2017年6月13日更新

鼻をピクピクさせるのは何故?ニオイを嗅ぐためだけじゃない犬の鼻の役割って?

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬は太古の昔から、人間のパートナーとしてともに生活してきた動物です。人間たちは犬を狩りなどに同行させていましたが、それは犬の嗅覚が非常に優れていたからです。

犬は嗅覚の動物とも呼ばれるほど匂いを感知する能力が高く、その嗅覚は人間の100万〜1億倍とも言われています。五感の中でもトップクラスに優れている嗅覚で、獲物の匂いをいち早く察知して人間の狩りの手伝いをしていたのです。

そんな犬にとってもっとも重要とも言える鼻ですが、実は優れた嗅覚以外にも、気持ちを表す際に様々使われているのです。

 

鼻を舐める

犬の鼻は、いつ触っても基本的に濡れていることが多いと思います。犬の鼻は涙腺とつながっており、涙腺から流れてきた涙が鼻を湿らせるからです。鼻が湿っていると匂いが持つ分子を嗅覚細胞が感知しやすくなり、微細な匂いも嗅ぎ取ることができるのです。

そんな犬ですが、外に出たり見慣れない場所にいった場合、鼻をしきりに舐めていることもあると思います。これは実は犬が緊張している印で、自分を落ち着けようとして行う場合が多いのです。

鼻をピクピクさせる

お散歩の途中など、犬が立ち止まって鼻をクンクン動かしている場面に遭遇したことのある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

犬は視力が低く、2〜3メートル前のものしかはっきりと認識することができません。その分、匂いで情報を得ようとするので、何か気になる匂いを嗅ぎ取った時には鼻をピクピクさせて集中するのです。

散歩中にそんな風に犬が立ち止まって匂いを嗅いでいるときは、あまり急かさずに存分匂いを嗅がせてあげましょう。

 

鼻を鼻で突っつく

犬と遊んであげている時や、家族団欒の時間に犬が寄ってきて鼻を舐めてくることはありませんか?これは、犬があなたを主人として認めている時に行う仕草です。

犬はもともと集団行動をしていたため、上下関係がしっかりしている動物です。忠誠の意を示すために、また甘える時にリーダーとなる犬や母犬の口を舐めていました。

人間には犬のようなマズルはありませんから、犬は顔の中でも飛び出ている鼻を舐めて同様の意を伝えようとしているのです。口元を舐めてくる時も同様にあなたに甘えていると言えます。

まとめ

いかがですか?犬の持つ器官の中でもっとも優れている鼻だからこそ、その動きから様々な犬の思いを感じ取ることができます。紹介したような仕草を愛犬がしていたら、ぜひ優しく見つめたり、撫でたりしてあげてください。

 
 

関連カテゴリ