2017年6月15日更新

愛犬にぴったりなのはどれ?犬種のタイプでわかるピッタリの遊び方!

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

愛犬にとって、大好きな飼い主さんが遊んでくれる時間はもっとも幸せな時間なはずです。

しかし、愛犬をより喜ばせたいと思うなら、犬種のタイプによって遊び方を変えるのが効果的です。主に羊などの家畜を追う仕事をしていた牧羊犬や、鳥獣狩りを手伝っていた猟犬、王家や宮中などで可愛がられていた愛玩犬では、それぞれの歴史から本能的に喜ぶ行動があります。

 

牧羊犬はものを追いかける遊び

牧羊犬は、人間が飼っていた家畜を追う働きをしていたので、とにかくものを追いかけて走るのが大好きです。牧羊犬は大型犬に多く、主にボーダーコリーやコリー、シェットランドシープドッグやジャーマンシェパード、バーニーズマウンテンドッグなどがいます。

このような犬には、ボール遊びやフリスビー投げなど、ものを追って取ってこさせる遊びがもっともおすすめです。

猟犬は犬種に合わせた遊び

古くから猟犬として活躍していた犬はたくさんいます。猟犬にはスタミナがある大型犬が多いと思われがちですが、そうとは限りません。例えば、足が短いミニチュアダックスフンドはその体高の低さを生かしてアナグマ狩りをしていましたし、プードル系の犬種も泳ぎが得意で水中狩猟犬として活躍していた歴史があります。

このような猟犬は、どのような猟ををしていたのかによって遊び方を変えてみましょう。先ほどの例では、アナグマ狩りをしていたミニチュアダックスフンドはロープ遊びなどの引っ張りっこ遊びが大好きです。また、プードル系は水中で狩りをしていたので水遊びをしてあげると喜ぶでしょう。

 

愛玩犬はスキンシップが取れる遊び

古くから中国の宮中で愛玩犬として可愛がられてきたシーズーや江戸時代に将軍家などに愛されていた狆などの愛玩犬は、とにかく人とのふれあいが大好きです。

もともと室内で大切に飼われていたのでそこまでの運動量は必要なく、家の中で軽く追いかけっこをしたりおもちゃで遊んだりするだけでも十分です。愛玩犬は人間が喜ぶ姿を見るのが大好きなので、飼い主さんが楽しそうにしていたら犬自身も嬉しくなるでしょう。飼い主さんが大好きなので、優しく撫でてあげたり、スキンシップしてあげるようにしましょう。

まとめ

いかがですか?犬の種類によって、おすすめの遊び方は少しずつ変わってきます。しかし、飼い主さんが楽しそうであれば犬も幸せなはずなので、一緒に楽しめる方法で、愛犬との絆をぐっと深めましょう。

 
 

関連カテゴリ