当の意味で幸せであって欲しいと思います。……

猫のニュース

【猫の手はいらない!】目に入れても痛くないほど可愛い猫だけど、今だけは邪魔されたくない瞬間!

愛猫が「にゃぁ~」と甘えてきた時、それにあらがえる飼い主さんは少ないですよね。何かほかの用をしていても「はいはい」と猫に向き合ってしまうのが猫好きの性なのです。それでも、「今は邪魔しないで!……

猫のニュース

最近気づいた…。ちょっと恥ずかしいけどやってしまう「ネコあるある」とは

ネコ好きの友達はネコ好き…とは限りません。確かにネコやイヌが好きな友達が多いのは確かですが、私の場合、いわゆる「ママ友」には動物嫌いな人もいます。 先日そんな動物嫌い、猫アレルギーの仲……

猫のニュース

【minne作家インタビュー】キッチンが華やかに!猫の手鍋つかみの作家さんにインタビュー!

ハンドメイドマーケット「minne」で人気な、可愛い肉球の『猫の手鍋つかみ』を制作されている作家りょうこさんにインタビューしました!! 作品作りを始めたきっかけは? 子供の頃から……

猫のニュース

【ニャンフェス3】猫も大興奮!?ジンベイザメや桜鯛が大漁の「atelier168」をご紹介します!

お留守番している猫にも何かお土産をと思ったら、ジンベイザメや桜鯛の猫用のキッカーはいかがですか? 季節限定の魚や、大きい魚、小さい魚などたくさんの種類から自分の猫の好みを見つけてみましょう……

猫のニュース

ペットの高齢化は2017年がピーク!飼い主が気を付けたい3つの事

2016年9月現在、犬や猫を飼っている家庭は全国で1300万世帯。博報堂の生活総合研究所の調査によると、ペットを家族の1員だと思う人は全体の54.6%。 もはやペットは、親・兄弟・姉妹……

猫のニュース

あなたも「猫」からインターナショナル。「猫」は外国語で何と呼ぶの?

外国語は苦手でも、猫好きなら世界中で猫がどんな言葉、発音で呼ばれているかは興味があるのではないでしょうか?聞かれてすぐに単語を思い出さなくても、耳慣れた単語として耳にしている可能性もあるかも……

猫のニュース