2017年6月16日更新

犬の人気者になりたいあなたへ!犬に好かれる人の特徴とは?

長谷川真理恵



JKC A級トリマー、JKC C級ハンドラー

グルーミングスクールに4年通い、JKC A級トリマーライセンス、JKC C級ハンドラーライセンスを取得。フリーのトリマーとして働く傍ら、在学中にモデル犬として迎えたトイプードルのチャンピオン完成をきっかけに繁殖学・遺伝学を学び、ドイツやイギリスのブリーディングスタイルをモデルとして極少数頭のみのブリーディングを手掛ける。主人の海外赴任に伴い愛犬とともにドイツへ越した後、現在はベルギー在住。日本とは大きく異なるヨーロッパにおける"犬とは"を日々体感中。

 

犬を飼っている方の中には、家の子、よその子関わらず、犬が好きで好きで仕方がない!という方も多いのではないでしょうか。
道端で会う犬や友人宅の犬とも仲良くなりたい、でもなぜかいつも上手くいかないというあなたは行動に原因があるかも?

犬に好かれるためのコツをご紹介します♪

 

犬との距離感をうまくとる

  • 犬と目を合わせない。
  • 犬の周りを大きく回って犬の斜め横につく。
  • 触る前に、まず手の甲を嗅がせる。
  • 犬が手を嗅いで満足したら、そっと胸元や首の下あたりを撫でる。
  • 優しく小さな声で、ゆっくりと話しかける。
  • 逆に手に興味を示さないようなら、それ以上距離をつめない。

犬に好かれるということは「犬に嫌われることをしない」ということが必要になってきます。

いきなり近づいてきて、手を上にかざし、近距離でじっとこちらを見ながら「かわいいー!」と大きな声で叫ばれたら…。
いきなり後ろから尻尾やお尻を触られたら。
人間同士でもぎょっとしてしまいますよね。

犬との距離感を最初に失敗してしまうと、犬の警戒心を克服するのは一苦労。
第一印象がとても大事です。

精神的にも動作的にも、落ち着いている

  • 動きがゆっくりである。
  • 話し方がゆっくりで、急に大きな声をあげない。
  • そのときの機嫌で態度が変わらない。
  • 犬の自主的な行動を待てる。

これは犬同士のコミュニケーションでもよく見られる場面で、複数頭でいるとき、特に若い犬など1頭のテンションが上がると他の犬が伏せたり、距離をとったり、目をそらしたりします。

「ちょっとおまえ落ち着けよ。」
って言っているんですね。

またそのときの機嫌でコロコロと態度が変わる人、犬に行動を急かす人も犬は苦手と感じます。
これはトレーニングなどをする際にもとても重要なことで、いつも堂々としていて頼りがいのありそうな、どっしりと落ち着いている人ほど犬に慕われます。

 

犬の言葉を読み取れる

  • 目をじっとみて、耳をこちらに向けている。
  • 目をそらす。
  • 鼻先を舐める。
  • あくびをする。

これらの犬側の行動はこちらに警戒していますよ、嫌ですよ、落ち着きませんか?といったサインです。

犬によって性格や過去の体験から人全般大好き!という犬、男の人は苦手、女の人が苦手、知らない人はみんな苦手!と様々な違いがあります。

この犬は今自分のことをどう感じているのかな?次にとるべき行動はなにかな?というのを知る上で、犬のサインは大きな役割を果たしてくれます。

飼い主さんと親しげである

飼い主さんと仲良く話していると、犬は「この人も自分たちの仲間なのかな?」と思うことがあります。
自分が信頼している飼い主さんが心を許している相手には、犬も警戒を解きやすい、なんとも犬らしい一面ですね。

逆にいきなり散歩中に話しかけられて、飼い主さんがちょっと嫌そうにしていたりすると、それを読み取った犬の警戒心も強くなります。

犬の好きなことをしてくれる

  • 犬が大好きなおやつをくれる。
  • 犬が好きな場所を撫でてくれる。
  • 遊びに付き合ってくれる。

ある程度フレンドリーな犬、少し打ち解けた後であれば効果的なのがこれらのご褒美作戦!
ただし犬の要求のまま遊びに付き合ったりすれば、ただの都合のいい人になってしまいます。
本当の意味で犬に好かれたいのであれば、犬が興奮してきたらストップしましょう。
適度に、こちら側で切り上げることが大切です。

犬の気持ちになって考えよう!

ドイツで一番に感心したことは、小さな子どもにも犬の接し方の教育がとても行き届いているということでした。
3歳くらいの小さな子どもが犬に興味を示すと、まず必ず親が「触ってもいいですか?」と聞いてきます。
そしてこどもの手を取り、犬に嗅がせ、犬が落ち着いたところでそっと下から撫でるように促します。「そっとね、そっとよ、優しくね。」と声をかけながら。
子どものテンションが上がって「フワフワ!」と大きな声を出せば、「静かにね。」と注意します。
犬が攻撃的になった場合に我が子を守るという意味合いも強いと思いますが、「犬と子どもはドイツ人に育てさせろ」という言葉に妙に納得させられました。

人間同士でも仲良くなりたければ相手の気持ちを考えるように、犬相手の場合も彼らの言葉や気持ちを理解するというのは重要なことなのでしょうね。

 
 

関連カテゴリ