2017年7月3日更新

虫刺されは人だけじゃない!犬も虫には要注意です!

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペットがいるご家庭で、この時期に気になることのひとつが「虫除けの対策」ではないでしょうか。
特に毎日お散歩に行く犬は、適切な対策をしなければいけませんよね。
ここでは、獣医さんで処方してもらう薬の他にも、飼い主さんができる虫除け対策について、詳しく紹介していきます。

 

獣医さんで処方してもらえる予防薬

フィラリア

フィラリア症は、蚊を介して犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫が起こす病気です。
フィラリアの予防薬は、錠剤、チュアブルタイプ(エサ形)が一般的ですが、他にはスポットタイプや注射の場合もあります。
予防薬の投与期間は、5月~12月までとされています。
蚊が飛びはじめる1か月前から姿を見なくなるまでの12月、つまりは半年間、月1回の投与が必要なので、飲み忘れないようにしなければなりません。

ノミ・マダニ

ノミやマダニは、暖かい時期になると大量に発生し、活動しはじめるため、その際に駆除剤を使い始めるのが一般的です。
ノミ・マダニの駆除薬としてポピュラーなものでは、フロントラインがあります。
投与方法は、犬や猫の首筋(肩甲骨の間)に全量垂らすだけで、24時間以内に成分が全身にゆきわたります。

自宅で作れる!虫よけアロマスプレー


獣医さんで処方してもらうお薬で虫よけ対策をすることはもちろん大切ですが、虫が嫌がる香りで虫よけすることもできることをご存知ですか?
市販の防虫剤が苦手な飼い主さんと愛犬がいっしょに使うことができる虫よけアロマスプレーは、とってもおすすめです。
お散歩に行く時にシュッとスプレーしたり、ルームスプレーとして使ったり。
網戸にスプレーしておくと、虫がお部屋の中に入ってくることを防げます。
ただ、ナチュラルなものなのでその効果は長時間持続しません。
1日に何度かスプレーするようにしましょう。

用意するもの

  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水 45ml
  • エッセンシャルオイル 10滴

虫除けアロマスプレーの作り方

  1. スプレー容器に無水エタノールとエッセンシャルオイルを入れて、よく混ぜ合わせます
  2. そこに、精製水を加えて混ぜます

捕捉

精製水と無水エタノールは、ドラッグストアで購入することができます。
無水エタノールが用意できない場合や使いたくない時は、その分を精製水に変えても構いませんが、精製水とエッセンシャルオイルだけだと混ざりにくいので、使用する際はよく振ってからスプレーしてください。
また、保存期間も短くなるので注意してくださいね。

エッセンシャルオイルの効果

  • ラベンダー 虫やアリ
  • ユーカリ 蚊・ダニ
  • ティートリー 虫全般
  • レモングラス ノミ・ダニ
  • ゼラニウム 蚊など
  • シトロネラ 駆虫
 

まとめ


飼い主さんができる虫除け対策について紹介してくましたが、いかがでしたでしょうか?
虫が多くなることの季節、愛犬がつらい思いをしないように、飼い主さんがしっかりと対策してあげてくださいね。

 
 

関連カテゴリ